2008/1/28

少ーし羨ましい気もするー橋下弁護士  日常のこと

本日の3本目。
うーん、率直、少ーし羨ましい気もする。

大阪府知事「橋下徹弁護士当選」

自分の人生を謳歌しているよね。
・弁護士して、
・テレビで好き勝手言って、
・家庭は円満で?
・選挙でて当選して
・自らの影響力を実現できる、と。

それにしても、政治家、それも首長という公職となれば
・弁護士のように特定の依頼者ではなく、広く府民の幸福を考えなければならない―つまり矛盾した調整不可能な利益の狭間に立つ
・各政党に配慮しなければならず、つまりは好きなことは言えなくなる。
・知らないことを「知らない」とは答弁できず、つまりは相当部分は官僚に依存して答弁せざるを得なくなる。
・聖人君子にならなければならない
・これまでのことについて、仮に後ろめたいことはなくても色々言われる。
(昔とある首長選挙に出てもらおうとした人がいたのだが、スキャンダルがいっぱいあるからとご本人が断ったことがあった。うん、その通りで数年後にかなり広く知られた。あの方が断ったのは実に賢かった。)
・まして今の大阪府、大変だよなぁ。

だが、いろいろ変化できることがやはり羨ましいです。
彼がもともと何をしたいのかは知らないが、「よくやるよなぁ」です。

※このエントリーに関しては書き込み不可、即削除と致します。
―揶揄する人がいるから。
0

2008/1/28

「店長」さんへ  憲法・社会・官僚・人権

>日本マクドナルドが直営店の店長を管理職と見なして残業代を支払わない
>店舗の男性店長が、2年分の未払い残業代や慰謝料約1350万円の支払いを
>裁判官は「店長の権限は店舗内に限られており、経営者と一体的な立場で
>事業を行う管理職とは言えない」と未払い残業代など約755万円の支払い
>約1700人とされる直営店長の身分に影響が及ぶようなケースは過去に例がない

全国の「店長」さんへ

店長とはいいながら、つまりは正社員は自分だけで、他はアルバイトとはパートであり、自分のシフトも決められていて、という人がかなりいます。

で、上記の判決例が出ました。
実は、このような事例はしばしばあり、私もいくつかやってます。それなりの解決―賃金請求権の時効である2年でも数百万円にいくので、まあそれに近い金額とかで和解―をしていたものです。

しかし、大抵の「若い」労働者は、退職後に相談が来て、組合を作ろうか、皆にも伝えようか、と言っても、自分だけで良いということで、ガックリと。

ポイントは、タイムカードなんですが、裁判前の事案はタイムカードがなくても、他のコンピュータ出入り監視状況でなんとかなったものもあります。退職前にいろいろ情報を整理しておくべし、まあできれば退職前に職場を変えようっ!として欲しいけれど。

しかしなぁ、
マクドナルド側の弁護士、なんで裁判前、少なくとも和解で解決できなかったんだろう?
経営者側としては、大目でも支払って、ただ条件として「他に言わないこと」とするので妥当なのに。
労働者側、またはその弁護士が判決をあくまで求めたのだろうか、それとも経営側弁護士のまあ弁護過誤(弁護士の損害賠償義務は発生しないと思うが)かしら。

0

2008/1/28

携帯電話  日常のこと

携帯電話を事務所に忘れて、朝から横浜に行き、夜帰ってきた。

事務所宛に公衆電話から2度電話したけれど、まあなんとかなるものですね。

4年前から携帯から電話をするようになり、
2年前くらいから携帯メールを使うようになり、
1年くらい前からナビとやヤフー検索を携帯でもするようになったが、
なければないでなんとかなるものだと。

しかし時がわからず、困った。傘と腕時計はすぐどこかに忘れてしまう自分。
周りを見渡せば、横浜開港記念会館に大時計があり、正確みたい。
ああいうの大切だなぁ。
弁護士会館や裁判所には、法廷内を別として時計がないなぁ。

目覚まし時計は電波時計を使っています。
電波時計、安くなりました。時計はデンパに限る、と。

閑話休題
0

2008/1/25

大ニュース?  日常のこと

--------
以下、抄本
2008年01月25日(金) 15時41分
『FFXI』1か月で約10,920アカウントの強制退会処分を実施(インサイド)
スクウェア・エニックスは、MMORPG『FINAL FANTASY XI(FFXI)』
スペシャルタスクチームのレポートを公開
12月21日(金)〜1月24日(木)の期間中、
強制退会処分が行われたのは約10,920アカウント。
約2,350アカウントについて会員資格の一時停止処分

ゲーム内で行われている不正行為に関し
不正行為は低レベルキャラクターでも実行できる方法へ移行した
現在ではその数も徐々に減少しつつあるとの見解
競売所においては「200以上のアカウントがひとつの組織を形成し、
RMTに関与していた」ことが明らかになったと

「南サンドリア 〔S〕においてワープしているキャラクターを見た」
「ゼオルム火山など、高レベルのモンスターが徘徊するエリアで低レベルのキャラクターがワープしながら採掘している」といった件に関して
随時対処をするだけでなく、対処の間隔を短くするなどの対策をとっていると発表

スペシャルタスクチームでは現在も不正行為に関する情報を募集
プレイヤーからの通報もより一層重要度を増すこととなりそう

-------
上記ニュース、実に全く99%意味が分からない。
いかんなあ。
ネット問題を考えるとき
きっと、大切なニュースなのだろう、とも思い。でないのかなぁ。

※まあ、別の話だが、匿名の歴史的・社会的・政治的な意義も知らない人が
ネットのあるべき姿などを議論をしているのは興味深い。

※ブログを開いたり、その炎上をバッサリと対応できない人とかが、そんな技術もない人がネット議論をしているのも興味深い。

まあ、私も、写真をいまだブログに入れられず―必要も特に感じないが面白そうではあるそうないなぁ―、スパムをうまくとめることも出来ない滝本ですですが。
0

2008/1/24

教祖の子と加害者  カルト・宗教・犯罪

週刊新潮1月31日号
教祖の四女の手記が5ページに渡ってあります。
もちろん、記者が構成しなおしたり、書けないことも隠していることもあろうが、それでもそれなりの肉声がある。

1―あらためて、あの1995年6月の、父そして母も逮捕された後、教祖の子供らにつき、児童福祉法上の一時保護が出来なかったことを悔やむ。

それは、もともと教祖の子のみは母と居住していたこと、既に20歳を過ぎた姉も居たこと(訂正―17〜8歳、そんな姉ら兄弟姉妹で生活してしたからか)、母が村岡らを養育係りとしたりしたことからか、一時保護がしにくかったからです。

あのとき、もし12歳以下の子供についてだけでも、一時保護を出来ていたならば、四女もここまで異様な状態にならないですんだと思う。以前にも書いたが、あの頃保護された子どもは、私の知る限り、施設やオウムに行かなかった片親、祖父母らの努力で、皆、元気にやっている。

いまだ本人は不安定なのだろうと思う。彼女には幸せになる権利があるのだが。

2―教祖の子どもらに対する加害者は、
―1―父と母はもちろんだが、
―2―ここにも何度も書いているが、麻原彰晃を未だに信じ、そしてどういうわけかその妻子らをあがめたてたがる現役の信者さんである。
彼らがあがめ、お金を出すから、妻子らはそれぞれの自立が出来ない、しようとしない。
―3―そして、カッコ書の「人権」派としか言いようがないが、オウム集団の本質的おぞましさに目をつぶり、本人らの将来のことも考えずに有害無益な弁護内容・代理活動をする弁護士並びに「知識人」とかである。
三女が住むマンションは信者名義であり(何故かローンが組めた)、龍ヶ崎の家の所有者は、Y2PCの社長となっている映画監督。

原理派信者や麻原家お付の信者は、自己正当化のために、また自ら一貫していたいという煩悩から、麻原家に従っているとしか言いようがない。

とてもおぞましいことなんだが。


0

2008/1/22

自意識などなど  日常のこと

いまは丁度そんな事件がないので書く。

うん、自意識過剰の人。困る。

自己愛性人格障害か、境界性人格障害かとも思ったりもするのだが
時に対応せざるを得ないときは困る。
(私は「相手にされたい症候群」と表現したりもする)

昔の先生とか、人の話って、変な所を覚えている。

その1
「人は愛されることを知ってこそ、人を愛することを知る」というのは間違いだ、「人は愛されることを知り、愛されも関心さえも持たれないことがあることを知り、人を愛することを知る」

という言葉。
誰だったかなあ、先生が言っていた。うーん、と思った。

思春期の人は、自意識が過剰気味。それは正常な発達段階。
だが、そのままでは実に困る。精神の自家中毒になっていく。
「愛されも関心ももたれないことがある」
を知ることはかなり大切なことのように思う。

その2
「大人になるってどういうことだと思うか」
で、生徒は色々言ったが、先生曰く
「馬鹿をやったときに、子どものうちは人が注意してくれる、大人になれば注意もされない、ただ無視されるだけ」と思う、とのこと。
(だから注意してくれる人は、実に大切な人なんだということでもある)

なるほど、と思った。
馬鹿なことをしていないか、その後51歳の今まで気にしています。
うーん。

その3
「愛情の反対語は?」
「憎しみ?」
「違う。無関心」

その4
「反抗期というのは、正常なる異常状態です」
0

2008/1/18

求償について。  カルト・宗教・犯罪

下記の質問がありました。
細かいが大切な所なので、こちらに私のレスとともに、アップします。
yasuさん、ありがとうございました。

--------
投稿者:yasu2008/1/17 1:51昨日の新聞を見ていましたら、
民主党案の方は、25億円全額肩代わりするそうです。

で、回収の方は「努める」で、自民党案と同じでした。
強制回収ではないみたいです。
-------
投稿者:takitaro2008/1/18 1:35重要な質問ありがとうございます。
そのあたりのこと、説明いたします。
かなり法律的な点なのですが、理解しやすく書きます。

1−民主党案(=自民党A暗に求償をプラスする場合)
−破産処理を組み込んで、その人身被害の残全額を給付してから求償するのと
2−自民党骨子案
−破産処理に組み込まず、しかも5億円以下程度の給付で、求償に努めると言うもの
のとでは、意味合いが違うものなのです。

前者であれば、破産管財人とオウム集団とでの合意による債権を、そのままいわば債権譲渡を受けるようなもので行使できるのですが、
後者であれば破産特例法をもとにしたそんな合意を使えず、かつ被害者らに残った損害賠償請求権と競い合うという関係になってしまうのです。

その結果、後者であれば、つまりは被害者は引き続き残債権を引き続き被告人等から取り立てなさい、それを国は邪魔しません、国は格別回収しませんという結論になってしまうものなんです。
だから官僚は、自民党骨子案であれば求償金請求なんて尚更できないといっているものなんです。

前者の1の法律のほうが、遥かに法的にもスッキリとして、国が破産管財人とオウム集団との合意を元に、求償しやすいものです。
--------------
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ