2007/9/6

台風  日常のこと

うーむ、ここ2週間は一般事件での悩みに悩んだ準備書面を起案しようとし、結局は果たせず、です。確かに下手に書けない事案もある、と。

説明しますと、自分の場合、訴訟をするのはそう好きでない。
弁護士としてはともかく裁判のルートに乗せた方が何にしても楽なのだが、できるならば裁判などしない解決をまず志向しています。
そのための出張も厭わないでいます、ドライブも嫌いではないし。

だから、割合を計算してもいないが、多分裁判にしない事案解決による収入の方が、裁判した事案よりも収入は多いだろう、と思います。それが、依頼者にも、殆どの事件では利益だったと思います。

ところがなぁ、ここ数年、なんでこんな事件を裁判にするんだぁと思うものも少なくないです。またはなんでこの事件に被告代理人がつくんだぁ、つかないで和解した方が得なのに、弁護士は東京を中心になんとも増えたからなぁと思ったり。

まあ、裁判所のルートに載せることによって、依頼者は弁護士に依頼した意味があるのだと思うのかもしれないが、下手にルートに乗せず、弁護士交渉であってこそ早期に解決すること、裁判をしても同じ落ち着き所。これが、知られていないです。

もちろん、判決にまでいたる事案などは、徹底してやってますです。

で、今日は台風がこちらに来るみたい。
事務所は、昨年6月にビルの5階に移動しまして(2階の半分だったのがやはり狭くなり15年もたつと旧くなったので、そして何より地震もそろそろ怖くなり、ちょうどの機会があり最上階へ)、一番上となり、
天蓋というのか天井から光を取り入れられるようになっていて、雨音がしっかり聞こえるのです。

うう、確かに台風だぁ。今日もガンバッ、と思って仕事をしています。

で、収入とは関係がない公益的事件仕事の時間割合が、やはり5割を超える。
まあ、そんなこともしていくことで、生きがいとなるのだろうとも思う。

(ところが弁護士会では公益活動のポイント制の企画があり、不足のときペナルティ金とかいう制度ができつつある。しかも、弁護士会の活動の類でないと公益的活動ポイントにしなかったりとか。うーん、国選も弁護士会派遣の法律相談も、既に横浜弁護士会(神奈川県全県下)あたりだとかなり弁護士数が増えて充足してきているから、もうやらなくしています。若い人の職を確保してあげないといけないし。まあ渉外事務所の一部の法律事務所など弁護士会の活動をまったくしなくなったりしているからポイント制が必要ではあろうが、でもその認定が弁護士会関係のだけだから、うーん弱ったなぁ。)

全てはボチボチと。

閑話休題
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ