2007/6/25

転載−キャンディ−さんの書き込み  カルト・宗教・犯罪

以下、2チャンネルの下記でやたら書き込んでいる「キャンディー」さんの一文の抄本です。感じいったので、転載しました。
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1182272784/
-------
536 :神も仏も名無しさん:2007/06/25(月) 23:17:17 ID:ifC50bYv
漏れは考えたんだよ 熱帯魚ショップの水槽を見ながらね、、
中の魚は、人間がここへ運んできて、入れた
人間のエゴで、でられないのだ
本当は、あのデカイ魚がいつ自分を食ってしまうかとビクビクしているんだが
これがカルマというものだ、、

弱った金魚が、アロワナの(デカイ古代魚)水槽に投げ込まれる
最後の力をふりしぼって、必死に逃げ回るが、いずれ食われるだろう
漏れにはどうすることも、できない、、
カルマだから

それが、教団には何かが、できるのかな、教祖にはできるのかなと
あれらがいつか、人間になって、もっと幸せな境涯を得られるなら
自分の今生の、つまらない(愚かだから楽しいと勘違いしているに違いない)
楽しみごとに金をかけるよりも
少しでも多く、布施をしよう
それで、どこかで誰かが、修行を始めるかもしれない、、

みんなそう思って、やってきた
なんでなんだ、それが、カルトなんでしょう
殺人の準備、戦争の準備、それが教団の救済構図でした
----------
0

2007/6/23

アーレフ状況  カルト・宗教・犯罪

>アーレフ内部にて「洗脳される」事を目標としながら
>突撃取材を行っています。
>自分のアーレフ関連のヘンな話や修行体験記をメインとして掲載。
>また、道場内部や修行中の写真&動画も公開中です。
>是非ともお立ち寄り下さい
http://www.freepe.com/i.cgi?kokuhatusha

うーむ、もともと不安定な人がまあ興味半分でオウムに潜入との事。
潜入というより、これじゃあすぐ分かる。
うーん、「他心通」があるなら、アーレフさん
「霊性が高い」なんてしょもないこと言っていないで
(まあ霊性とは精神異常性と言えばそうなのだろうが)

彼を早く拒絶してくれいっ。

そりゃ、このような感じの人は、一時期、「修行」や神秘体験に熱中することで心が安定することがあるだろう。だが、今までの多くの例が示すようにやがて崩壊していく。その結果内部でトラブルになって、実はアーレフの崩壊には役立つ。又は罪を犯していく。

だが、彼の心に後に残るだろう傷跡、また巻き込まれるだろう何人かの傷跡は、より深くなる。

と言っても、無理なのかなあ、アーレフ事態が自家中毒に嵌っているもん。

なお、野田君の下記ブログの6月22日記述から。
http://alephnoda.blog85.fc2.com/
--------
二ノ宮正悟師やA派幹事らによると、今後の教団のビジョンは以下のようなものらしい
・一人一人が神秘力(超能力のようなもの)をつける
・実際に神秘力を付けてきているサマナがいるので、いずれみんなの前で見せようと思っている
・サマディに入れるサマナを増やす、サマディ教団を目指す

(しかしなぁ、これへの野田君記述を読むと彼もまだ信じているんだね、不思議。)
--------
0

2007/6/21

結核−オウム真理教  カルト・宗教・犯罪

下記は、コメントに一部転載もされていたこと
大切なことなので、書きます。

先日、修行で直すとして遅くなり重態となって入院したサマナを含め4人が居た。
そして5人か。なんとも。
それ以前に離れてはいたが、長期入院で大変なことなってしまっていた「河上イチロー君こと松永英明君」の結核の体験が、下記。8個に分かれた詳しい手記。
http://www.kotono8.com/2006/09/08kekkaku1.html

どうぞ、サマナ・信徒さん、体に気をつけてください。「ひかりの輪」のメンバーもそう変わらない食生活・居住環境・精神状態の模様ですから、ご留意を。

心配なのは、何も感染症だけではない、そろそろ年をとってきたから脳内出血とか、心臓病とか、糖尿病とかも。ああ、鬱病その他の精神病にも。
昔は、その酷い食生活からして、食中毒を最も心配したが、あれはなかったのかなあ。
------
投稿者:VTブログより転載2007/6/21 0:01VT正悟師も知らないのか誰も書かないので、全国に公開

先月行われたシャンバラ・PVの結核感染の血液検査の結果、新たに5人の感染を確認。
つまり、50人に満たない施設でここ1年で4人が結核で入院、計9人が感染。恐るべき罹患率。

さらに、今回、感染が判明した人の中には師が1名とのこと
火元素を強化すれば病気にならないといった幹事のA師、
気がコントロールできるので病気にならないといった委員のVH師、
修行や帰依がしっかりしていれば超健康になれるといったI師・K師・P師
どの師が感染しても面目丸つぶれ
師をかばうため、「個人情報の保護」といって5人の名前は伏せられている
一つ屋根の下で寝起きや食事をともにすれば、
誰が薬を飲むのか簡単わかるので
同じ施設内のサマナに隠すこと自体意味不明
個人情報の保護は必要だが、指導的立場にいる師、ましてや教団責任者の場合は個人名を公開するのが当然
感染がサマナだけなら個人情報なんて概念もなく
修行・帰依が足らないといってみんなの前でさらし者にするのに

いまさらだが教団のサマナに対する扱いが奴隷であることをかんじる
結核に感染した師は今回のことで弱者の立場を理解してほしい

近いうちに、もうひとつの足立区保木間の教団施設も全員血液検査を受ける。まだまだ感染者は出てくる。

近隣住民には教団の無能な責任者に代わり謝罪いたします

| 200706-20 23:18:15 | 結核続報 #- URL [ 編集 ]
---------------
0

2007/6/20

クールビズ  日常のこと

以下抄本、

<クールビズ>キャンペーン日当、1人当たり7万6300円
クールビズなど地球温暖化防止を訴えるキャンペーン
環境省が大手広告代理店「博報堂」に支払う日当(1日7時間)、最大で1人当たり7万6300円に上る
時給なら1万円を超える計算
19日の参院文教科学委員会
民主党の蓮舫委員が、環境省の資料を分析した結果として明らかに
契約は05年度から3年連続で結ばれ
今年度の総費用は約27億円、3年間では80億円を超える
蓮舫委員は、高額過ぎると迫った
環境省は「広報のための費用として妥当で、無駄遣いではないが、指摘は参考にしたい」と。以下略-【山本建】[毎日新聞6月19日]
------
あまりにくっだらない。
クールビズ

政治家は、新しいそれようの服を買ったり、夏用のスーツを買ったりしている。
むしろ服飾業界の売上向上のためのもの。

暑けりゃ、男も背広を脱ぎ、
更に暑ければ、半そでのワイシャツにして。
更に暑ければ、ネクタイを外すなどすれば良いこと。
(自分も、昨日から半そでを基本としました)

くっだらない、なんだこんなことに税金を使うんだ。
金返せ。バカッタレが、と思う。

------
それから温暖化問題云々といいながら、
それを報道するアナウンサーらがスーツを来て、ネクタイをして
いかにも室内温度はそのまま。
言うならば、室内を28度とかにすればよろしい。

言行一致してないことを恥ずかしいと思わなくなったのは、オウム事件の余波だろうか。いやそれは早計。言行一致しなくて良いようなあのバブルの頃の雰囲気がオウム事件の一つの原因かも。

馬鹿らしい。
0

2007/6/20


以下は、同じ2チャンネルですが、転載し忘れたところです。
ふっー、上祐さん、
・テロがなぜ起こったか。
・というより、自分もどうしてテロを起こしたか
・自分の真の考えと麻原彰晃さんの思想とどの程度違うか
・自分がなぜ信用されないか
・自分が「衆生を愛する」なぞということがどれほどおぞましいものか
分っておられないですね。

仕事をしている信徒・サマナは自分で働いて、布施などしている。貴方はその金で食ってるのです。恥ずかしくないのかなぁ。
自分で仕事をすることがまず必要でしょう、「宗教事業」ではなくてね。
上祐さんは、ひとり犀の角のようには進めないのかな。

追伸−老齢者とかはそれこそ「ひかりの輪」が解散してこそ、様々な福祉措置で対応可能ですよ。実際、脱会者にはそう対応してきたしね。だからそんなことは団体を維持する理由にならない。
信者も、それこそ一人ひとりになって考えることが要請されているのです。団体の存在はそのためには邪魔なんですが。また信者でない若者の一部に、そんな依存というか傾向があるとしても、ご自身のところが受け入れるなんていうのは、おこがましく、おぞましんだ、と理解しないといけないね。

自分自身は何もしないのに、しょもないかつ卑怯な理由をつけて、理屈をこねるのはあかんなぁ、と思います。
上祐さんも「毒を食らわば皿まで」ですか。

再追伸−今もアーレフやひかりの輪が迫害されているとして(この程度のこと迫害扱いして欲しくないけどね)、それは上祐さんも拠って立っている「カルマの法則」とかから言えば、まったく正しく、受難するべし、となるんだけれどなぁ。適当なもんだ。

-----
726 :上祐回答1:2007/06/18(月) 12:16:57 ID:4YJHn/a3
 私も、私たちが、ミリコンさんの反論は跳ね返すだけの根拠は「必要ない」と思います。私たちの団体が団体として存在するに必要なのは、犯罪を二度と犯さない、という決意と実行であって、それ以外ではありません。

 もちろん、これはミリコンさんへの批判ではなく、ミリコンさんの真意は、反論を跳ね返すことが、団体のために重要である、という意味であって、それを「必要」という言葉で強調したのだ、 と解釈しています(そうでなければ、ミリコンさんが、
教団にとって必要なものを決定する存在=昔の松本氏のようになってしまいますから)。

 ただ、こうして、少しずつ、教団、信者に課す義務が、その表現において、過剰になっていく傾向が、住民の問題に関わらず、この問題にはある、と私は思います。

 さて、宗教への依存をやめることが必要だという主張については、私は、そうは思いません。
まず、宗教が悪いのではなく、テロが悪いからです。

727 :上祐回答2:2007/06/18(月) 12:18:15 ID:4YJHn/a3
 次に、自分は何度か述べましたが、松本氏への依存を超えるには、松本氏を超えた宗教を必要とするのが、信者達だ、と思います。また、似た傾向を持った若者達でしょう。
 というのは、彼らは、宗教のない世界、すなわち、今の消費主義的、物質主義的、煩悩主義的な一般の社会に対して、それを望ましいとは思っていません。
 表現を変えれば、その価値観自体が、ある意味で、先進国の人間を中心として、消費、物、金を信仰する宗教であり、彼らが拒絶している宗教です。
 そして、もし、一般の社会の大勢の価値観が完全であれば、そもそも、オウムなど生まれていない、と思いますし、松本氏の社会批判が、多くの信者に受け入れられることもなかった、と思います。

 もちろん、自らを神とした松本氏の世界観は妄想であり、反省しておりますが、社会が悪であるという彼の理論の一端は、現実の社会の問題・歪みにマッチしており、その部分については、空理空論ではありませんでした。
 更に言えば、伝統宗派の形骸化を突いて、その当時としては、若者に手応えのある宗教として、発展した(発展した締まった)面があるのも、オウム真理教の特徴でした。

 よって、信者や同じ傾向を持った人たちには、現在の社会の大勢の価値観も、彼らが全く魅力を感じなかった形骸化した伝統宗派の価値観も、松本氏のような宗教絶対主義の価値観も、その全てを超越する、新しい思想・宗教・価値観が必要だ、と思います。
------------
0

2007/6/19

上祐さんと他心通−1  カルト・宗教・犯罪

以下、2チャンネルからですが、興味深いので、備忘録までに。

上祐さん、他心通なさすぎ。居直り早すぎ。
それは反抗期の子ども(あれは正常なる異常状態だそうですが)と同じ。

私への回答とかしっかりしてから始めれば?
無理なことかな。
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1181220523/

692 :上祐ミクシィ発言:2007/06/18(月) 01:03:53 ID:4YJHn/a3
−自由と義務について−
 ひかりの輪の義務とは、今後、犯罪を犯さないように、過去の犯罪を反省し、そうしない教義、組織を作り上げることだ、と思います。
それに伴い、一定の説明をなし、また、それを実行することだ、と思います。
 かといって、理性だけではなく、情緒の面において、社会全体が、私たちの活動を受け入れるようになるのは、場合によっては、半永久的に不可能でしょうし、それまで、活動するな、という考えには従えません。中国や朝鮮の一部は、大日本帝国の戦争をいまだに許していないでしょう。
 また、ひかりの輪が監視されている、と言っても、監視というのは、逆に言えば、活動する権利自体は認めているから、監視なのであって、そうでなければ、禁止になるはずです。
 さて、私が、今教団の権利を主張し始めているのには、一定の理由があります。
 それは、これは、近くのある一般の人の意見だったのですが、「昔は、教団は、自己の権利ばかり主張していたのだが、最近、ひかりの輪になってからは、一方的に謝ってばかりで、権利のない奴隷のように、住民のサディスティックな感情の対象となっていているが、そういった両極端はやめて、やるべきこと、約束すべき事をしっかりと守りながら、権利は権利として自覚しすべきではないか」という意見でした。
 自分も、かねてからそういう両極端な面がある、と思っていましたので、住民側から見てもそうなのか、思いました。

693 :上祐ミクシィ発言2:2007/06/18(月) 01:04:59 ID:4YJHn/a3
 これは、信者が、その地域住民と、あくまでも、同じ日本人であり、同じ市民権を持った、対等の人間である、という感覚を持てない状態であることを示します。
 昔は、自分たちを他の生命を平気で奪う神の如き存在と錯覚していたのに対して、今は、ただ謝ってばかりで、対等の人間ではない、いわゆる奴隷になっている、という状況です。
 この両極端には、根底には、同じ問題があるように思うのです。つまり、日本人とは別のオウム信者、住民とは別のオウム信者、という認識です。自分たちが、同じ日本人、同じ住民になっていないのです。 それは、信者側もそうだし、社会側もそうではないかと思います。
 普通の関係の人の間には、健全な口げんかがありますが、オウム信者と社会の間には、寝首をかくようなテロか、そうでなければ、一方的な謝罪・服従しかない。これは、ゆがんでいると思います。
 ネットでも、「お前たちは一生社会の片隅の見えないところでうずくまっていて早く死ね」といった主旨の書き込みを何度か見ました。それをその通りだと考えて、それに従うことが正しいのかどうか。
 また、そいった書き込みをしている人が、どの程度、熟考した結果として、信者の人生全体を封殺するような主張をしているのか。それとも、一時的な感情の吐露か(場合によっては、全く無関係の人のストレスの発散か)。

694 :上祐ミクシィ発言3:2007/06/18(月) 01:08:06 ID:4YJHn/a3
 また、一般の人がよく使う表現として、教団を「認めない」という表現がありますが、教団に「疑惑がある」、「信じられない」、「嫌いである」、「反対である」、というのはいいとしても、「認めない」という表現は、あたかも住民に教団を存在を認める権限があるかのようです。
 もちろん、私は、日本人一般の言葉の使い方として、認めない、という言葉によって、自分たちの反対・賛成の感情を現わす習慣があることも承知しており、そういう意味だ、と受け止めてはいますが、住民・マスコミの教団批判の表現が少しずつ、過剰、過激になり、信者も、それを当然として受け入れていく事が健全だとは、今は思えなくなりました。
 信者が、自分たちが、同じ日本人、同じ住民、対等の市民である、という感覚を失えば、前とは別の意味で、社会と融和できず、分かりやすく言えば、自分たちの社会に対する愛を育むことを阻む、と思います。これは、社会にとっても、望ましくないと思います。
 コミュについても、荒らされたとしても、教団は加害者なのだから、それに耐えろ、と言う類の主張があれば、それは行きすぎだろう、と思います。
 一方、過去の事件がある以上は、教団に対する理性的な批判・問題点の指摘を封殺すれば、それは、教団の信者甘やかすことになり、それは、本当の意味で、対等の関係、大人の関係ではありませんから、それもまた望ましくないと思います。

697 :神も仏も名無しさん:2007/06/18(月) 01:48:03 ID:6gmDK0Pc
>また、そいった書き込みをしている人が、どの程度、熟考した結果として、信者の人生全体を封殺するような主張をしているのか。

−新団体はまあ、麻原捨てたと言うから、それが本当だったと仮定すれば生き残りの余地はあるかと思うんだけど、、ウソツキ上祐のいうことだから、さて本心はわからないけど
いいかね、事件があの程度で済んだのは、教団外の他人が止めてくれたからだよ
たくさんの人が、止めようとしていたのを 毒ガス撒いたり絞め殺したり、したのさ! その人らの努力で、事件も(亡くなった方には失礼ですが)あの程度で済んだ
本当は、もっとずっとひどいことを考えていたんだろ、、

死んだのが25人程度だったから、(本当はもっと確認できない行方不明とかがあるそうなんだけど)まだこんなもので済んだんだよ。もし、100人殺していたら、もっとずっと風当たりがすごかったと思う、、
てか、勝手に人を殺すぞ、って走り回って今度はまったいらになって謝って、なにしているんだろう、って、、社会のダレも、教団に活動してくれとも救ってくれとも言ってないのに 勝手に世の中かき回して、変な奴らってイメージ、、
賠償と自分らの食い扶持の確保以外には、存在理由が無いと思う 宗教なんかよそでやるよ あるいは自分でやるほうがまし
0

2007/6/19

上祐さんと他心通−2  カルト・宗教・犯罪

698 :神も仏も名無しさん:2007/06/18(月) 01:52:38 ID:6gmDK0Pc
−勝手に幹部クラスで、革命が成功したら、 オレは神聖法王で君はなんだかで、、、って役割分担してたんだぜ しらねえよ なんでこんなところにいたんだろ とにかく、戦ってテメエラが他人を支配するつもりでいたの

699 :神も仏も名無しさん:2007/06/18(月) 02:08:54 ID:6gmDK0Pc
>「認めない」という表現は、あたかも住民に教団を存在を認める権限があるかのようです。
−ふん、教団の邪魔をする人は、息の根を止めてもいいというグルに奉仕してたのに あんたはボツリヌス菌を亀戸で撒いていたとき
隣の住民の息をして健全に生きる権利があるのは忘れていたんじゃないのかね 他人の生存権なんか、どうでも良かったんだろ

700 :神も仏も名無しさん:2007/06/18(月) 02:16:15 ID:5QRaHo4l
>>692-694
−やっぱ、この発言おかしい。 出家者はそもそも家を持たないはず。「日本」人である必要はないんだよね、アイデンティティにおいて。 仏の弟子である以外に何の肩書きがいるんだよ。 そんなんなら在家になればいいんだって。これじゃただの学生に対するカウンセリングじゃないか。

701 :神も仏も名無しさん:2007/06/18(月) 02:17:06 ID:6gmDK0Pc
>今は、ただ謝ってばかりで、対等の人間ではない、いわゆる奴隷になっている、という状況です。
−何年ウソツキまくってきたのよ 謝ってばかりで、って、ここ1年足らずのことじゃない

702 :神も仏も名無しさん:2007/06/18(月) 02:25:54 ID:EfiA4vdG
−元信徒に一言でも誤ったことあるのか?謝って金返して!

704 :神も仏も名無しさん:2007/06/18(月) 03:10:27 ID:n/wuuL3H
> ネットでも、「お前たちは一生社会の片隅の見えないところでうずくまっていて早く死ね」
> といった主旨の書き込みを何度か見ました。 (中略)
> また、そいった書き込みをしている人が、どの程度、熟考した結果として、
> 信者の人生全体を封殺するような主張をしているのか。
−その発言の真意は「やはくオウムから離脱しろ」ということ。 上祐さんの言葉を借りるならば、市民になれということですよ。 辞めた人にまで野垂れ死にしろとは誰も言っていないはずでしょう。 アタマわるいのか?

706 :神も仏も名無しさん:2007/06/18(月) 05:53:32 ID:5QRaHo4l
−ひかりの輪に対する批判を受けて、普通の市民の意識をもつために、ていう発言をしてる。けどそれなら出家である必要ないだろ、ほんとに普通の市民になりゃいいだろ、 って話だよ。布施とか受けてないで。 普通は日本人というより、人間として、て言うはず。 日本を強調するのはウラがある。だんだん本性を出してきた。

707 :神も仏も名無しさん:2007/06/18(月) 08:29:16 ID:+DsjD+H3
>ひかりの輪の義務とは、今後、犯罪を犯さないように、過去の犯罪を反省し、
>そうしない教義、組織を作り上げることだ、と思います。
−犯罪を反省し、2度としない、もっとも確実な方法は解散することなのだ。

>監視というのは、逆に言えば、活動する権利自体は認めているから、
>監視なのであって、そうでなければ、禁止になるはずです。
−いつ活動の権利が認められたのか? 憲法や法律上、禁止したくてもできないだけの話である。

>権利のない奴隷のように、住民のサディスティックな感情の対象となっていているが、権利は権利として自覚しすべきではないか
−謝罪ばかり・・は極端ではない。事件があまりにも大きかったのである。権利権利と主張するのは、要するにアーレフ本体の昔のスタイルに戻りたいというふうにしか聞こえない。

>対等の人間ではない、いわゆる奴隷になっている、という状況です。
−先に述べたが、事件の責任を引き受けるとおまえらは言ったのだが、その事件があまりにも大きすぎて、一般市民として抱えきれるレベルではないだけの話だ。それをおまえらは奴隷扱いと呼んでいる。

>普通の関係の人の間には、健全な口げんかがありますが、
−健全な口ゲンカなどは無い。口ゲンカはすべて不健全だ。宗教家の発言か?

708 :神も仏も名無しさん:2007/06/18(月) 08:30:02 ID:+DsjD+H3
>これは、ゆがんでいると思います。
−おまえらが存在することが矛盾なのだ。

>ネットでも、「お前たちは一生社会の片隅の見えないところでうずくまっていて早く死ね」
>といった主旨の書き込みを何度か見ました。
>それをその通りだと考えて、それに従うことが正しいのかどうか。
−どうせ従わねえじゃん。一度でいいから従ってくれ

> また、そいった書き込みをしている人が、どの程度、熟考した結果として、
>信者の人生全体を封殺するような主張をしているのか。
−ネットの書き込みが信者の人生を封殺するわけがなかろう。おまえらの新たなる野望が封殺されるような錯覚があるからだ。

>また、一般の人がよく使う表現として、教団を「認めない」という表現がありますが、「認めない」という表現は、あたかも住民に教団を存在を認める権限があるかのようです。
−まず宗教にあるまじき行為をしたので、宗教団体とは認められない。これはおかしいか。 次に反社会的行為をしたので、社会的団体とは認められない。これはおかしいか。他の宗教団体は住民の了承を得て施設を建設しているところもある。
 
>住民・マスコミの教団批判の表現が少しずつ、過剰、過激になり、信者も、それを当然として受け入れていく事が健全だとは、今は思えなくなりました。
−おまえらが昔から言っていることである。

709 :神も仏も名無しさん:2007/06/18(月) 08:49:09 ID:+DsjD+H3
−・歴史である戦前の日本の体制と一介の妄想的狂信宗教団体のテロを同じにするのは変。・ある財施部のサマナは「こんなにまで一般人の反発や憎悪が深いとは思わなかった」と発言した。要するに社会と接する機会がない教団の上層は世間の見方がいまひとつわかっておらず、どうしても甘く、身びいきで見てしまうのである。
この温度差が一般人の反発をさらに生むのであろう。

710 :神も仏も名無しさん:2007/06/18(月) 10:14:12 ID:xMgf/5Av
>・ある財施部のサマナは「こんなにまで一般人の反発や憎悪が深いとは思わなかった」
−漏れは、この団体の存在が許されるなら、どんな巨悪だって許されてしまうと思うこれ以上はないってくらいのことを、気軽に考える団体だった
こんなにひどいことをしても、結構ゆるゆるとやっていけるものだ、という味を占めさせてはいけないと思う 漏れは事件について知って、あるいは教組の信者からは見えない日常について知って、憎悪したもの、、
10年いた漏れだって、とんでもないと思ったもの 一般人が憎悪するのは当然、、
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ