2006/11/21

運動家−様へ  憲法・社会・官僚・人権

9条関係のこと

NHK−BSの同番組では、3人の人が、3冊ずつ毎週本を紹介したりしてます。
その番組で、女優の藤田弓子さんが
「憲法九条を世界遺産に」(集英社新書700円)
ほ紹介されました。驚きました。

敬服です。
(まあ中沢新一との対談というのがなんともぉ
と気に食わんが、太田光が話していることということは大切なこと)

それにしても、少し震えた声でしたが、藤田さんが紹介すること、大変なことです。

みのもんたさんにしても、太田光さんにしても、この藤田弓子さんにしても、雨宮処凛さんにしても、
憲法学者とか、運動家的ではない人ではないが芸能界などで著名な人が、九条について発言することは、大変勇気のあることです。

そのような時、本当に、脅迫文が来たりするのです。事務所のみならず自宅に訳のわからない手紙やメールが。
あの恐ろしさは大変なことなんです。あの立場の人が発言するのは、文字通りの命がけなんです。
そのような立場を考えてみれば、もっともっと市民こそが動かないとならないと思います。

で、自分としては、学者みたいな人、また何を話すか分かりきったような人が来る集まりには、実はそう行く気が起こらないのが正直なところです。
「言うか言わないか」を迷っている著名人
こそ、実は危険な立場であり、かつ影響力がある。

何を話すか分るような人だけが講師をする集まりのままでは、所詮、影響力が限定的だと考えています。

どうぞ、講師について、そう著名人でなくていい、地元の戦争体験者とか多くいますし、世代こそ大切でありアタックすれば、保守系議員も集会で話してくれたりするのです。どうぞ、幅広くお願いします。

それで、あのどなたさまも「雨宮処凛」さんはご存知ですか?
若者対策の議論をする前に、まずは知りましょう。下記です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%A8%E5%AE%AE%E5%87%A6%E5%87%9B

ああ、映画と小説「出口のない海」
テレビ番組と小説「僕たちの戦争」
映画「男達の大和」
現在やっている映画「父親たちの星条旗」も見ましょう。

とオススメ
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ