2006/9/12

松本被告への判決文  カルト・宗教・犯罪

あのー、まあ今週中と予想される最高裁の決定ですが、

そこでは高裁での、控訴趣意書を期限内に出さなかったことを理由とする控訴棄却、にたいする同異議申立への棄却決定に対して、松井・松下弁護人らがした最高裁への特別抗告が却下されるだけであり、

事件内容にわたることはなく、被告本人になについての記載は、あったとしても訴訟能力についてのまあ10ページ以下程度だろうと思います。

裁判の実体審理の結果については、なんと257回だったか公判を開いた地裁での審理内容、その判決文、本人の陳述などを、どうぞ参考にしてください。

また、その他、元弟子らの裁判が、多くの各所で記録されています。書籍、ネットその他でどうぞ、見てください。公に手に入るだけでも、実に多くの情報があります。

「何も分からなかった」なぞと言う、しょもない論者が、また出るでしょうし、今回の最高裁決定について誤解をしている人も居るでしょうから、書きました。

(まあ今の20歳は、1995年当時9歳だったんだもんなぁ、知らなくて当たり前、しっかり説明する努力を忘れてはならないと)。


麻原彰晃こと松本智津夫被告の判決文全文(これが確定することになる)
  http://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/trial/4-6.html

なお、麻原さんも「沈黙の教祖」ではなくて、1997年4月24日、陳述していることをお忘れなく。
  http://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/10-7.html

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ