2006/9/30

認否の感想  カルト・宗教・犯罪

前記の麻原さん認否ですが、1997.4.24の折は関心をもたれたのだが、意外に知られていないようですね。

この陳述、未だに、というかしばらく時間がたってまた「改めて考えるとでっち上げ、弟子の暴走」なぞといいたがる信者さんも一部いるので、広く知られるべきだろうと思います。

改めて読んで、一審弁護団は、本人がこう述べているのに「弟子の暴走」なんて書いてしまって(まあそれが職責だから同情するのだが)、ひどい矛盾を感じなかったのかなぁ、不思議。

コメントします。

1 地下鉄サリン事件
−うーん、麻原さん「村井・井上に負けた形」と言うだけで、つまりは認めてしまったのですね。

2  落田耕太郎さん殺害事件
−うーん、「私と、私の妻であるヤソーダラー-は一切発言をしていない」と言いながら、その場にいたことを認めたのですね。

3 チオペンタール密造事件
−「罰金刑ということでそれを作ることにした」と聞いている、とのこと、つまりは認めているとのこと。

4 假谷清志さん監禁致死事件
−これ、否定なのかなぁ。

5 坂本堤弁護士一家殺害事件
−「実行者が5人か6人でやったので、一人当たりは非常に小さな罪」とのことで、認めたのね。

6 田口修二さん殺害事件
−「嘱託殺人--」といい、「ロープの指示をしていません」ということで、では何の指示をしたかを言わないのね、人を殺したこと自体は認めたのね。

7 LSD密造事件
−遠藤君は能力がなかった、と。で「お金を儲けたことがなく』とのことで無罪と考えているのかなぁ。
−「これが麻原彰晃の世界です」は名言です、現役さんに伝えたいです、こういうところをまさに。
−「麻原彰晃は無罪です。−精神の進化をさせるためであるから」という主張なんですね。

8 覚醒剤密造事件
−「植物性のもの」?「人類進化のため」という主張で、だから無罪と言うのかなぁ。

9 メスカリン密造事件
−「お金を全くもらってない」とのことで、また「華岡青洲が行なったように」とのことで、人類の利益の為の実験だったのこと。事件は認めているのです。

10 自動小銃密造事件
−マシンガンは作りました。しかし、マシンガンのタマは作ってません。−とのこと、うーん、何をか況や。

11 浜口忠仁さんVX殺害事件
−「私への報告なしに殺害が成立していますが、これは、上下関係が成立している教団ではあり得ません」うん、正面から無罪主張かな。上下関係の成立を認めているのですね、自分で。
−「新實智光君から「尊師の指示ではありませんか」と聞かれましたが」との陳述は笑ってしまう。「私の指示は水野事件と言っている」うーん、それは認めるのね。

12  冨田俊男さん殺害事件
−「ポリグラフ検査で有罪が出た」から、そのサマナが死んだとしても−との主張とのこと。自分の他心通?よりも、ポリグラフに期待するのですね。

13 サリンプラント建設
−「第4プロセスの途中でサリンプラントの中止を命令し」云々と、つまりプラントつくりはそれ以前に作ることを命じたことを認めているのです。

14 滝本太郎弁護士サリン殺人未遂事件
−「非常に少ないサリンの量」とのことで、サリンをまかさせたことは認めているのですね。

15 松本サリン事件
−「ポイントを誤ることはなかったでしょう」「地下鉄サリン事件の布石となっているわけ」「30キログラムのサリンが撒かれていますが」「事前共謀してないでしょ」とのことで、事件自体は認め、自分の共謀のみを否認しているのですね。

16 永岡弘行さんVX殺人未遂事件
―「注射針のない注射器のようなものを作らせていた」とVXの使い方についてかなり支持していたのですね。
--「地獄……など存在していないからである。」は、現役さんに伝えたいところです。

17 水野昇さんVX殺人未遂事件
−「VXがサリンより4分の1の強さ」「残りの4分の3は、イペリット成分」としているのですね、そういうものを作ったのかなぁ、真実は?。
説法にも混ぜるんだ、なんていってたものね。
「「頭皮の髪の毛の厚い部分をねらって、浸透率を遅くするように落とせ」と言いました。」ということで認めているのです。
0

2006/9/28

松本被告の陳述  カルト・宗教・犯罪

うーん、ここでは何度もリンク先
http://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/10-7.html
を紹介している。

弱ったものです。と言うのは、

メディア報道を改めて見ると、「沈黙の教祖」とか、の記述がかなりあるのですね。
そんなように話している「識者」「関係者」なんていうのもある。

まあ、コメントというのは、メディアでは文字数の関係上、すべてを書いてくれないのでして、すべての人がそのまま言ったとは思えないが。

(なお、だから私はすべてのコメントについて、ファックスなりに最終確認をしている。厄介な取材対象なんでしょうね、私。ですが間違えて書かれて趣旨が変わったり、責任がないことで名誉毀損訴訟の被告になるのは嫌です。)

で、決して「沈黙の教祖」ではないことが、リンク先で良く分かる、と。

私も聞いたのだが、改めて読むと、興味深いものです。
どうぞ、是非、ご参考にリンク先を。

私が、今回改めて興味深いと思ったのは、下記です。
--------
1 地下鉄サリン事件
―しかし、19日、村井・井上に負けた形になり、結果的に逮捕されるだろうということになったわけです。井上嘉浩が正確な情報を上げていればおきなかったはずです。−

2  落田耕太郎さん殺害事件
−彼に20万円を渡したところ、彼はまじめに薬剤師となっていると聞きました。−手錠、ロープで縛られたとき−私と、私の妻であるヤソーダラー、松本知子は一切発言をしていないのです−

3 チオペンタール密造事件
−3番目の事件は、私が法務部に対し、調査命令を出しました。−…吉岡君から聞いたわけだが、「ジーヴァカ正悟師が20万円くらいの罰金刑ということでそれを作ることにした」と聞いています。

−(現在埼玉弁護士会の吉岡毅弁護士のことですね)

4 假谷清志さん監禁致死事件
 −井上嘉浩君に対し、「銀行からお金をおろされ、殺害されている可能性があるから情報を集めろ」と指示しました。−

5 坂本堤弁護士一家殺害事件
 −坂本堤は「オウムはインチキ宗教」と言っていました。−そもそも早川氏は手袋を忘れ寝坊したような人だから、……ガフヴァ、端本悟君は入会して間もなく、中川智正君も同じくらい−これは非常に小さな罪となります。実行者が5人か6人でやったので、一人当たりは非常に小さな罪−今は、早川の指示となっています−ケイマではありません−

6 田口修二さん殺害事件
−2つの主張が根本になっています。それは嘱託殺人と依願殺人です。嘱託殺人は5年以上たった場合、無罪で、……無罪となっています−私はロープの指示をしていません。これはロープをかけて殺害した−

7 LSD密造事件
−1994年4月23日に遠藤誠一がLSDを作りましたが、ポイントは私の弟子たちはこれによってお金を儲けたことがなく、そこに行ったことはない。次に、サリン実験が行なわれたあとですが、エンパワーメントしない限り意味がなく、その実証をした−常習性がないということ。そして実際、4月23日に遠藤君が持ってきて私に渡し、テストしたわけですが、そのときにはできておらず、結局効果がなかったと。5月1日、私が第5サティアンに帰ってきた段階で、遠藤誠一君が持ってきたLSD1グラムを一気に飲み、これに決定しました。そして、2日か3日くらい意識がなく、いろんな世界の体験が起き、光が現われ、空が現われました。これが麻原彰晃の世界です。このとき、数人の弟子たちにチェックし、これが瞑想修行の延長上にあるんだと立証できました。−4月23日に……というのは、何を言いたいかというと、弟子たちはお金をもらっていない。LSDを売り物にしていない。そして、精神的な進化の場合、麻原彰晃が危険を冒して最初に実験し、精神的進化のために使った。これによって、麻原彰晃は無罪です。−精神の進化をさせるためであるからです。

8 覚醒剤密造事件
−エフェトニンを変形したもので、植物性のもの−どうしたら魂が進化するかの実験研究をしただけで、人類進化のためにすべてやっています。薬物などもすべて人類進化のためでした。−

9 メスカリン密造事件
−お金を全くもらってないのです。販売もしていません。−これらの実験は、あくまでも常習性がないことを示しています−植物性覚醒剤は常習性がないということ、精神的進化に貢献したということ、お金をもらってない、販売もしていない−江戸時代の華岡青洲が行なったように−

10 自動小銃密造事件
−マシンガンは作りました。しかし、マシンガンのタマは作ってません。−

11 浜口忠仁さんVX殺害事件
−専門家の井上君に調査命令しました。−私への報告なしに殺害が成立していますが、これは、上下関係が成立している教団ではあり得ません−VXが使われたということですが、山形君が誤って注射器を延髄に刺し、呼吸中枢に至ったわけ−新實智光君から「尊師の指示ではありませんか」と聞かれましたが、麻原彰晃の調査指示が生きていて、新實の証言では、私の指示ではなく、私の指示は水野事件と言っている−

12  冨田俊男さん殺害事件
−オウム真理教のサマナがそれ以前にサリンによる傷があり、しかもポリグラフ検査で有罪が出た」から、そのサマナが死んだとしても情状酌量でせいぜい1年か1年半だな、と、亡くなられた−

13 サリンプラント建設
−12月26か27に村井秀夫君、マンジュシュリー・ミトラ、豊田亨君と話しました。そのときに第2プロセスの3塩化リン・5塩化リンのプロセスを中止し、第4プロセスの途中でサリンプラントの中止を命令し、実際止まっています。つまり、サリンプラントは稼働せず、したがって、殺人予備は成立せず、これは無罪−

14 滝本太郎弁護士サリン殺人未遂事件
−非情に小さい単位で、非常に少ないサリンの量となり、無害−ピストルやナイフを持っていた人がそれを使わないで帰ってきたというのと同じ論争−

15 松本サリン事件
−サリンを噴霧した場所を検討して下さい。彼は最高の科学者ですから、もしターゲットが住居や裁判所だとしたならば、ポイントを誤ることはなかったでしょう。−地下鉄サリン事件の布石となっているわけですが、... 30キログラムのサリンが撒かれていますが−どうだ。サリン事件の指示をしたか。事前共謀してないでしょ。−

16 永岡弘行さんVX殺人未遂事件
―村井君にお願いして注射針のない注射器のようなものを作らせていたので、井上君に手渡して、これを使うかと井上君に聞いたのですが、井上君は使いませんでした。−(右を向いて)ここで地獄……と言っているガフヴァは、恥じるべきである。ガフヴァが言っていることは、早稲田大学理工学部としては恥ずかしい質問である。地獄……など存在していないからである。−

17 水野昇さんVX殺人未遂事件
−サリンとVXを比べた場合、VXの方がサリンより4分の1の強さである。残りの4分の3は、イペリット成分であり、やけどの症状しかありません。4分の1はサリン成分であり、水野事件において、サリンはまわりに被害を及ぼすからやめておけと言いました。さらに「注射針をはずせ」と指示をしたり、「頭皮の髪の毛の厚い部分をねらって、浸透率を遅くするように落とせ」と言いました。新實に対し、山形を使うように指示したが、これは認めている−1996年12月23日に釈放を決め、釈放命令が出ています。これは高弟である吉岡君が受け取り、
−(現在埼玉弁護士会の吉岡毅君のことですね)−
--------
0

2006/9/26

まだ未完成製品なのだ、きっと  メディア・ネット

ここのブログ、なんか、それ以前書き込んでいた何人かが、
コメントに書き込めないとの話あり。

自宅のパソコンのメールは、受信はするが、
先日から、送信ができなくなってしまった。

MLにいくつか入っているのだが、スパムを次々消してしまう関係か
配信が一時停止に勝手になってしまったり、
自分が送信した直後あたりのMLは配信されなかったり。

ああ、パソコンはかな漢字入力でしているのですけれど、
なにかどこかに触り、時々ローマ字入力に変わってしまう。
戻すいい方法はないのか。

ああ、ホームページの更新方法とかって、わからなくなってしまった。
いつか暇ができたときにしようと思っているのだが。

というか、スキルが足りないのだろうけれど。
昔のワープロも、パソコンも、携帯電話も、
解説書なんぞまず読んだことがないのがいけないのだろうけれど。

草々
0

2006/9/25


うーん、東京高等裁判所が、二人の弁護人の処分を求めたのですね。

たまに
裁判所が弁護士会に弁護士の色んな非行について「通報」することがあるのですけれど−例えば弁護士が破産管財事件で横領しているとか、認知症になってしまって到底弁護活動になっていないとか。裁判官も、たまに精神不安定すぎて大変なんですが−、

今回は刑事訴訟規則303条2項の、実に正式な手続きをしたものです。
実は、単純かつ下手なチキンレースを東京高裁としてしまった「弁護過誤」なんだけれど。

だから、単純に懲戒請求を、
・松本死刑囚自身や、
・松本死刑囚の家族や、
・でなければ、2005.8.31の後に選任された弁護人5人のうちの誰か
・(特に、何度も書いている通り、実質信者弁護士の埼玉弁護士会の吉岡毅弁護士)
が、請求すればいいものを、と感じます。

でなければ、弁護士会の役員自体が、綱紀委員会に、「会立件」として出すとかね。−−なにせ、麻原さんの命であっても、大切な命を早くに失わせてしまうミスをした弁護だったんだから。−−破廉恥事件とかで、たまに弁護士会自体が綱紀委員会に「懲戒請求」をしているのです。

裁判所からの−裁判審理の迅速な進行を阻害した−(結果はこの弁護団のおかげで本来よりも速くなっちゃったんだけれど、ああカルマの法則かも)を理由に、
やたら正式な「処置請求」で日弁連、弁護士会がようやく動くのも、弁護士会、日弁連の自治を守ろうとするとき、なさけない。

(7月から3つの通常事件で、提出期限ギリギリまで何とか説得力ある文章を出すべく呻吟していた者より)

>東京高裁は25日、-松下明夫弁護士(仙台弁護士会)と
>松井武弁護士(第2東京弁護士会)
>「審理の迅速な進行を妨害した」とし
>日本弁護士連合会(日弁連)に
>両弁護士の処分を求める「処置請求」を行った。
>17年ぶり。
0

2006/9/24

10月4日−集会  カルト・宗教・犯罪

下記の集まりがあります。よろしければ、ご参加下さい。
議員会館なので、窓口で所定の時間に受付が必要になります。
-----------

オウム真理教による
テロ犯罪の被害者救済を !


主催: オウム真理教犯罪被害者支援機構(理事長:宇都宮健児)
        地下鉄サリン事件被害者の会(代表世話人:高橋シズヱ)
        松本サリン事件被害者弁護団(団長:伊藤良徳) 
        オウム真理教被害対策弁護団(事務局長:小野毅)

日時: 2006年10月4日(水)
14時〜 (一般受付は、13:45〜)
会場: 衆議院第2議員会館・第4会議室


プログラム
14:00 開会ご挨拶
14:10〜14:40 基調講演 「犯罪被害者支援の原理」
   齊藤誠二氏(筑波大学名誉教授、山梨学院大学法科大学院教授)

14:40〜15:00 現状報告「オウム真理教の破産手続の現状」
               阿部三郎氏(オウム真理教破産管財人)
 
15:00〜16:00 パネルディスカッション と 会場からのご発言  

テーマ「国が被害者になすべきこと」

司会進行 小野 毅
パネラー   上川陽子氏(衆議院議員・自民党) 
長島昭久氏(衆議院議員・民主党)
荒木二郎氏(内閣府犯罪被害者等施策推進室長)
阿部三郎氏(オウム真理教破産管財人)
高橋シズヱ(地下鉄サリン事件被害者の会代表世話人)

16:00〜16:20 集会アピール、閉会ご挨拶

---------本集会の趣旨------

  1995年3月20日、霞ヶ関を中心とする首都東京で、地下鉄サリン事件が発生し、12人が死亡し、5500人以上が受傷した。同月22日からの假谷さん事件を被疑事実とする強制捜査を前に、これを見越した教団が起こしたものだった。同日以降、坂本弁護士一家殺害事件(1989年)、松本サリン事件(1994年)、地下鉄サリン事件など数々の凶悪事件が、麻原彰晃こと松本智津夫と、松本智津夫が主宰するオウム真理教の信者の犯行であることが判明した。

  オウム真理教の犯罪による被害者は現在でも後遺症に苦しみ、十分な損害賠償も受けられないまま、坂本弁護士一家殺害事件から17年、地下鉄サリン事件からも11年半が経過している。現在、オウム真理教の破産手続における被害者の金銭的な損害回復は、なんと34.84%にとどまっている。今回の配当は実質的な最終配当等であり、破産手続による被害者救済は限界に達している。

米国における2001年9.11テロ事件の被害者に対する補償の篤さとの格差は極めて大きい。

被害者は、長期間にわたる最大限の自助努力をおこなったにもかかわらず、いまだ十分な損害回復がなされていない。

また国は、後遺症を抱え痛みや苦しみの中にある被害者に対し、何らの対策も講じていない。国の身代わりとなった被害者の損害を、国はこのまま傍観し放置しておいてよいか。

今、国が被害者に対し何をなすべきか、被害者とともに議論したい。

             本集会に関する連絡先
〒194-0021 東京都町田市中町1丁目3番17号
カタリーナホームズ2階  未来市民法律事務所
電話: 042-724-5321 Fax: 042-724-6633
弁護士  中村裕二
0

2006/9/21

メディア、上祐  カルト・宗教・犯罪


馬鹿らしすぎるけど、備忘録のためて書いておこうと思う。
アメリカ産牛肉の輸入が再開されて、吉野家がまず1日のみ牛丼再開とのこと。
なんで、それをテレビでも、新聞でも大々的に報道するんだ?
なんで、心配があるとして先日までの報道を共に報道しないんだ?

まったくもって、あんたら、吉野家の提灯もちか。
宣伝効果は、広告宣伝料数十億円に価するでしょうな。
しょもな。


15日の麻原最高裁決定の報道−まったくもってどの局もまた一部の新聞は、
なんで、ああも上祐を、出させるんだ?
阿呆か、上祐は、「嘘をつくのがワーク」のヴァジラヤーナの戦士
そんなのを相手にするメディアは馬鹿かね、と。

暴力団の組長が組を挙げて酷いことをして、逮捕されて死刑になる時、
若頭でそれを継いでる人が、組員の一部を連れて別の「任侠団体」を作るとか
言ったとして、
メディアは出すのかねぇ。

破壊的カルトは暴力団より怖いんだよ、いいことをするつもりで嘘をつき、人から収奪し、人を傷つけるんだから。
「悪意の殺人は限度があるが、善意の殺人は限度がない」んだから。


私、TBS系の夜の生番組に出られた。
それで、「嘘をつくのがワーク」の上祐のことを述べたが、そもそも上祐なぞをメディアが相手にするほうが間違い。
「上祐派の布教の為に出てるんですよ」と事前に言ったが、まあ変更するものでもないので、テレビ局と言うもの。

それにしても
「なんらかの成就というのをあんたはしているの?」
「麻原さんは宗教的力量がある程度あるなどと言っていたが、本当に空中浮揚したと信じるの?」
と、素朴な、しかし大切な質問をしてもらいたかったものだ。


その生放送でも述べたが、上祐は、哀れだなぁと思う。
あのように嘘をついたまま、矛盾を抱えたままに、一生を終えていくのかなぁ。

自分になんらかの宗教的「成就」をしているまた力量があるとすることが、宗教団体をつくる立場たる根拠であるところ、あると言うならば、それは麻原が認定したもの、つまり麻原からは離れていない、と言うことになる。

「成就」なぞをしていないとすれば、そもそも新たな宗教団体を作る立場になどない、と。

そんな根本的矛盾があるのですよ、代表派の方々。どうします?


ああ、上祐が「すべての人を愛する姿勢で行きたい」なんてことを言ったのがもっとも危ないところ。
「救済主義」なぞ、上祐が言える立場ではない、と。

あなたも、1995年11月、70トンのサリンを撒く予定なのを知っていただろうが。

あなたはサリンは7トンぐらいしか作れないとし
それでもそんな大量のサリンを作るために支持した案は、下記だったね。

・クシティガルヴァ棟で成功していた方法が、数キロずつだが確実に作れる方法で、大量に同じ用具をそろえて、多くの人で作る。

たしかにこの方法だったら、実績があるのだから、大量に作るのに成功していただろうね。
なまじ、第7サティアンで機械的な大量生産をしようとしたから、成功しなかっんだったよね。

あなたが「救済主義」を言うこと自体が、そもそもの間違い。


それから、上祐は、死刑判決について
「前教祖に対するものだけではない、そのとき自分ならばサリンを撒いただろうと思う信者、皆への判決だと受け止める」なぞと述べた。

まったくもう、無責任だね。
戦後の「一億総懺悔」なぞと、日本の一部権力者が言っていたことと同じですよ、それは。

あのね、「A級戦犯」の責任は、「鬼畜米英」「八紘一宇」なぞと言っていた一般国民よりもはるかに重いんです。だから死刑になったの。

あなたは前記の通りの事情だから、その「A級戦犯」なんだよ。

あなたは死刑にならないね、「死刑になる人は、大いなる艱難を与えられた祝福された魂」と言ったのはあんただったね。酷いものだ。


私は生放送で、8月末の1000万円も、上祐派ではなく、原理派が入れたことを(最初、代表派と書いてしまって、訂正します、ご指摘ありがとうございます)暴露した。つまり上祐は口ばかりだと。

すると、昨日でしたか、上祐派は、400万円を入れただと。よくもまあ、白々しく今になって入れるものだ。8月セミナーはとっくに終わってたんだよ。

それから、松本死刑囚家族への毎月40万円のお金のこと。昨日あたり、上祐派がやめようといい、原理派が断っただと。

そもそも2002年だったか、絵画の賃貸料名目で入金するようにセットした−報告しやすい形をとる工夫をしたのは−のは、上祐代表あなたではなかったかしらね?


で、お付の人はどうするんだい?
Y2PCはどうするんだい?
−東西占星術研究所−http://www.interq.or.jp/mars/tozai/
などの、両派のダミーサイトはどうするんだい?

「代表」のうちに、それらを明らかにしたら良かろうが。


TBSでは、上祐の司会者からのインタビューは生放送の直前に行われた。
ほとんど放送のとおり。

で、その数十分前から、私を交えての対話、または私と上祐との対話をされたい、と申し入れてもらった。上祐の宣伝にしたくなかったので。

で、上祐は断った。だから私は生放送で
「上祐は脱会する勇気もなければ、私と公開で話し合う根性もない」と述べた。
「脱会する方がはるかに勇気が必要なんだけれどね」とも述べた。

テレビ局の担当者経由で言う上祐の理由はこのようなことのよう。
「滝本さんは被害者の立場だから、まだ会えない」と言っていると。

あのね、被害者の私が申し入れているんですよ。
被害者にまだ謝罪できる立場ではないなぞと、いってもいたね。

謝罪ってのは、土下座しても許されずとも、許されずとも、何度でも謝罪に行くべきものさ。「相手が受け入れてくれるようになったら謝罪に行く」ってのは謝罪ではないんだよ。

10
あなたは、単に私には対抗できないから、会えないんでしょう?
違うかい?
しょもな。

30分以上は、収録しつつ、対話すべきですな。

あなたが真に「反省」しているならば、ね。
1

2006/9/19

日本脱カルト協会の声明文  カルト・宗教・犯罪

ご参考までに、

麻原判決確定を機会に、12人への死刑判決について、詳細に述べています。
http://www.cnet-sc.ne.jp/jdcc/statement20060915.htm

その英語版は下記。
英語圏に紹介していただければ、なお幸いです。
http://www.cnet-sc.ne.jp/jdcc/statement20060915e.htm

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ