2006/5/30

異議申立を棄却  カルト・宗教・犯罪

● 下記の書き込みに追伸 ●
−この決定文A4の14ページ、欲しい方にはファックスします。
−ファックス番号とお名前をメールで下さいませ。
takitaro@yha.att.ne.jp

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
東京高裁11部は
同10部が本年3月27日した松本被告の控訴棄却
への弁護人の異議申立について
を棄却しました。

今後は最高裁への特別抗告、
またその後の訂正の申し立て?がある程度だろう。

異議申立の棄却決定文は、A4の14ページにもわたる文章で、
大変、説得力があります。

思うに、例えば月刊プレスボーイでの森達也氏らにあるような、しょもない言説などもあるところ、
このような決定文などにつき、マスメディアは、全文出して欲しいです。

滝本太郎のコメントとしては下記です。

「正しい判断が、説得力ある文章で示されたと考える。
弁護人があまりに危険なチキンレースをして負けただけの話である。松本被告の訴訟能力についても丁寧に検討されていて敬服する。

松本被告については、速やかに死刑を確定させ、6ヶ月と5日以内に執行すべきと考える。執行の際は、法廷でも述べたように私を立ち合わせて欲しい。

そして、この際、検討すべきことが2つある。

1つは、
12人の実行犯ら弟子が死刑判決を受けているが、本当にそれで良いのだろうか、と言うことである。
犯行にいたる心理的機序をみるとき到底、正しいとは思えない。
12人への死刑執行で喜ぶのは、松本被告のみである。
被害者心理として、死刑の執行は喜びではなくケジメでしかないところ、この破壊的カルト集団における事件については、松本被告一人で良いのではなかろうか。

2つは、
今回の決定書にも記載ある吉岡毅弁護士(埼玉弁護士会所属)の件である。
彼が弁護人として、単独接見をなし、松本被告か何らかの教示を受け、または受けたと称して、オウム真理教信者らに事柄を伝えときにどのような影響を与えるか、これが、オウム真理教の今後を占う最大のキーポイントである。
他の弁護人らはその問題性を十分に認識し、何よりマスメディアにあっては、同弁護士に十分な釈明をするよう、その矛盾点を質問するよう求める。」
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ