2006/5/3

大きな問題は  カルト・宗教・犯罪

大きな問題は、先の日記に書いた

「脱会したという、先年まで出家していたオウム真理教司法試験受験組責任者格の松本被告弁護人弁護士吉岡毅(埼玉弁護士会のヨシオカツヨシさんです、東京のヨシオカタケシ弁護士ではありません)君の動向」

なんですが。

この問題点を、メディアはしっかり指摘して欲しいです。

彼が一人で面会して、
「麻原からこういう指示、説法を得た」とかを、
どちらかの派に伝えたらどうなるのか、考えれば、わかること。

両派の信者向けに、その指導者の正統性を付与する重要なキーパーソンなんです。

マスメディアさん
直接のインタビューぐらいに、なんで直ちに行かないの? と。
拒否されたなら拒否されたとなぜ報道しないの、と。

彼には説明責任がある。

・青山弁護士の下で法務部のナンバースリーとして動いていたのだが、その犯罪に何らかの関与をしたか。青山逮捕後、信者の次々の逮捕、裁判対策、破防法の対策など、どんな関与をしたか。

・なんで出家者の時に司法試験受験勉強グループを作ったのか

・いつ、どうやって、なぜ脱会したのか

・全財産の布施などしていたのだから、その後の収入、受験勉強期間はどうやって食っていたのか

・今、麻原についてはどう考えているのか

・オウム真理教、アーレフの誰か、また「脱会者と称する人」と接触をとっているのか、いつまでとっていたか

・選任はだれからされたのか、三女については、オウム真理教では霊性が高いなどといわれていたが、今はどう捉えているのか。

・なんのために麻原の弁護人に就いたのか、適正な刑事弁護、被告人のためと言うのならば、麻原彰晃以外にもやるべき事件はいくらでもある、と。

・一人で面会したことがあるのか、これから行くことはあるのか

・費用は、実費を含めて、誰からいくらをもらっているのか、殆ど無償ならば、尚更になんの目的で弁護人になったのか

いずれも率直にインタビューすればよいのです。
答えなければ答えないで、そのまま報道すれば良いのです。
答えが矛盾していたら、さらに追求すればよい。

ちなみに、固有名詞を隠す正当性もない。
彼か弁護人に就くことは法律上許されるが、同時に固有名詞を明らかにしてそれを暴露し追求することも公共性、公益性からして、もちろん正当な行為ですから。

マスメディアさん、相手方が弁護士だからといって、固有名詞を出さないのは、不合理な特別扱いであり、臆病というものです。
1

2006/5/3

「脱会」じゃないよ、とサイト占い  カルト・宗教・犯罪

しかしなあ、「脱会」という表現はやめてよ、メディアさん。

公安がそういうからって、なんでマスメディアもそれに従うんだろう。自分で考えてよ。

だいたい、公になったのは公安からではなく、とある番組制作会社が得た情報からでしょうが。

困るんですよね、本当の「脱会者」にとって、こんな分裂で、離れる少数の方について、「脱会」なんて表現されると。

法的にも、集団の分裂は、労働組合の分裂をめぐる資産の分割などで判例にもなっているけれど、(両派が話し合って会計も別にし、各施設についても戦いを続けているが、世田谷区烏山の棲み分け?みたいに、それなりに話し合いをしているのだから)

こういう形のは、組織分割というものであって、脱退、脱会と表現できないものでしょうが。

----------
共同通信抄本
>上祐史浩代表(43)が早ければ7月をめどに、
>教団を脱会して新たな宗教団体を立ち上げる意向
>を持っていることが2日、公安当局の調べなどで分かった。
>上祐代表は支持派の信者とともに脱会する方針とみられ、
>実現すれば現在の教団の分裂は決定的
>一方で教義理論の確立や資金調達面での課題
>松本智津夫被告(51)の裁判動向など流動的な要素
>「分裂はさらにずれ込む」(公安関係者)との見方も

たしかに、先日TBSなりで報じられた上祐録音の証拠もありますね。
上祐の声でした。
その他もいろいろ言っている。

なお、この録音が流れたのは、上祐派が集団の内外に向けて漏らしたもので、観測気球ということもありえるのですが。
−つまりこう流すことで世論や公安、観察処分の行方を見ることと、不安がる信徒を自派に引き込むとのこと。

----------
そして、正統派管理の上祐サイトが閉鎖されてますね。
私がいじったのではないですよ。
http://www.joyu.to/

アーレフサイトの表紙から上祐の写真もなくなっている。
http://www.aleph.to/

あとは、アーレフサイトの成就者のところから、
上祐が消えるかどうか、上祐派の「師」が消されるかどうか
http://www.aleph.to/saint/

(ああ、その中のカッピナさんはすでに何度も言っているとおり亡くなってしまっていてるのだから、その遺体ビデオを無常を修習させるための教材なぞに使わず、またここからはずしてあげてくださいな、ひどすぎるよ、正統派さん)

また上祐秘書室の?ブログがどう書くか、が興味あるところ。
http://blog.livedoor.jp/alephdaihyou/

本日夕方も、TBSでオウム報道とのこと。
----------

追伸
−うーん、有田さんサイト4月30日日記
凄い話が出てしまっていますね。
http://www.web-arita.com/sui064b.html

>わたしたちの会話の横では、「オウム家族の会」会長
>永岡弘行ご夫妻が麻原被告の二女、三女と熱心に話
>していた。何とも不思議な、しかし好ましい光景である。

なんとか軟着陸させないと、

私が今もっとも許せないのが、
こんな麻原の子どもを利用してまで、死刑確定をとめようとする一部の弁護士たち。

そもそも、控訴趣意書を出さなかった自分たちのミスなのに。
なんか、刑事訴訟継続中なのに、国と鑑定医相手に5000万円賠償を求める民事訴訟を起こしたとかでして、もうメチャクチャですね。

(息子の私立中学校入学拒否についての訴訟はまだ分かるのですが。
なんでそんな私立に行くお金があるわけ?、とは思うが。
松本家に一ヶ月40万円というものでは無理ですよね。ああ、そのお金はどっちが払うか協議で決まったのかなぁ、)

-------
追伸−先日、電波時計を買いました。
うん、なんと1980円です。

以前、腕時計の電波時計を買いたいと探したのですが、値段が高いのと部厚いのでやめていた

今回は、目覚まし時計でして、値段に驚き。
 
うーん、正確、感動。
こんな電波も、日本列島2箇所で発しているんだな、凄いな、
と思った。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ