2006/5/2

上祐さんの方針の再確認  カルト・宗教・犯罪

まあ、分裂するとかしないとか。

彼は嘘をつくのがワークでして。

下記の資料21にあるとおり、明確
http://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/shiryou21-.htm

これが彼の方針、一貫してますです。

この隠すということに、やはり我慢できなくなったので原理派だということだと。

---------
滝本資料21
オウム集団幹部らの2000年1月16日頃の会議内容
ー上祐提案の改革案

出席者上祐史浩、村岡達子、野田成人、杉浦実、岡田弘幸

1 「宗教団体アレフ」にする。
・組織の性格は、教団を拡大して尊師の死刑を止める。
・そして再開を可能にする。
・表向き、教祖や子どもなど麻原家を、外す。

2 新たな布教活動として
@ 「21世紀サイバー教団」として、インターネットで布教活動をする。
A 「アクエリアス教団」として、科学と宗教が合致した超人を育成する。
B 「ホワイトフリーメーソン」として、オウム色を出さずに救済活動をする。企業活動の基盤をつくる。
C グローバル教団になるべく、イギリス・ロシアで、インターネットを活用して、布教、経済活動をする。

3声明では、麻原尊師の指示、関与を認める。
・謝罪し、被害補償活動を行う。
・被害者を「守護者」と呼ぶ。
・発表することで、マスコミを味方につける。

4 観察処分について。
・立入り検査を逆利用して、危険性なしのアッピールをする。
・職権濫用の告訴、国家賠償請求の前提として、証拠の保全に努める。
・大日本帝国に似ているとして、国民を味方につける。

5 立入り検査に対する「対策マニュアル」
・法務部名で出す。
・訴訟、懲戒免職を求めるために、氏名・役職を確認し、写真を撮る。
・問題がないものはある程度見せるが、焦らしながら見せること。
・金庫や机は、鍵をかける。自分の机じゃないという。パソコンは、立ち上げを求められても、自分のパソコンじゃないのでバスワードを知らないと。
・人の調査に対しては、立入り検査は設備や帳簿の調査が対象でしょう、という
・個人的に使用している者、団体に無関係などと対応する。
----------
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ