2005/10/11

韓国の弁護士会外  外国・外交

 本日の、北朝鮮の人権−法律家の会主催の集まり、かななか良かったですよ。65人ぐらいの集まりだったが、内容が濃かったです。

 先に書いたドイツからの緊急援助のために北朝鮮で市民の治療をし、あまりの矛盾を見てきた医師と、韓国の弁護士会から、下記の李白洙弁護士がこられました。

 (弁護士10年目とのこと、女性、うーん凄く頭がよさそうでかつ活動的、前記の医師ともども凄い人がいるなぁと感じる。)

 うーん、韓国は、ついに強制加入団体である弁護士会自体で動き出した。動きが鈍い、遅いと思ったら、あっと言う間にこうなってくる。動き出すと凄いんです、韓国の運動は。
 負けていられないねぇ。

 印象的だった発言は、同弁護士の

1−私も2年前まではこの問題(韓国人、日本人外の拉致事件)を何も知らなかった。大韓民国では未だ、北朝鮮の人権侵害を主張するのは大げさに言っていると思われている。

2−事実を知った若手弁護士から、この問題を韓国から声を上げて解決していかないと、子孫に顔向けができないとの声が強く、弁護士会あげての活動になっている、最重点の課題である。

3−それから光州の弁護士会も積極的に集まりを始めるようになってきているとのこと、うーん、ここは光州事件に示されるように反独裁政権闘争や反米活動が強かったところでして、そこで北朝鮮の人権にとりくむようになってきたことは凄い。

 韓国の弁護士会の動きについての記事は、下記抄本−しかしなんで産経新聞だけなんだぁ、書いてあるのは。知らなかったですよ。
 産経新聞さん、すいません、転載してしまって。その優秀さを示したものですから、どうぞご勘弁を。
−−−−  

韓国の弁護士会、北人権改善へ宣言文 政権の消極姿勢批判

 【ソウル=久保田るり子】韓国の盧武鉉政権は北朝鮮の人権問題をめぐり、国連人権委員会の北朝鮮人権決議案採決にも「南北関係の特殊性」を理由に棄権するなど消極的な立場だが、政府の対応を不満として韓国最大の弁護士会が北朝鮮の人権状況改善運動に立ち上がった。

 「ソウル弁護士会」(李俊範会長)は韓国で約七千人の弁護士のうち約五千人が所属する団体だが、九月下旬の創立九十八周年記念日に「北朝鮮人権問題シンポジウム」を開き、「北朝鮮人権改善を追求するわれわれの立場」とする宣言文を発表した。宣言文は「政府は北朝鮮の人権について、支援を通じた生存権としての人権問題を解決した後、政治的な人権問題に接近すべきだとの段階論だが、これは過去の軍事独裁政権が経済発展や戦争の脅威を口実に人権を弾圧したのと軌を一にする危険な発想だ」と盧政権を批判した。

 同弁護士会の李白洙総務理事は「北朝鮮の人権問題は深刻だが(韓国の)知識人はほとんどそれについて発言しない。南北交流をしながら、支援は支援として、独裁政権に反対する、いわゆる北朝鮮の“敵対勢力”の人権にも言及しなくてはならない」と話す。

 同弁護士会は脱北者の法律支援などを行っており、今回改めて「宣言」を出したのは、政府の統一政策の進行状況から、「発言すべき時期が来た」と判断したからだという。今後は脱北者の難民認定に向けた国際的な運動、韓国内の子供たちに北朝鮮の実態を教える活動などを計画中だ。
(産経新聞) - 10月5日2時47分更新
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ