2005/8/2


うーん、予定納税が終わったと思ったら、
今度は、市県民税、消費税。

冗談じゃないよなぁ、と感じる。
税金のために一般事件の仕事は、しているような感じ。

 税金は、泥棒も一時所得として支払うべきという面白いものではある。 で、思うに、凄く稼いでいて税金を多く払う人とか、それだけで「納税表彰」とか渡せばいいのではないかなぁと思う。

 そりゃ、悪いことをしてもうけている人はケシカランけれど、少なくない歌手やスポーツ選手とかまた企業家とか、それだけで勲章でもあげればやりがいがあるだろうに、と思う。そんなものかと。

−−−−−−−
エンジェル係数が高い。

 フランスは、大学まで学費がタダと聞く。それが本来だよなぁ、それで試験してレヴェルに達していなければ気軽に切るのがフランスのやり方とか。
 採点していて思うのだが、日本はやはり甘いのかも。

 「官」と「民」が画然と別れているフランスですが、
 「官」の「公僕」としての認識、民こそ主人公だという「民」の意識は、あそこの陪審制度、商業裁判所制度、労働裁判所制度などに、しっかり反映している。

 つまり、
・ 陪審では被告人こそが、堂々と無罪を主張して弁明していた
・ 商業裁判所はまあ日本で言えば商工会議所が裁判所を作っているようなもの、
・ 労働裁判所は労使双方がでている労働委員会がすなわち裁判所みたいなもの、

です。
・ で、行政裁判所は、コンセイユデタとか言ったが毎年数万件を処理している、まず行政不服審査とかでのチンタラではなし。

 どうなるんでしょうね、どうすべきなんでしょうか、日本の姿。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ