2005/7/10

本当だったんだね  カルト・宗教・犯罪

本当だったんだね

 本当だったんだね、7月1日の日記に書いた死体ビデオのこと、です。

何人かから確認できたから間違いないと。今月のCD閲覧ですか。

 なんともぉ、昨年夏には、竹刀で他の人を何千回も叩いて、死なせてしまうような異様な状態となってしまったケロヨンでさえ、それはしていなかった。

 まあ、体は自動車で言えばボディーであり、大切なのは運転手にあたる魂である、というオウムの教えからすれば、全くおかしくないけれど。

 だから、麻原がいた頃から、死体写真や、死後の変化をアニメにしたり、一部の人は他国から買ってきた模様の死体が腐っていく状態を録画したビデオを見させられたりした。

 しかしなあ、友人であるはずの法友の遺体を撮影して、ナレーションをつけてCDにするかなぁ、海に骨を撒くところまで録画されていた、とのこと。驚き。一人は、富士山で亡くなり後に発見されたサマナ、一人は今年、温熱修行でなくなったサマナ。

ガックリです。

 ちなみに、古代帝国富士皇朝=金環食=ザインは、パワーストーン販売などを資金源にして、長く続けてきた阿呆らしすぎる隊士ごっこ(あれ刀に刃が入っていないから犯罪とできなかったものです)から、女性器を崇拝(たしかにすべての人間が生まれたところだからその発想は各地の祭りなどにも残っている通りあり、観音様とも言うけれど)して、しょもない猥褻儀式をする集団に変化してきていた。彼女らの眼がさめた時、辛いだろうなぁ。

オウムーアーレフ本体も、今後、分派していけば、

・主な流れはストイックな修行をして死亡事件を時々起こす小集団がいくつも、

・ミイラ死体を生きているとしていたライフスペースみたいなのとか、

・内部リンチを重ねる集団とか、

・ハーレムカルトとか(ああ、すでに大阪でそんなカロカという分派が一時期できていたです、思い出した)

・せいぜい十数人程度での集団自殺に至る集団とか、

・尊師奪回や、麻原の破壊願望のままに、テロを実行する少人数の集団とか

いろいろできていくのだろう、と。

どうしたものか。

 公安警察さん、どうぞ分派した先こそ、さらに監視を強めていってください、お願いします。そして、取り調べ方法には、まさに工夫してください。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ