2016/3/14

地下鉄サリン事件から21年の集い  カルト・宗教・犯罪

地下鉄サリン事件から21年の集い

下記NHKの報道は、
・死刑廃止論の中心的な弁護士にも来てもらっての集会だったという重要な要素、
・松本死刑囚と他の12人死刑囚との違いにつき発言が続いたこと
などが抜けていますね、なんでなんだろう。他のメディア報道はどうなのか。

(追伸−下記カナロコが、もっとも正確かと。小川原弁護士のことなど書いてある。)
http://www.kanaloco.jp/article/158955

******
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160313/k10010441871000.html
地下鉄サリン事件から21年を前に集会 事件振り返る
―抄本
・被害者や遺族が教団の死刑囚に対する気持ちなどを述べたインタビューが紹介された。
・この中で、被害者の男性「地下鉄サリン事件に関わった10人の死刑囚については早く刑を執行してほしい」、妹の介護を続ける男性は「死刑によって事件が終わるわけではなく、終身刑がよいのか何がいいのか答えがでない」と複雑な思い
・事件の真相を当事者から詳しく聞きたいという思いがある一方、刑の執行を望む声も強い
・高橋さんは、今月17日に法務省に対して、刑の執行への立ち会いや、立ち会えない場合は執行された直後に直接通知を受けることなどを要望することを明らかにしました。
・現在進行形の事件
******

下記3つの団体の共催です。
・オウム真理教犯罪被害者支援機構
・地下鉄サリン事件被害者の会
・オウム真理教被害対策弁護団

挨拶―宇都宮健児
趣旨説明−高橋さん
登壇―小川原優之、江川紹子、藤田庄市、
司会−武井共夫
会場発言―西田公昭、トゥーさん、滝本太郎、学生さん、その他

小川原さんは、松本死刑囚の一審国選弁護人の一人で、日弁連で死刑廃止云々の中心的な人です。
トゥー氏は、下記の方です。日本語ぺラペラです。
―このお2方からは初めて聞く情報もあって、興味深かったです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%9C%E7%A5%96%E5%81%A5

私は11分ほどいくつか話しました。その最後に、アレフの現役中堅幹部が来ていることにつき、その「聖無頓着の実践」なのだろうが、酷いもんだ、恥を知れ、甘えるのもいい加減にせよ、と話しました。

被害者、ご遺族の少なくない方にあって、辛かったのではないか、ということが心配です。
7



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ