2005/3/22

ある一日  日常のこと

午前−とある病院個室で尋問。
 うーん、病院での尋問は22年目にして2度目のような記憶、今回はしかもベッドに伏せたままの方からの尋問。
 先日の打ち合わせのときよりも回復されたようで良かった。今日まで何とかがんばる、とご本人は言っていた。どうぞ、お大事に。
 裁判所が緊急の出張尋問などに応じてくれるのは大変珍しいことです、後に何かを言われるのが嫌だからでもあるのだろうけれど、敬服。
 しかしなぁ、相手方弁護士は、こんな状態だから重要な争いのあるところだけを端的に聞けばいいものを。文献を引っ張ってきて意見を聞くような感じの尋問をするのには驚いた。今は重態なんだよっ、と分かっているのかなぁ。

 午後は、午前の当番弁護士担当で回ってきたので面会。東京あたりだと当番弁護士が受任がないとクレームがあることもあると聞くが、神奈川だとまだ受任がないのを喜ぶ状態。うーん、私選に就いてもよくも悪くも変わらない見込みの事案であり、そう余裕がある家庭でもないので、そのことを説明。
 事件自体よりも、ここ6−7年間の、パソコンを別にしての引きこもりについて、本人も親御さんも悩む。代用監獄の中で実に久しぶりに他人と話すのだろう、まあ被害者がいるようでいない事件でもあり、「生きる力」を取り戻すきっかけになれば、それもいいなぁと思った。出られた後に会おうかなあ。
 
 自分も、同級生に引きこもりのままの人がいる。シンナー中毒になり病院に入ったままの人もいる。人生ってナンナンダァと考えもした電車でした。

 夜、急ぎ相談の悪質金融業者の件。10日で15%だと凄いなあ、年利540%以上かいな。以前の経験では競馬場での貸し金業者、一週間で3%だった、年利160%ぐらいか、うーん私の経験での最高利率となるね。
 いるんだよね、こういう業者が。まあ10日間だけと思い借りるのも問題なのだが。契約書も領収書もなし。凄いことだ、徹底して戦う予定。

 ああ、こんな刑事罰−懲役5年以下−もあるような利率で金を貸したとき、元金も返済しないで良いというのが、判決例です。昨年東京簡裁ででたが、「判例」にまでなったというべきかなぁ。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ