2014/6/30

本末転倒‐日本での政治目的のための焼身自殺  憲法・社会・官僚・人権

本末転倒であり、強く非難すべきものと考えます。
日本での政治目的のための焼身自殺

以下、産経新聞記事の抄本

****
新宿南口で男性が焼身自殺図る 「集団的自衛権の行使容認に反対」演説後
29日午後2時10分ごろ、東京都新宿区西新宿の歩道橋上
男性がガソリンのようなものを頭からかぶり、自分で火
病院に搬送されたが、重傷

「ミロードデッキ」歩道橋
同日午後1時5分ごろ、現場周辺にいた男性警備員から110番通報
拡声器を使い、集団的自衛権の行使容認や、
安倍晋三首相の政策に反対する内容の演説

1時間以上にわたって手元の紙を読み上げた後、
ペットボトル内の液体を頭からかぶり、ライターで火
火は、駆けつけた消防隊員らに消し止め
*******

なんか別の報道から、50代の男性との模様。私の知り合いにも、この間の動きに大きな怒りをもち、絶望もしている感じの人がいる。

過去、日本でも、ベトナム戦争の時に、首相官邸前で、日本の実質後方支援に抗議し、焼身自殺した男性がいたと記憶。歴史の中の一つのエピソード記憶だが、若い人には知られていまい。

ベトナムでは、ベトナム戦争当時、実に多くの数十人になるかな僧侶が焼身自殺をしてきた。チベットでも、またウイグルでも、中国政府の弾圧に対して少なくない焼身自殺がある模様。

だが、この自らの命を懸けて訴える行為、焼身自殺という周囲に訴えやすいショッキングな方法にてなす行為は、本末転倒。訴えている内容が「命を守るために」なのに、自分の命とはいえ放棄してなす行為。

まして日本では、チラシ配り、デモ行進、国会議員への要請活動その他の様々な方法での、運動方法がある。報道をあまりしてくれないという問題はあっても、である。
それが希望通りの影響を与えていないからといって、文字通りの命を懸けて訴えるというのは、「目的のためには手段を選ばない」という発想。
こんな行為につき、理解する態度を示せば、続く人も現れてしまう。

(追加−まあ「フランシーヌの場合」という歌を、嫌いではない自分)

本末転倒であり、激しく非難すべきものと考えます。
死なせてはならない。
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ