2014/6/24

大人になった子の親  日常のこと

大人になった子の親

うーん、今はそんな事件がないので、書きます。
離婚事件、これまで数百件扱い、相談もいれれば数千件にはなろう。

離婚事件を見るに、親の干渉が原因だよなあ、と思う事案がある。−それは、夫または妻または両方がひどい状況で、親として頼られざるを得ない事案ではなく、親の干渉が原因だよなあ、と思う事案です。

・結婚したのに、やたら親が来たりして、つまりは親が子離れしていないとか、
・実家で出産後、なぜかいつまでも帰らず、帰らないままとなったり
・財産家の親が高齢化してまた同居したいからか、小さな子供までいるのに離婚に向けた干渉を繰り返したり


−昔も確かに、嫁いびりみたいなのでの離婚があったが、今は経験しないなあ。実に減った感じです。なんか状況が違う。

この壮年・老年の親がいなければ、この夫婦は離婚にはならなかったんだろうな、子どもも片親にならなかったんだろうな、なんて思う事案がある。

そりゃ、本人らがしっかりと「新しい家庭」という自覚を持った大人で、夫婦間の成育歴の違いも克服して、自分で判断できればいいのだけれど、親の言うことをいつまでも聴いたりもする。また、そんな親が心配で、そもそも結婚に向けた気持ち、行動もとれないままの「大人となった子」も多いのではないか、と感じる。恋愛も自ら抑制し、結婚に向けた行動もとれないまま。

親の干渉は、少子化でより集中していこうし、子に比較してお金がまだあったりするから、限度がない。

だが、子どもが成人となれば、「追い出す」のが親の仕事だと思う。「居たい」と言っても追い出すべし。親は、子どもが結婚、ましてその子(つまり孫)もできているのであれば、なんとかその家庭を維持させたい、まして干渉して壊すようなことをしないのが、責任というものだと思う。若い人は現代では益々お金がないから余裕あればお金は出してやっても、口を出すべきものではない(ああ、宝くじ当たらないかなあ)。

ああ、それから少子化が進んでいるのに、「家の維持」のため「良い嫁」を欲しがったり、「婿取り」とか未だ考えている親も未だ居たりする、バカかと思う。墓とかも、まあ維持してくれればラッキーと考えるべし。多くの子を成しているのでもないのに維持できる訳がないではないか。そもそも先祖代々の墓なぞ、よほどの名家でなければ江戸時代後期以降の200年程度の風習でしかないし、「名家」であってもそんなのは無常。そもそも300年前の祖先は、25年世代計算で、4096人いるのだ。

そんな親は、子の幸せを真実は望んでおらず、また次世代に対して無責任に過ぎると評価すべきではなかろうか。
5



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ