2013/3/29

2チャンネル書き込み  カルト・宗教・犯罪

以下、ご参考までに。
先程、下記の2チャンネルのスレッドに書いた抄本です。

http://uni.2ch.net/test/read.cgi/psy/1363435953/

380 :神も仏も名無しさん:2013/03/29(金) 11:36:32.29 ID:2liW4VaY
こんにちはあ。
まあ、このように書けるのは生きているからでこそですね。all

>311 :前スレ主 ◆AB5prOrsho :2013/03/27(水) 18:48:06.18 ID:m3EGsM92301
>>「ポアされたなら問題ない」趣旨発言するあなたの人格は、確実に疑われてます。
>私は殺生を伴うポアは現世的には悪業でありその行為は咎を受けて当然でありその点については被害者の方々に贖罪すべきであると、しかしそれによって転生が上向されるのならばその部分は「宗教的には悪業とは言えない」という、至極当たり前の話しかおりません。


うーん、「宗教的」なことでの見解だから、どう考えてもい、言ってもいいとお考えならば、甘ちゃんに過ぎます。 オウム真理教事件は、弟子らにとっては宗教殺人でもあり、今残る人が「宗教を背景とした殺人」「宗教を背景とした犯罪」をするかどうかが問題だからです。宗教は現実社会の人間だからこそ存在するものですからね。

すなわち「宗教的には悪業とは言えない」なんて言う、否信じている人がいる限り、オウム真理教問題は終わらないのです。

381 :神も仏も名無しさん:2013/03/29(金) 11:40:08.13 ID:2liW4VaY
>314
>現実問題として如何に「被害者を苦しめている」のか、実際の具体的な様子を
>>月とスッポンであることは、当然の前提ですよ。
>>50歩100歩ではなく、5歩とマイナス100歩と言ったところかと。

>いずれも被害者にとってマイナスであれば同じ符号になるはずであり、喩えがおかしい
>幾ら私を中傷するのが主目的


うーん、なんでわからないのかなあ。野田君は現実に脱会している者であり、その寄付方法に一部違和感が残るとはいえ、現実に仕事をして寄付をし、かつ脱会支援、脱会者支援をしているのです。だからプラス5

現役さんは、一人オウムを含めて、その存在だけで被害者を苦しめているのですよ。
ヒトラーほ崇拝する人がいて、集団を作り、作っておらずとも崇拝の言葉を述べるのみで、被害者が苦しく、不快であることと同様でしょうが。

ドイツでヒトラー崇拝の言説自体が禁止されていると思いますが、制度上そこまでいかずとも、被害者の心理は、私を含めて同じです。だからマイナス100

中傷でもなんでもないでしょう。ただの批判ないし教示でしょう。批判されると直ちにそう感じてしまわれるのだなぁと感じました。

382 :神も仏も名無しさん:2013/03/29(金) 11:44:34.93 ID:2liW4VaY
>すべては「麻原さんは最終解脱者」を前提にしたお考え
>その様な事は申してませんし、そういう決め付けこそ「100かゼロかの発想」


いやいやいや、社長さんのサティアン隠れごっこ、法廷での1997.4.24発言さえも、失礼ながらまともに見ようとしないのだから、その判断されますよぅ。

>滝本氏は形而上の事柄を図る物差しを初めから持ってない、野田氏は持っていたけど無くしてしまわれた。

形而上のことは、現実社会で具現しった場合に、より明確にまともかどうかが分かります。で、現実社会で何をしたのか、よくみられるべき、と。

ご自身は現実社会では違法であり咎を受けるのは当然としているのです。それは、吉本隆明が言った、麻原が正しいことをしたと言ったら裁判所は、社会はどうするのか、という意味を分かっていない、と。

それは、罰することができてもそれは真実罰したことになるのだろうか、つまり「咎を与えた」ことになるのだろうか、という意味合いとなるのです。

まあ、吉本の期待と異なって、社長さんはそんなタマではなかったのですけれどね。吉本は洞察力のない人であり、だからこそ埴谷雄高に「頭がスポンジになったか」と批判されたのです。

私の、思想、宗教などの判断基準は
1−言うことととやることが違っていないか。
2−途中で言うことが変わってこないか。
3−目的のためとして、他の権利をひどく侵害していないか、です。

ではまた。
3



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ