2013/3/19

2チャンネルの存在意味←現役さん書き込み  カルト・宗教・犯罪

こんにちは。
しばしいろいろ忙しく、なんかパッションも湧かなくて書かなかったです。
妄想としか思えないコメントがいくつもあり、削除しました。


2チャンネルのオウム関係スレッドには、このところ、現役さんとしか思えない書き込みが出ていて、興味深いです。
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/psy/1363435953/

ちなみに本日、薬物事犯について書き込みを放置していたとしてほう助に問われて書類送検されていた2チャンネルの管理人(元?)の人が不起訴になったと報道されたけれど、このような点にて、まあ完全匿名、つまり仮名など設定しなければ、誰も名前が同じという2チャンネルは、それなりに存在意義があるんだろうな、と思う。

最初は、オウマーの誰かが、現役の振りをしてあおって遊んでいるのかとも思ったが、このしつこさからして、どうにも現役さんだろう、と考えます。

現役さんは「尊師には深いお考えがある」と思い、それ故にポアできる能力があるから少なくとも宗教的には善だったのだ、と思いたいんだなあ、と。その前提には「最終解脱者かどうか」という問題がある。

1−自分が信じていて、自分が教祖にポアされるだけならば本人の自由かもしれない。

2−だが、信じてもいない人の殺人を、四無量心によるポアの実践であり、正しいことなんだと言うためには、「最終解脱者」の証明をしてもらわないと。

3−だって、「最終解脱者」でなくても四無量心による実践だとして正しいとしてしまうならば、一般の殺人も、まあ哀れな信者のこちらからの殺人も、四無量心の実践だとして、正しいことになってしまうから。

4−で、現役さんとして、現役さん以外に対して、最終解脱者でないことを証明せよとか、四無量心の実践ではないというなら証拠は?なぞと言うのは、全く論理的ではないのです。
−人間は最終解脱者なぞでないことが通例であり、そうだと言うならば、言う側が証明する責任があるのだから。簡単すぎる話。
−でもそんな屁理屈をいつまでも繰り返すのがプライドであり、一貫性の原理であり、「信じるんだあ」という心からの叫びなんだろう、と。哀れに感じます。

5−ちなみに、教祖の言うこととやることの違い、言うことが変わってきている実態、生活状態からして、4のことなぞ証明されているんだけれどね。現役さんには、見る勇気、見つめ続ける勇気がないからなあ。

6−もとより、本来は最終解脱者だろうかなかろうが、殺人なぞ許されぬものだけれど、死んだ人も行き返らせる能力があると確定されるのであれば、まあ私は「なあるほど」くらいには言います。

7−で、その証明が自分の超能力であり、空中浮揚だと言ってきたのが教祖本人。

だから、あの馬鹿らしい写真だけれど、やはり
「たかが空中浮揚、されど空中浮揚」なんです。
6



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ