2013/2/15

隕石  日常のこと

******
ロシアのイタル・タス通信は15日、非常事態省などの話としてウラル地方チェリャビンスク州付近に隕石が落下し500人が負傷し、5人が入院していると報じた。ただ、鉄道や航空などに影響は出ていないとするが、亜鉛工場の屋根が被害を受けているという。
 なお関連性は不明だが、日本時間16日未明ごろ小惑星「2012DA14」が人工衛星より近い位置で地球付近を通過すると話題になっていた。
********


ユーチューブでも見ました。
ひえっー、こんなニュース初めてです。

衝撃波と言うのかな、あれでガラスなど割れたのだろうけれど。
ああ、米海軍厚木基地が近いから知るけれど、軍用ジェットでさえ、音速を超えるときだろうバギュンと衝撃波が来たもんね(昔の方が遠慮なく加速していたからか多かった)。おそろしい。

・そりゃ、地球史のうえではもっと大きな隕石が落ちているんだろう。つまり、地球にとっては「日常のこと」

・ロシアのツングースカ大爆発は、1908年だと。
******
半径約30キロメートルにわたって森林が炎上、約2,150平方キロメートルの範囲の樹木がなぎ倒された。1,000キロメートル離れた家の窓ガラスも割れ。破壊力はTNT火薬にして10-15メガトン。キノコ雲は数百キロメートル離れた場所からも観測できた。
 地球に落下した天体が爆発したとみられるが、隕石孔や隕石の残片などは発見されておらず、爆発の原因はいまだに特定されていない。地面の破壊規模から見て、爆発した「物体」の大きさは、3メートルから70メートルと推定。
******

 これ、たとえば、関東平野に落ちたら大変だったです。

・恐竜の破滅も、隕石落下による地球環境の変化、がもう定説なのかな。

・お月さんさえ大きな隕石と地球が衝突して、地球がグチュグチュになった上で反動で飛び出したと説が有力だったかと。

・ああ、こんなサイトもある。地球最後の日??〜隕石衝突の恐怖〜
http://www.benedict.co.jp/Smalltalk/talk-13.htm

・記憶にあるところでは、木星に落ちた隕石のこと。あれ、天体望遠鏡からの映像記録だが、あっという間に木星全体に影響を及ぼしていたもんなあ。
・ああ、木星が質量が大きいから、いろいろな隕石をかなり引っ張ってくれているんだね、ありがたいです。

 で、今日の隕石と多分兄弟みたいな?隕石、今夜から明日朝までの間に地球観測衛星あたりよりは低いところを通過するという隕石は、本当に大丈夫なのかいなぁ、と心配になる。
 まあ、直径100m以下のようであり、落ちても地球の生物の多く絶滅までの影響はないだろうが、場所によっては大変。
 気候への影響はないのかな。噴火でさえ時に飛行機が長期間飛べなくなったりするんだから。いろんな衛星にも影響は与えないのかなあ。


ともあれ皆様、今夜はなんとしても、ゆったりとした時間を過ごしましょう。
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ