2013/2/10

一度誤解すると  日常のこと

どうにも一度誤解すると、認識を一度は直しした筈なのに忘れてしまう知識がある。
弱ったもんだと思い、自戒のために下記の私の恥。もう間違えないようにするために。

吉田松陰と福沢諭吉

勝海舟と榎本武揚

この2人ずつ、どうにも誤解してしまう。えーん、恥ずかしい。

・吉田松陰は黒船に乗ろうなんてして、長州で松下村塾を作って思想的な影響を与えた、安政の暗獄で結局殺された人。辞世の歌の大和魂云々は、私は嫌い。

・福沢諭吉は、人の上に人を作らず**されども、と書き、慶応義塾大学を創った人。

なんか顔が似ていると感じるんだなあ、と。

・勝海舟は、江戸幕府内の改革派で、西郷隆盛との後の田町駅近くで会談して、江戸城の無血開城をした人。あれがなかったら戊辰戦争とか程度で終わらず、また日本はどうなっていたか。明治政府に入ったが日清戦争に反対し、欧米に対してアジアは共に闘うべきだとした人。最後は「コレデオシマイ」と言ったとか。実に偉いなあ、というイメージの人

・榎本武揚は、新撰組の土方歳三らと函館の五稜郭で戦ったが、降伏した後、なぜか明治政府で重用され少し卑怯なかなと思うが、日露戦争のはるか前に樺太・千島交換条約を締結した人(だから千島列島は、すべて日本のものの筈)。

なんかイメージが似ているんだよなあ。

人が時代を作り、また時代が人を作る、と。
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ