2012/11/5

「カルト宗教」取材したらこうだった  他の本など紹介

「カルト宗教」取材したらこうだった−藤倉善郎著
宝島社新書 750円くらい 2012.8.24


上記の本、面白いです。

幸福の科学、ライフスペース、スビリチュアル、その他諸々
カルト問題についての有効な予防策であり、
カルト問題の入門書的なものであると同時に、
対処する人の心構え、具体的な方策も示されている。

カルト団体への批判は、個人を愛しつつ、揶揄することが実は最も効果があると思っています。メンバー一人ひとりを愛しつつ、またその立場を尊重しながらも、
しかし「うーん、言ってることやってること、やはりおかしいよぉー」ということで。

「信じている」人というのは、論理や証拠で信じているのではない。
だから通例、理詰めで分かるものではないです。理詰めは、失礼だけれど幼いメンバーらの反発心を強くしてしまうだけのこともある。
まさに信仰ですから、個人間ではまずは信頼関係の醸成もっとも大切。で、言ってることはやっぱりおかしいょぉーと、余裕を持って時には指摘すること大切だと。

つまり外から見たらこうなんだ、と自己相対化を互いに知っていくということかと。

そんな本だと思います。
7



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ