2005/7/29

備忘録−DVD 「幻の光」  他の本など紹介

備忘録−DVD 「幻の光」

 映画です。是枝裕和監督の。
これが劇場映画としては、はじめての作品なんですね。
宮本輝氏の原作を映画化したものです。

 江角まき子の、初めて主演の映画です。「誰も知らない」のあの少年だけでなく、江角さんとか発掘の能力もあるんですね。

人の死、とは何?
が、監督の出発点なんだろうなぁと思います。

それまではドキュメンタリーをとってきた。
その手法がしっかり使われている。

で、「一般映画」に発展してきたのはとても良いことだと思う。
 以前書いた「誰も知らない」にしても、いろんな表現方法から「真実」を示したいと思うとき、「記録映画」であるドキュメンタリーの桎梏の中では、却って、描けない部分が多くなるのだから。

 そんなとき、気楽に「ドキュメンタリー」の当然の桎梏から離れることが薦められること。

 うん、この監督にはいつか、吉村昭著の、難破船物の映画化をして欲しいなぁなどと思う。

 それはきっと、今村昌平監督の「楢山節考」を超えるものになるのではないか、と思う。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ