2010/11/19

三菱電機のエアコン−配管センサ  日常のこと

うーん。

3年ほど前に2階から5階に引っ越した。
全面模様替えとともであり、エアコン2つは当方負担で入れた。

で、そのうち1つの具合が悪い。11月5日連絡

三菱電機(正確には三菱電機冷熱機販売株式会社かな)
ミスタースリムというシリーのもの
確認形式MPC-RP63GA2
製造番号5201446

そのシステムサービスの人に来てもらうと、温度センサーが壊れたようだ、とのこと。

修理見積もりは、11月8日
・技術料26000円、
・出張料3500円、
・配管サーミスター900円とのこと。
消費税を入れて31920円。

一方、修理キャンセルだと、初回訪問点検費として、9450円だと。

保証書をみれば、たしかに温度センサーの保証期間は1年間。

******

エアコンの温度センサーが壊れたなんて話、私は聞いたことがない。
35年くらい前から、色々なエアコンとは付き合っているが、こんなこと初めて。

エンジニアの人には、そう述べて欠陥じゃないの?上の人と相談してみて
と聞いたが、修理するならあくまで上記金額だということ。

結局、厄介なので、やってもらった。
11月17日、ちょちょいっと、900円の部品を取り換えていた。
部品コードは、RO1H25202
金31920円は、その場で支払い。
*****

ともあれ、今後、三菱電機の電機商品は買わないようにしようと決意した。
また、上記製品は、少なくとも1件、
3年ほどで温度センサーが壊れた事例があることを、ここにお伝えします。

草々
7



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ