2010/11/27

11月27日−公開講座  カルト・宗教・犯罪

下記集まりには、会場をあふれる175名もの方々が参加されました。
ありがとうございました。
狭くなってしまって、申し訳ありませんでした。
草々

11月27日−公開講座
************
平成22年9月28日
各   位
日本脱カルト協会(JSCPR)   代表理事  西田公昭

公開講座『大学におけるカルト問題の今−現場・理論・対策―』のお誘い
謹啓
 時下、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
日本脱カルト協会(The Japan Society for Cult Prevention and Recovery)は、1995年11月設立の、心理学者、聖職者、臨床心理士、弁護士、精神科医、宗教社会学者、カウンセラーそして「議論ある団体」の元メンバーやご家族等のメンバーから構成されているネットワークです。
破壊的カルトの諸問題、カルトに関わる個人および家族へのカウンセリング経験についての交流およびカルト予防策や社会復帰策等の研究をおこない、その成果を発展・普及させることを目的として、年2回の大会研修会、公開講座を開催するほか、同封の出版物・予防ビデオなどを発行しています。

つきましては、今年の公開講座は、下記の通り、日本学生相談学会の後援を得て開催する運びとなっております。
http://www.jscpr.org/activity.htm#20100831
日時−2010年11月27日(土)13:00-17:00 (12:30 開場)
場所−場所 東京国際大学早稲田キャンパス 多目的ホール
−東京都新宿区西早稲田2丁目6−1

−地図は−http://www.tiu.ac.jp/about_tiu/about/access.php
講演内容
■特別講演
滝本太郎(弁護士)「カルトメンバーの輩出と大学の責任」
■理論編
西田公昭(静岡県立大学)「キャンパス勧誘におけるマインド・コントロール影響力」
■現場編
鈴木衛人(JSCPR)「カルト勧誘阻止活動の現場から」
瓜生崇(大阪大学)「大学内での新入生勧誘手法の現在」
■対策編
宮野モモ子(千葉大学)「千葉大学の取り組み」
川島堅二(恵泉女学園大学)「全国カルト対策大学ネットワークの成果」
■全体討論
司会者 総合司会:浅野はずき(JSCPR) 全体討論:太刀掛俊之(大阪大学)
参加費等−当日受付、資料代1000円(学生聴講無料)
主催 日本脱カルト協会
後援 日本学生相談学会
 どうぞ、学生・生徒などが破壊的カルトに取り込まれて学業を放棄するなどの悲劇とならないように、また他の人を勧誘してその家庭を崩壊させたり、多大な金銭的被害を与え果ては刑事事犯まで起こすことのないよう、カルト問題への対応を強めていくべきものと考えています。
 つきましては、この問題に関係する方々につき、この公開講座にご参加くださるようお手配くだされたく、ご案内申し上げます。
敬 具
問合先−事務局
大和法律事務所−電話046-263-0130 fax046-263-0375 
***********
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ