2020/10/11

鉄分補給の旅 8 最終回  その他

 徒歩で西武秩父駅に戻った。

クリックすると元のサイズで表示します
 温泉施設開設による大改修で駅前も大きく変わった。こんなオブジェのある広場があり、その後ろに見えるのが祭の湯。

クリックすると元のサイズで表示します
 観光案内所の奥に見える山が秩父のシンボル「武甲山」だ。セメントの原料である石灰石を採掘して山体がこのようになった。ここから産出されたセメントは高度成長時代の東京でコンクリート建造物の建設に使われた。

クリックすると元のサイズで表示します
 帰りも奮発してラビューに乗るのだ。今回使った秩父漫遊切符が1,530円で別に買った特急券の合計が1,400円だ。往復乗車+わらじかつ丼とほとんど同じ額になった。これを無駄と感じるかは人によって違うだろう。

クリックすると元のサイズで表示します
 秩父駅に待機するラビュー。とても豪華で快適な車両で自分は特急券代の無駄を感じなかった。ただ、西武鉄道の特急は、西武新宿〜西武秩父の「特急ちちぶ」も池袋〜本川越の「特急小江戸」も走行距離が短くて乗車時間が短い。いい車両なのでもう少し長く乗れたらいいのにと思う。

クリックすると元のサイズで表示します
 西武秩父は終点駅なのでこのように先に線路はない。

クリックすると元のサイズで表示します
 所沢に戻りました。ここで下車して新宿線に乗り換え。ラビューは池袋方向に去っていく。

クリックすると元のサイズで表示します
 ラビューが去った右とは反対の左側から侵入する新宿線の車両。これは西武新宿行なので、自分が乗るのは逆方向の本川越行き。

クリックすると元のサイズで表示します
 終点本川越に着いた、出発駅に戻った訳だ。一寸した小旅行だったがいい鉄分補給になりました。
2

2020/10/3

鉄分補給の旅 7   その他

 お得なクーポンで昼食を食べお腹いっぱいになった。腹ごなしも兼ねて駅周辺散策をする。駅周辺と言っても、隣接する秩父鉄道の御花畑駅までだが。

クリックすると元のサイズで表示します
 祭の湯側の出口を出て左手に横断歩道があって、その突き当りの万年塀に沿って左に細い通路がある。これが秩父御花畑駅への経路だ。以前の仲見世だった頃はもっと分かりやすかったと記憶しているが、ここに何か案内がないと分かりにくいんじゃないかな。

クリックすると元のサイズで表示します
 左に折れて通路を進むと曲がり角にやっと案内看板が出ていた。いやぁ、狭い通路は一本道だし、ここじゃなくて入口に出さないと土地勘のない観光客には分かるまい。

クリックすると元のサイズで表示します
 通路を抜けて開けた場所で見つけたこのお店。「信濃の国の店 大八」という名の看板だ。これは気になるな〜。大八だから辰野辺りを意識しているだろう。ローメンとか出るだろうか??飲み屋さんで昼は開いていないから、これ以上確かめようがなかった。 

クリックすると元のサイズで表示します
 秩父鉄道の線路に行き当たり、右手に御花畑駅が見えてきました。さほど距離もなくこうして簡単に徒歩移動は可能だが、この微妙な距離感に私鉄同士の意地の張り合いを感じる。

クリックすると元のサイズで表示します
 同じ位置から反対側に目を向けると、左手の少し高い位置に西武秩父駅の跨線橋が見える。左側の線路がそこに向かって坂を上がっていくのが見えるが、これが秩父鉄道と西武鉄道の連接渡り線だ。

クリックすると元のサイズで表示します
 御花畑駅に入る通路。両側に看板が並んでいるが、右側は観光案内の絵看板になっている。

クリックすると元のサイズで表示します
 その中の1枚。パレオパラドキシア君のリアルな姿。観光案内所前にあった顔出し看板のかわいらしさとは大違いなのだ。

クリックすると元のサイズで表示します
 通路左側途中に立ち食い蕎麦屋があった。御花畑駅には駅舎にくっついていわゆる駅蕎麦屋が別にあるから、厳密には駅蕎麦屋ではないと思います。しかし、トビウオ出汁の蕎麦は気になる。しかしお腹一杯で食べられないとは残念だ。

クリックすると元のサイズで表示します
 御花畑駅に着きました。古い木造駅舎のいい感じの駅です。でも駅名の看板は「芝桜駅」とある。

クリックすると元のサイズで表示します
 正式な駅名は勿論「御花畑」だが、別名で「芝桜」とリングネームと言うかミドルネームが付いているのだ。ここは一面の芝桜で有名な羊山公園の最寄り駅なので観光目的で付けられているのだろう。

クリックすると元のサイズで表示します
 ちょっと薄暗い改札前。古くていい感じだ。大きな駅ではないが駅員も配置されていて利用客も結構多い。

クリックすると元のサイズで表示します
 駅舎が登録有形文化財になっていた。

クリックすると元のサイズで表示します
 ここにもいました鉄道娘。でも実際に駅にいるのはおっさんばかりだったぞ。

クリックすると元のサイズで表示します
 秩父鉄道は貨物列車も運行している。主な荷物は秩父名産のセメントだ。もちろん御花畑駅には停車しないで通過していく。

クリックすると元のサイズで表示します
 ちょっとの間に2編成が通過した。

 さて、西武秩父駅に帰ろうか。
1

2020/9/28

鉄分補給の旅 6  その他

 西武秩父駅は温泉施設「祭の湯」を開設した際に大改装されて以前の面影がなくなった。
前は西武線の西武秩父駅から秩父鉄道の御花畑駅に至る経路に仲見世があり、通路の両側にお土産物屋さんとか食堂などがずらりと並んでいた。改装後はメイン施設である祭の湯の手前にフードコートと土産物売り場が大部屋であるスタイルになった。両方とも祭の湯に入らなくても利用可能です。

クリックすると元のサイズで表示します
 そうそう、ラビューは2020ブルーリボン賞取りました。おめでとうございます。

クリックすると元のサイズで表示します
 こちらがフードコート。ホルモン焼き屋、味噌ラーメン屋、そば・うどん屋、わらじかつ丼屋、豚味噌丼屋、軽食(みそポテト・たこ焼き等)があって、好みで選んで席まで運んで食べる。和風の内装が落ち着いた雰囲気を出している。

クリックすると元のサイズで表示します
 ちょうちんにはそれぞれ何かの絵柄が入っているが、これは流行りのアマビエかな?

クリックすると元のサイズで表示します
 これって何だろう?しっぽのあるカエル??

クリックすると元のサイズで表示します
 フードコートの奥にある立派な唐破風が祭の湯の入口。温泉娘がお出迎えだ。

クリックすると元のサイズで表示します
 数ある店の中から僕が選んだのはここ。わらじかつ丼の「秩父わらじかつ亭」でした。駒ケ根名物ソースカツどんのような卵とじでなく甘めのソースで味付けたカツどん。違うのは「わらじ」の名の通り、肉を叩いて薄く延ばしてカツにしてあること。

クリックすると元のサイズで表示します
 カツが2枚乗った「並み」が970円なので、クーポンの利用額が950円だから少し自腹になる。僕は欲張って3枚乗った大盛なので確か1300円だったかな。小皿の漬物はこれも秩父名物のしゃくし菜漬け。4本目のビールもどき「金麦」も並べて記念撮影。

クリックすると元のサイズで表示します
 全部滅ぶ。
いや〜参った、お腹一杯です。もう少し飲みたかったけど小休止。
1

2020/9/27

鉄分補給の旅 5  その他

 西武秩父駅にて昼食タイム。

クリックすると元のサイズで表示します
 ちょっとガラスの写り込みで見辛いですが、車両先頭部にある前方撮影用のカメラ。これで撮った先頭の映像が車内で放映される。

クリックすると元のサイズで表示します
 西武秩父の駅舎です。前回来た時は駅と周辺施設は何もやっていなかったので閑散としていたが、今回は営業も再開していてそこそこ賑わっていた。

クリックすると元のサイズで表示します
 改札口。木製の太い柱や梁、和風の落ち着いた内装になっている。

クリックすると元のサイズで表示します
 天井照明も和風。

クリックすると元のサイズで表示します
 これは駅舎のすぐ近くにある観光案内所。前回はここも閉まっていたが今回は開ている。

クリックすると元のサイズで表示します
 案内所の前にある顔出し看板。秩父名物みそポテトとゆるキャラのポテくま君。みそポテトは小さめのジャガイモを茹でて串に刺し、甘めの味噌を塗って焼いたもの。ポテくま君の着ぐるみを着ているのは、アニメあの花のヒロインのメンマ。左のカバみたいなのは、秩父で化石が発見された海獣類のパレオパラドキシア。秩父はアニメ作品「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない」のメイン舞台で、聖地巡礼の名所になっている。

クリックすると元のサイズで表示します
 観光案内所の中の一角にある「あの花」コーナー。何年か前に来た時はもっと扱いが大きかったんだけど、さすがに縮小傾向だ。

クリックすると元のサイズで表示します
 萌えラベルの酒瓶もあります。

クリックすると元のサイズで表示します
 もう一つ萌えキャラを紹介。駅にある温泉の入口にあった温泉娘「秩父 美祭」これで「ちちぶ まつり」と読むのだそうだ。鉄道娘に温泉娘・・・あと何があったっけ?〇〇娘。
1

2020/9/24

鉄分補給の旅 4  その他

 所沢駅でラビュー11号に乗り換える。新型車両の特急に初乗車になるので気分も高まる。

クリックすると元のサイズで表示します
 ラビューが入線してきた。所沢駅は橋上駅舎なのでホームは屋根下で日陰になる。この車体、ステンレス地肌の銀色とつるっと丸い先端部がどう見ても大戦中のアメリカの爆撃機B29に見えてしまう。(あくまでも個人の感想です)

クリックすると元のサイズで表示します
 車内に入ると、なぜかトイレのドアが全開になっていた。車いす対応で広いです。

クリックすると元のサイズで表示します
 シートは黄色で、背もたれも高さがある。ヘッドレストも上下に可動して快適だ。

クリックすると元のサイズで表示します
 乗ったのが1号車だったので、運転台があり、大きなトイレがあり、車いす席(車いす固定スペース)ありと、他の車両と違い座席数が少ない。目の席の背面にこのようにテーブルがある。
 所沢で乗車した際は1号車が先頭だったが、飯能駅で進行方向が変わって最後尾になる。

クリックすると元のサイズで表示します
 席のひじ掛けにも小型テーブルが収納されている。席を回転して向かい合わせBOX仕様にした場合はこっちを使う。テーブルの下に電源コンセントもある。実際車内でノートパソコンで何か(仕事か?)している人が何人もいた。

クリックすると元のサイズで表示します
 大型液晶で情報表示量も豊富だ。ここに先頭車両からの走行画像も映し出された。

クリックすると元のサイズで表示します
 この車両は大きな窓がウリになっちる。ちょっと分かりにくいけど、席の座面と窓の下の高さがほど同じだ。

クリックすると元のサイズで表示します
 西部秩父駅に着きました。青い空に銀の車体が良く映える。

 さてさて、こちらも忘れずに。

クリックすると元のサイズで表示します
 車内で小江戸地ビール「マリハナ」開ける。

クリックすると元のサイズで表示します
 滅ぶ。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ