2018/7/30

轟天号を追いかけて7に先だって  飯田線の旅

 7月最後の土曜日28日に、夏の恒例行事となった感がある「轟天号を追いかけて」の第7回目が田切駅〜伊那市駅で行われた。なぜこの時期かというと、例年梅雨が明けて気圧配置が安定して好天が期待できるからなのだが、今年は梅雨が6月の終わりに明けてしまうし、台風12号が直撃ルートでやって来るしで、想定外の事態になった。
 そのあたりの事は次回以降にのんびりと紹介するとして、初回は轟天号の開会式の前に行われた記念碑の除幕式について紹介します。
 既に数年前に「アニメ聖地巡礼発祥の地」を全国に向けて高らかに宣言しているが、今回は「アニメ聖地巡礼発祥の地」の碑が建立されて、その除幕式が行われたのでした。

クリックすると元のサイズで表示します
 序幕前はこの状態でした。台風接近に備えてブルーシートで包んでロープでぐるぐる巻き。
場所は見ての通り田切駅下の駐車場で、元からある消火栓の横。ここは聖徳寺さんの駐車場なので、車1〜2台分のスペースを碑のために提供していただいたわけだ。


クリックすると元のサイズで表示します
 これが序幕後の碑。見ての通り「アニメ聖地巡礼発祥の地」と碑文が刻まれている。
建設にかかった費用は、あ〜るファンの寄付によるもので、行政機関も企業も関与していない。
 

クリックすると元のサイズで表示します
 裏面の文章。読めるかな?何分「大人の事情」というやつで、作品名もキャラクター名も書かれていない。でもまあ、ところどころ文字サイズが大きくて、ゴシック体の文字があるのが分かるだろうか。それをつなげると「きゅうきょくちょうじ・・・・・」となる仕掛けになっている。

 さて、こうして「発祥の地」を宣言した碑が公開されたわけだが、当然のように賛同する人、どうでもいい人と、反対する、反感を持つ人もいるであろう事は容易に想像できる。
 以下は私の意見だが、この発祥の地の理念は以下の3項目から立ち上がっている。
1.第3者から客観的に確認できる記録がある事。
  「俺はこれより早い○○年に○○を見て○○を訪れたから、そっちの方が発祥だ!」と
いう記憶や私的記録ではなく、動かしがたい記録が残っているという事。
2.当時から現在に至るまで、継続的にファンが訪れている事。
3.画面に出た景観がそれと分かる形状で現在も残っている事。
 
 と、偉そうに言ったけれど、僕自身「発祥の地」だと思い入れがある作品や土地はあっちこっちに乱立していいと思っています。だから、反論がある人やサークルの皆様は、苦情を申し立てるのでは無く、自分たちもいろいろと苦労して碑を建てたらいいと思う。こうした実物、しかも小さくは無い、を作り上げるには相当の苦労がある。その苦労を知った上で「発祥の地」繋がりで楽しく酒を酌み交わしたい。発祥の地全国大会なんか出来たらかなり面白いと思います。

 文末に、この石碑の建立に並々ならぬ熱意であたり、ついに現実の物とした主催者の方に敬意を称します。

 次回からは轟天号を追いかけて7〜田切駅大掃除の様子をご紹介します。   
3

2018/4/8

春の田切駅大掃除旅5 最終回  飯田線の旅

 切石駅から天竜峡駅へ向かう。

クリックすると元のサイズで表示します
 切石に天竜峡行きの列車が入ってきた。カーブでは遠心力に対応するために「カント」と呼ばれる傾斜が付けられる。つまりカーブの外側のレールが、内側のレールより高くなるのだが、当然車体もカーブの外側が高くなる。この高低差もホームとの隙間を広げる要因になる。


クリックすると元のサイズで表示します
 下山村駅の待合が建て替えられているのを車内から撮影。飯田市内巡回ループ電車と競争の出発駅としてあ〜るのOVAに出てきた駅だが、こうしてまたOVAの風景が無くなった。


クリックすると元のサイズで表示します
 天竜峡駅に着いた。飯田春の観光祭りの幟がはためいていた。かつてこの幟の場所にキヨスクと駅そば屋があったのだ。


クリックすると元のサイズで表示します
 駅前の様子。シャッターが降りている場所はお土産物屋とパン屋だったかな?があった。今は両方やっていない。そば屋は写っている店の他にもう1件すぐ近くで営業している。駅前も寂しくなったものだ。


クリックすると元のサイズで表示します
 駅前に駐まっているタクシー。ドアのストライプに注目すると、リニアモーターカーの車両だ。地元の期待の表れだろう。


クリックすると元のサイズで表示します
 天竜峡駅のすぐ前のスーパーマーケット「キクヤ」さん。おにぎりやパンにお菓子、ジュースやビールなど買い出しに重宝した店だが・・・


クリックすると元のサイズで表示します
 この3月末で閉店になった。特に食糧事情の悪い飯田線の南部地域で、更に食糧事情が悪くなった。


クリックすると元のサイズで表示します
 駅のホーム1番線にある天竜ライン下りを宣伝する2人組。この2人だけは昔から変わらない。


クリックすると元のサイズで表示します
 駅から天竜川方向を見る.かつてここには大きなホテルが3件あった。今は全て無い。建物もすべて解体されて更地になった。

 ここで、僕は反転して岡谷の向かう電車に乗った。他の同行者は中部天竜方面に南下する。
今回も良い旅でした。
2

2018/4/7

春の田切駅大掃除旅4  飯田線の旅

 切石駅を紹介します。弁慶が切った石がこのあたりにあるので「切石」と言う地名なのだそうですが、どこにあるのやら分からない。ぜひ見てみたいと思います。詳細な場所を知っている人がいたら教えてください。

クリックすると元のサイズで表示します
 駅の近くにホームを見下ろせる場所があった。こうして見ると急なカーブ上にホームがあるのが分かる。現在飯田線の駅で最急カーブにある駅で、カーブの大きさは「R160」つまり半径160mの円周だ。何でわざわざカーブ上に作るんだ?直線部分だってあるだろうに。と思いますが、開設時にはいろいろと配慮事項や判断があったのだろう。


クリックすると元のサイズで表示します
 駅の裏側に付きました。ホーム上の待合の背中側と、右横の木造の小屋はトイレです。


クリックすると元のサイズで表示します
 駅入り口の前には専用駐輪場がある。屋根も壁もないしあまり広くはないが、駅の真ん前に無料の駐輪場があるのはすごい。

クリックすると元のサイズで表示します
 駅入り口、と言ってもホームに上がる階段だが、こんな注意書きがあった。ひん曲がったホームに、真っ直ぐな列車が入ってくるわけだから、車体の中央部分はホームの縁からだいぶ離れることになる。


クリックすると元のサイズで表示します
 駅のトイレ、通称「駅便」だ。こちらは木造でかなり古い。


クリックすると元のサイズで表示します
 飯田方面行きの列車が入ってきました。見ての通り車体は真っ直ぐ、ホームは急カーブ。


クリックすると元のサイズで表示します
 こんな風に、車体中央はホームからこれだけ離れて隙間が出来る。たまたま車体中央にドアがない車両だったから大丈夫だけど、両端のドアだって結構隙間が空いている。
 ホーム上の人と対比しても、人がはまり込むくらいの隙間が分かりますね。


クリックすると元のサイズで表示します
 ホーム上で真ん中のドアの位置に当たる場所には、こんな注意書きがあった。
小さな駅ですが、見所が一杯でした。
1
タグ: 切石駅

2018/4/6

春の田切駅大掃除旅3  飯田線の旅

 田切駅掃除の写真もまだだいぶあるので、それは回を改めて公開します。
さて今回は、大掃除も終わって、それぞれの参加者がそれぞれの交通手段でそれぞれの帰路についたところから始まる。我々は今宵の宿を切石駅近傍の温泉付きホテルに取っていたので、南下する飯田線に乗って取りあえず飯田駅を目指す。

クリックすると元のサイズで表示します
 改札を出ると自販機の横にこんな顔出し看板があった。


クリックすると元のサイズで表示します
 最近の飯田線南部地域と言えば「秘境駅」が看板メニュー。秘境駅最中売ってます!そして秘境駅Tシャツも売ってました。ん〜〜、どうだろうこのセンス??楽しいとは思うけど、お土産にしたらもらった人は腰砕けになるだろうな〜〜。


クリックすると元のサイズで表示します
 夕暮れの飯田駅。赤い屋根の色はリンゴをイメージしているらしい。なかなかかわいい駅舎だ。

 
クリックすると元のサイズで表示します
 駅前の大通りを下って、焼き肉屋さんの「徳山」を目指す。飯田では飲み会の2次会で焼き肉屋に行くのが大定番なのだそうだ。この徳山はとある方から紹介された地元民に人気の美味しい店とのこと。我々は2次会ではなく夕食を兼ねての大掃除打ち上げ会、つまり1次会だ。肉もビールも美味しかったが、どんぶりに山盛り飯200円が嬉しかった。楽しい夕食になりました。

 飯田駅に戻って、駅前でタクシーを拾って今宵の宿へ移動した。歩いて行くなら切石が最寄り駅だ。


クリックすると元のサイズで表示します
 宿は温泉付きのビジネスホテルみたいな感じだった。温泉も良かったし部屋も広かったが、部屋に風呂というかシャワーも付いていなかった。
 中華風バイキングの朝食を済ませて宿を出る。切石駅まで歩いて行くのだ。


クリックすると元のサイズで表示します
 宿は中央高速寄りの高台の上の方、駅は反対に天竜川の方なので、結構急な坂道を下っていく。飯田の象徴、風越山(だと思います)が見えた。綺麗な景色だ。


クリックすると元のサイズで表示します
 切石駅が見えてきた。この駅なかなか面白いです。
2
タグ: 切石駅

2018/4/4

春の田切駅大掃除旅2  飯田線の旅

 駅そばで昼食を済ませ、まだ少し乗換時間があるので小淵沢駅の散策する。

クリックすると元のサイズで表示します
 改札の近くに粘土人形が飾ってあった。武田信玄公と上杉謙信公の川中島合戦の有名シーンと大河ドラマで人気だった真田幸村だ。


クリックすると元のサイズで表示します
 自動改札はタッチ式。建て替えで駅舎も設備も近代化した。


クリックすると元のサイズで表示します
 こちらは小淵沢から分岐する小海線のホーム。かつて大ブームになった野辺山や小海を経て軽井沢方面に抜ける。高原鉄道のイメージにふさわしい駅名板だ。


クリックすると元のサイズで表示します
 小海線のハイブリッド車両と、先ほどまで乗っていたホリデー快速ビューやまなしがほぼ同時に入線してきた。もう少しで完全に併走のタイミングだったが、見ての通りビューやまなしが少し遅れた。そうそう思い通りには行かないのだ。


クリックすると元のサイズで表示します
 乗り換えの普通列車が入ってきた。これに乗って次の乗換駅に向かう。


クリックすると元のサイズで表示します
 飯田線への乗り換えは、いつもの通り岡谷だ。2番線に入線し下車。飯田線の乗り継ぎ列車は岡谷始発ではないので、同じ2番線に入ってくる。飯田線専用の0番ホームは使わないのだ。


クリックすると元のサイズで表示します
 塩尻方面から列車が入ってくる、岡谷で進行方向が変わって飯田線に入る。


クリックすると元のサイズで表示します
 目的地田切に着きました。列車は飯田見向けて走り去る。時間は15時少し過ぎ。
これから田切駅の大掃除を大々的に行うのだ!

 大掃除の様子は速報の回で紹介したので、次は掃除後になります。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ