2018/3/28

春の田切駅大掃除旅1  飯田線の旅

 春の田切駅大掃除旅の紹介です。

クリックすると元のサイズで表示します
 今回の旅は3月24日新宿発09:02の臨時列車「ホリデー快速ビューやまなし」で始まる。
一応指定席券を事前に確保してあるので、安心してホームに向かうと思いのほか早く入線していた。


クリックすると元のサイズで表示します
 DDL見ての通り2階建ての車両で編成されているが、すべてが2階建てというわけではなく、車端部は普通に1階建てなのだ。1階建て部分は、まあ当たり前に普通の席だが、ここだけ荷物を載せる網棚が普通にあるので、指定席券を撮る際に「1階部分の席」と指定した。


クリックすると元のサイズで表示します
 列車の先頭部分。運転席が高い位置にあって、なんか鼻の下が長いような印象がある。


クリックすると元のサイズで表示します
 これが1階だけ部分の座席。網棚が普通に広い!荷物が置けて便利だけど、車端部なので揺れが大きいのが弱点。席も全く背もたれがリクライニングしないので、くつろぎ感はゼロ。元々が通勤用車両だから仕方ないけど。


クリックすると元のサイズで表示します
 2階建て部分の1階席というか地下席。こんな感じで視界が低い。車窓の視界が良くないせいか不人気で、2階席はそこそこ埋まっているのに、地下席はガラガラだ。


クリックすると元のサイズで表示します
 新宿を出たときには一階部分席もガラガラで、自分たち以外は誰も座っていなかったが、立川〜八王子と進むうちに埋まっていった。

 指定席車両なのに、どう見ても指定券を持っていないであろう乗客が、当たり前のように乗り込んできて空いた席に座っていた。車内検札もなかったし、どうにかならないのか?指定席券代金を払っているのが馬鹿らしくなる。


クリックすると元のサイズで表示します
 終点の小淵沢駅に着きました。ここで普通列車に乗り換える時間で昼食を取る。改札外の駅そば屋でそばを食べる。小淵沢の駅舎は丸ごと建て替わった。以前はホーム上にあった駅そば屋が改札外になったので不便になった。
 僕の選択は信州名物「山賊焼のそば+かき揚げ天ぷら」520円!美味しかったです。

 昼食を食べ、信州を目指して先に進む。
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ