2014/8/12

轟天号を追いかけて2014 その8  飯田線の旅

 出走シーンの後半です。
スタートし始めると、少しの時間差で次々に参加者が田切を出て行きます。

クリックすると元のサイズで表示します
 B組以降は一般道走行です。と言ってもコース自体は参加者の判断に任されているのでどこを通るかは分かりませんが。

クリックすると元のサイズで表示します
 先頭の人の自転車のタイヤ凄く小さいです。今回参加自転車で最小のタイヤサイズです。死ぬ気で思いっきりこいで20キロくらいしか出ないとのことでした。田切駅〜伊那市駅前が約17キロ、その間で信号停止とかありますから、つまり終始思いっきりこがないと駄目ってことでしょうか??大変ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
 この日はコース上の駒ヶ根駅でもお祭りがあって、自転車で駒ヶ根駅に寄ればアイスクリームがもらえることになっています。何人が寄ってアイスを手に入れるのか?

クリックすると元のサイズで表示します
 でも駒ヶ根駅によると確実に遠回りで時間を食います。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
 こちらは、どっこんの人(頭はないけど)ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
 
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
 コート脱いでるけど刑事さん。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
 マルチさんが来たってことは最終組ですね。最終組とはいえ彼(?)は火山峠に挑みます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 こうして全ての参加者が田切駅下を出発しました。ゴールお出迎え組の参加者は既に列車で移動しています。残っているのは車で伊那市に移動する人と裏方の僕等だけ。
 ついさっきまでの賑わいや熱気が嘘のように静まりかえっています。
1
タグ: 轟天号



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ