2012/3/1

冬の田切大掃除の旅06  飯田線の旅

 部長じゃ〜!風呂から出たら昼食じゃい。温泉街には何件も食事処があるが、やはり目立つのは蕎麦屋だ。さすがに蕎麦の名産地信州だ。わしら一行はその中から只者ではない風情の店をチョイスして入った。

 店内にはすごい数の民芸品が飾ってある。やはり只者ではない。わしの向かって右後ろの福助の目がちょっと怖いぞ。
クリックすると元のサイズで表示します

 風呂上りといえば・・やっぱりビールが一番!こりゃたまらん。
クリックすると元のサイズで表示します

 ビールのおまけに出てきたのはやっぱり信州名物の野沢菜漬け。シャキシャキして実にビールにあう。
クリックすると元のサイズで表示します

 そしてこれまた新種名物の馬刺し。この蕎麦屋で「馬刺し」をオーダーすると、このように赤身とさしが大量に入ったトロのような身、それに中トロに当たる3色の肉がでる。それぞれに味わいがあって旨い。更に添えられた薬味はおろし生姜だが、おろしニンニクのチューブも付けてくれた。薬味は好みに応じて使い分けるのだ。わしは生姜が好みじゃ〜。
クリックすると元のサイズで表示します

 そして最近売り出し中の新名物がこれ、「信州サーモン」だ。ニジマスとブラウントラウトを交配させた新品種で、臭みが無い。これだけが店内のお品書きに値段が書いてなかった。つまり時価と言う事か?と思ったら、「○○円分」とオーダーすると、その分だけ切ってくれるのだった。写真の皿にのった分で1000円だ。
クリックすると元のサイズで表示します

 最後はこれ、やはり蕎麦屋で信州蕎麦を食わない手は無い。具がいっぱいのっているが、これは「たぬき蕎麦」を注文したら出てきたもの。かまぼこの細切、わかめ、きのこ、ワラビなんかがのっている。御得感満載じゃ〜。
クリックすると元のサイズで表示します

 なんか食べ物の写真ばかりになったが、これもまたわしらしいって事で。
帰りは適当なバスの便が無かったので、歩いて湯田中駅に戻が、天気は良いし下りだからまったく問題ない。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ