2010/12/18

青森・北海道旅行16  その他

 青森駅近傍で2泊目の宿に入る。こちらはビジネスホテルだが温泉施設が併設されていて、宿泊客は自由に出入りできる。駅から歩いて移動できる範囲で温泉に入って泊まれるのだから便利で快適だ。この宿をチョイスしたのも、例によって事前の調査に抜かりのないみやした君だ。
 宿に入ると、すかさず温泉に入る。宿泊プランは、風呂上りに生ビール1杯付きだったので、当然のように湯上りに併設の食堂でビールを飲んでしまうのだった。ビールだけだと寂しいので券売機でイカとホタテの刺身をかって食べる。値段の割りに量も味もなかなかよく満足である。
 夕食はホテルを出て外の居酒屋で地物の魚などを食べつつ旨い酒を飲もう!ということで、これまた事前にリストアップしてあった店に向かうのだが・・・さほど遅い時間でもないのに商店街の店が軒並み閉まっている。どうやら明日からのねぶた祭りに備えて早仕舞いしたようだ。路地をさ迷い歩きリスト3軒目の居酒屋に落ち着く。
 旅の楽しみの中で、地元の旨い物を食べるのは比率が高い。だからその良し悪しで旅の印象がほぼ決まってしまう事がある。以前の飯田での一件は最悪の思い出として未だに残っているが、今宵の青森は最高にいい気分だった。魚類が焼き物も刺身も格別に旨かった。詳しい内容は飲み食いに専念した為に写真を撮り忘れた。細部は局長のブログの過去記事に出ているので参照されたし。局長も言っているが、東京の居酒屋で同じ内容だったら倍以上の料金になったろうな〜。

 さて一夜明け、相変わらず天気は悪い。旅の最終日は五能線の青森側を堪能しよう!特に五能線自慢のリゾートトレイン「しらかみ」に乗るのが目的なのだ。

クリックすると元のサイズで表示します
 入線してきた「しらかみ」3編成の内、オレンジ系の車体が目立つ「くまげら」だ。早速部長が記念撮影。

クリックすると元のサイズで表示します
 「しらかみ」はそれぞれに塗装が違う。しかしこの面構え、僕はちょんまげつけてるように見えるんだけど、どうっすか?

クリックすると元のサイズで表示します
 運転席のすぐ後ろは、フリースペースになってるのはお約束。あまり長居しないように座りの悪いシートがあって、記念スタンプや観光パンフが置かれている。

クリックすると元のサイズで表示します
 座席車両は、特急並みのグレードで快適そうだ。

クリックすると元のサイズで表示します
 僕らの乗ったのは、こちらのセミコンパート車両。定員4人だが6人掛け程度の広さがある。広いのは快適だが、その分背もたれはリクライニングしないのだ。大きなテーブルは大変便利。やはりリゾート車両にテーブルは必須だ。早速買ってきた缶ビールが載っている。

クリックすると元のサイズで表示します
 シートを少し動かすと、フラットなお座敷スペースに変わる。この状態でも大テーブルが使えるのは便利だ。こちらの方が寛ぐという人も居るのだろう。

 今回の五能線の旅は、切符の関係で五所川原迄しか行けない。五能線らしい海岸線の風景は見られないが、それはまた次回のお楽しみにしよう。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ