2010/10/31

青森・北海道旅行14  その他

 今日で10月も終わり当然明日から11月、したがって今年もあと2ヶ月を残すのみになってしまいました。そろそろ冬の田切大掃除旅行の計画をしなくては・・・。

 森駅での長い昼食休憩が終わり、いよいよ我々が乗るSL函館大沼号が入線準備を始める。離れた所で石炭補給や給水を終えた機関車が、バックで入線してきた。運転手は当然後ろを向いて操縦しているわけで、なかなか器用なものだと感心する。
クリックすると元のサイズで表示します

 駅舎寄りの1番線に列車が入っている。画面一番奥の方が函館方向で、蒸気機関車はその先端側に接続する。
クリックすると元のサイズで表示します

 旧型客車と旧型調(旧型風?)客車で、濃い茶色の色合いがシックだ。車体横には専用のサボが入っている。 
クリックすると元のサイズで表示します

 車内の電灯も懐かしい電球色で落ち着きがある。こういった演出も旅に彩を添える。
クリックすると元のサイズで表示します

 僕らの乗った車両には、カウンターがあって、飲み物やスナック類、そしておみやげ物などを売っている。また小さいながらオープンスペースもあり、今回の旅ではそこで何回かイベントをやった。イベントは昔風の濃緑色のドレスを着たおねーさんが仕切っていたが、JRの関係者か、旅行会社の人かは分からなかった。
クリックすると元のサイズで表示します

 早速こんな物を買ってきてしまう。地ビールの大沼ビールとビンに入ったプリンだ。どちらも地の物で美味しかった。
クリックすると元のサイズで表示します

 途中駅で停車したホームの反対側に新幹線が入線していた。って、北海道にはまだ新幹線は無いんじゃぁ??駅は流山温泉、確かにホームの反対側だが、使用している線路ではなく、ただ置いてあるだけ。つまり静態保存車両だ。
クリックすると元のサイズで表示します

 反対側の先頭車両は塗装がひどく痛んでいた。見てのとおりボロボロだ。このような状態の保存車を見ると悲しくなる。
クリックすると元のサイズで表示します

 雨が降る中、例のドレスのおねーさんが車窓の観光案内を熱心にするのだが、何しろ雲が低くてほとんど見えない。晴れていたらさぞ良い眺めなのだろうと思うが、まあ、これはこれでよいのだ。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ