2009/9/30

夏の大掃除7  飯田線の旅

 岡谷での長時間停車中に、それぞれ別行動をしていたみやした君と山中君が合流した。現在は飯田線の列車の本数が極端に少ないので、北から集合時間に間に合う適当な列車がこれしかないためだ。これも悲しい現実といえる。
 列車は岡谷を出て一路田切に向かう。北部でも木造駅舎の建て替えが進んでいるのを車窓から見る。やがて中田切川のΩカーブを車輪をきしませながら通過する。かつて飯田線でも最大の撮影名所だったここも、土手の草が伸び放題。田んぼの畦に三脚を立てる人を見なくなった。こうして田切に着く。駅には自家用車で参加したYuki氏が待っていた。
 さあ、この旅の目的「夏の田切駅大掃除」をするのだ。

 ホーム上の写真ですが、どこか違和感というか春と違った点が・・気がつくだろうか?そう土手の大きなクルミの木が根こそぎ伐採されて、眺めが良くなっているのだ。
クリックすると元のサイズで表示します

 僕らが最初にここを訪れた頃も、こんな感じで見晴らしが良かった。時間が一気に戻ったような錯覚を覚える。

 待合いの中に落書きがないのを確認し、階段清掃をする。おやおや、汚れではないが階段のコンクリが老朽化でボロボロだ。コンクリートパネルもあちこち外れてしまっている。これは危険だ。だが、土木修理は守備範囲外でどうすることも出来ない。
クリックすると元のサイズで表示します

 外れたパネルは横によけてあった。ホーム・待合いの床・駅下の便所・線路や待合い下のゴミ拾い等々、掃除はつつがなく終了した。
クリックすると元のサイズで表示します

 空にはまだ入道雲が。夏の名残の空だ。掃除が終わり、気持ちの上でも秋が訪れる。
クリックすると元のサイズで表示します

 部長は今日も元気でした。
クリックすると元のサイズで表示します

 春・夏と土曜の夕方に掃除をしたが、冬は日が落ちるのが早いのでこの時間では掃除は出来ないだろう。そうなると定例通り日曜の朝8時30分からに決まりだろうか。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ