2009/8/24

横田基地祭2  その他

 せっかくだから、航空祭で並んでいた飛行機類を紹介しとこう。
掲載は入り口側から並んでいた順。細かい諸元なんかはマニアの方にお任せするとして僕の感想をコメントしましょう。

 一番端にあったのがこいつF-16。単座でエンジン一つの戦闘機で、「小さい」ってのが見たときの感想。これだけが置いてあったら結構でかいんだろうが、他の機体に比べると、やはり小さく見える。翼の下には燃料タンク、翼端の細いミサイルはサイドワインダーかな?
クリックすると元のサイズで表示します

 次がこれ、A-10。戦闘機ではなく対地攻撃機。最近はステルス機のせいで出番が減ったけど、まだまだ現役。機首の下側に突き出た円筒は7砲身の30ミリバルカン砲。さて、ガンダムの頭のバルカン砲はこの倍の口径の60ミリで、しかも連装・・・・絶対あの頭には入らないと思うけどなぁ。
クリックすると元のサイズで表示します

 まだ主力のF-15。日本でも使っている。エンジンも2コ付いててでかいです。
クリックすると元のサイズで表示します

 FA-18。何機か並んでいたがこいつだけなぜかこの派手な塗装。デモ用だろうけどアニメっぽいですね〜。
クリックすると元のサイズで表示します

 おっと、こいつは日の丸が付いてる。F-16に似てるけど、F-2支援戦闘機。もっとも本家F-16に比べてどれ程戦闘力が向上しているのか?かなり疑問だ。なにしろ火器管制や操縦制御のコンピュータの性能が向上していても、機体設計そのものが古いからね〜。
クリックすると元のサイズで表示します

 お懐かしやのF-4だけど、機首の形状を見れば分かるように偵察用のR型。野ねずみの鼻面が少し長めで、機関砲ではなくカメラが付いている。
クリックすると元のサイズで表示します

 こちらも空自のC-1輸送機。短距離離陸性能は優れているが、ジェットエンジンで音が大きい上、政治的配慮で航続距離が短い。物もあまり積めない。海外任務であまり役に立たない。こういった輸送機を選定しちゃうところが税金の無駄遣いと言うのだ。
クリックすると元のサイズで表示します

 純国産の高度練習機T-4。全部国産てのが売りだけど、果たして100%国産なのか?どうなんでしょうねぇ。
クリックすると元のサイズで表示します

 戦闘機型のF-4ファントム。僕の世代の人は戦闘機と言えばこれを思い浮かべるのではないだろうか??しかしまぁ、旧式機です。
クリックすると元のサイズで表示します

 哨戒機かな?
クリックすると元のサイズで表示します

 で、一番奥にあった戦闘機。前回とは別アングルのF-22です。さて、解像度を下げた写真なので分からないかも知れないけど、この機体だけ、張りぼてチックで実物感が少ない。表面処理が非常に滑らかなせいだろう。飛行機とはいえ近くで見ると表面には結構小さな凹みやゆがみがあるものだ。それ故にそこに物がある感じがするのだが、こいつはあまりに綺麗な平面構成で、まるでCGで合成されているような違和感がある。キャノピーもこの機体だけ金色のメッシュが入っていて中が見えない。
クリックすると元のサイズで表示します

 これで前半終わりです。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ