2008/6/12

今あかされる衝撃の真実!  その他

 さて、パレオ君だ。ピンクの方は、後付で「パレナ」だが、青い方は最初っから「パレオ」君だ。この“パレオ”はパレオパラドキシアの前半部分を略して付けられた名前で、初登場は平成13年5月26日らしい。秩父鉄道の女性社員がデザインしたという噂も聞いたことがある。局長は大きな目が、どう見ても鼻の穴のように見える!と言っているが、そう言われればそう見えなくもないナ。

クリックすると元のサイズで表示します

 どうっすか?鼻の穴にも見えるでしょ?
さて、じゃあ“パレオパラドキシア”って何だ?というと、秩父で発掘された海獣類の化石で、どんなやつかというと↓これ!

クリックすると元のサイズで表示します

 う〜ん、間の抜けたカバだ。この復元像は秩父のとある公園にあるのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

 アングルを変えてもう1枚。うわ〜、頭でかっ!あまりかわいくない。キャラクター化されたパレオ君は、かなり「美化」というか「かわいい化」されてますね。

クリックすると元のサイズで表示します

 親子でそろって・・・。尻を向けた一番デカイのが「パレオ君」、奥にいるのが「パレナちゃん」真ん中の小さいのがその子供ですね。ゆくゆくは秩父鉄道の方も子供が産まれるかもしれない。

 実は、パレオエクスプレスが初めて運転されたときは、この「カバそのもの」が車体に描かれてたんですが、さすがに子供には馴染まなかったようで・・・。

 今晩、カバに追いかけ回される夢を見ますよ〜。

 
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ