2008/4/29

春の旅12  飯田線の旅

 前例のない優雅な朝食をとったあと、荷物をまとめて宿を出発する。
今回の掃除はいつもの時程を変更して開始時間を10時とした。いつもなら朝8時半開始だから、とにかく朝は余裕がない。早起きして朝食を食べずに列車に飛び乗るか、せいぜい駅でそばを食べるのがやっとだった。しかも、伊那市駅も駒ヶ根駅もソバ屋が廃業してしまっていて、早朝の朝食を食べるのが困難を極めている。
 しかし、今回はゆっくり起きて優雅に朝食をとって・・・凄い余裕だ。
ただし高遠の更に山奥から田切駅までの所要時間が正確に分からないので、おおよそ1時間と見積もり9時には移動開始した。結果として1時間は掛からなかった。

クリックすると元のサイズで表示します

 田切駅に入ってくる上り方面(豊橋方面)行きの列車、119系。この辺りは標高が高いとは言え、もうすっかり春で、雪もなければ霜もない。

クリックすると元のサイズで表示します

 田切駅ホームの伊那市寄り先端部から見た景色。この見慣れた風景も僕らが来始めた頃に比べるとだいぶ変わった。左上部に2台車が停まっている三角形の空き地には普通の民家があった。雑貨屋だった小松屋も酒屋の下村酒店も閉店してしまった。実に寂しい。

クリックすると元のサイズで表示します

 ホームから下に見える便所。築堤に草の伸びていないこの時期だけ、こうやって直接見ることが出来るのだ。相変わらず個室の扉は取っ手が壊れたままだった。

 僕らが10時少し前に駅下の駐車場に着いたとき、ホームには既に亀さんがいた。長年の習慣とは恐ろしいもので、8時半から駅にいたそうだ。
 さあ、いよいよ掃除を始めますか。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ