2008/3/24

SL  その他

 3月22日(土)秩父鉄道のSL「パレオエクスプレス」が今年の運行初日を迎えた。
天気も大変良く、実に撮影日和だ。そこでカメラを抱えて撮影に行ってきた。
 パレオエクスプレスは都心から一番近いSLと言うことで、手軽に乗れるので人気があるようだ。運行区間は熊谷〜三峰口だが、東武東上線と接続のある寄居駅から船下り有名な長瀞駅まで短区間だけ乗るツアー客も多い。指定席が1車両で指定券が700円。座席指定のない乗車整理券は500円でこちらは2車両用意されている。

クリックすると元のサイズで表示します

 終点の三峰口駅。山間のどん詰まりの駅で、三峰山への登山口になっているのだが、秩父鉄道運営の三峰山ロープウェイが廃止されてからは、少し客足が減ったように思う。

クリックすると元のサイズで表示します

 三峰口の2駅手前の武州日野駅そばの踏切で撮影。初日専用の赤いヘッドマークと緑地のナンバープレートでの運転。敷地内や線路脇の土手で三脚を立てる鉄道撮影ファンが多数見られた。

クリックすると元のサイズで表示します

 三峰口で給水中の機関車。さっきまで走っていたので釜が熱く、周囲に熱気がこもっている。この赤のヘッドマークと、緑のプレート(先頭・背面・側面2枚)4枚はオークションで販売される。詳細は↓ここ。

 http://www.chichibu-railway.co.jp/topi/info/mt/2008/03/080321-1.html

クリックすると元のサイズで表示します

 運転室。静態保存車両とは違い、人が触る装置類、レバーやハンドルは曇りなく輝いている。しかし、ハンドル類が現在の電車などに比べてやたらと多い。運転手さんは大変だろう。

クリックすると元のサイズで表示します

 午後の帰りの運転。三峰口駅のすぐ近くの踏切にて。順光にならず正面に光が回らない。帰りもツアー客が減った割には乗車率は高かった。客車は窓が開けられるので、こんな天気の良い日は気持ちいいだろう。秩父鉄道は1日フリー乗車切符を大人1400円で売っている。熊谷〜三峰口の往復でも元になるが、長瀞等の観光駅で途中下車したりすれば大変お得だ。

クリックすると元のサイズで表示します

 最後に、新幹線が踏切を渡ってる?幼稚園の送迎用スクールバスだ。

 さて、今週末、田切の大掃除に向かう。今回僕は車両移動する。なお、いつもは日曜朝8時半から開始の掃除時間を、10時から開始で12時頃解散に変更しています。もし遊びに来る方がいたらご注意を。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ