2007/3/22

2007田切冬の大掃除7  飯田線の旅

 さて、長電で写真をとったら、本日の宿である「信州健康ランド」へさっさと向かう。せっかくの(多分)温泉だから、入浴時間をしっかり取ろうという訳だ。場所は松本から少し南下して塩尻駅のそばなのだ。
クリックすると元のサイズで表示します
 入り口の歓迎看板なのだが、中央部に注目。ちゃんと「光画部」ご一行様が歓迎されているのだ。今夜はここで宴会までする予定で、ちゃんと予約を入れてあるのだった。
 しかしまあ、日が落ちてからさらに気温が下がり、道が凍り付いている。横殴りの吹雪で、駅から健康ランドまでの僅かな距離、多分1キロ弱で遭難しちゃいそうな状況なのだ。
 健康ランドは風呂と休憩所と宿泊客用の雑魚寝スペースと、普通のビジネスホテルのような部屋があって、雑魚寝なら安く泊まれる。部屋を取ると安めビジネスホテルに泊まるのと同程度の値段だ。

 さて、宴会で軽く飲んで、早めに就寝する。なぜなら、明日の朝の動き出しが早いからだ。田切に朝8時半までに着かねばならぬので、6時前に電車に乗らなければならない。夏場ならどうって事無いが、この次期はまだ真っ暗だし、大雪の悪天候の真っ只中なのだ。こいつはけっこ厳しいぞ。
クリックすると元のサイズで表示します
 中央線旧線で活躍する「ミニエコー」塩尻〜辰野間をのどかに往復運動する。単行でロングシート仕様。前面に雪が張り付いている。車内は強めの暖房で暖かい。外がものすごく寒いので、こいつはありがたい。辰野までこれのお世話になるのだ。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ