2006/11/10

寒い冬  その他

 ここ2〜3日で急に寒くなった。朝方は車のガラスに薄く氷が張るほどだ。いよいよ冬本番と言ったところだろうか。裏山も6合目付近まで雪で白くなった。

 さて胃の具合は相変わらず良くないが、取りあえず、すぐには死なないですむようなので気持ちは落ち着いている。仕事がとてつもなく忙しいので、ゆっくり養生している暇もないのだが、こんな時こそゆっくり温泉にでも浸りたいものだ。
 生きているって事は、それだけで「いいよにゃ〜」と感じている。ここ数年の内に、年下の知り合いが何人か死んだ。いずれも病死だったが、久しぶりに来た知らせが葬式のお知らせと言った具合で、なんともやりきれない気持ちだった。子供の頃と違って年をとると親しい友人でも会う事は少なくなる。と言うのもそれなりに社会的な地位が上がって責任が重くなった分忙しくなるし、家族も増えて一人出歩くのも容易ではないし、転勤などによって住居が遠く離れることも多い。中には年賀状だけは遣り取りしたりするが、何年も会っていない知り合いも結構居たりする。しかし、相手が生きている限りは、お互いがその気になりさえすれば、会う事自体は容易ではなかろうか。しかし相手が死んでしまっては、どうあがいてももう2度と会う事は出来ないのだ。この差は実に大きい。と言うか比較のしようもない。生きていると言うことは、それだけで素晴らしいのだ。
 あ〜、山はいいよなにゃ〜。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ