2006/10/25

胃カメラ  その他

 先日胃カメラを飲んだ。GW頃の生活習慣病の集団胃検診で引っ掛かったからだ。最近仕事が極めて多忙で、かなり神経的にも参っている。その上ここ2月ばかりは、激しい胃の辺り痛と極度の胸焼けが頻発しており、自分自身でもかなり健康に不安を持っていた。病院に行くと、まず先日の胃のレントゲン写真を見せられた。専門ではないのでこんなもの見せられても上も下もよく分からない。と、言うより何がなんだか分からない。一応神妙にして話を聞く。「この部分が出っ張ってるでしょ」と指された箇所をよく見るがよく分からない。「つまり胃の中から見るとへっこんでるんだけど」・・確かにそうだ、説明自体は大変良く理解できる。「この病変に癌がある可能性が五分五分、覗いてみないと分からない」とあっさりと言ってのける。つまり50%の確立で癌ですよ〜、と宣告された訳だ。さらに「まあ、この大きさなら、癌でも切っちゃえば多分大丈夫!気を楽に持ちましょう」と言われた。これはかなり暗い気分である。そこで癌を確認するために胃カメラを飲む段取りになるのだった。

 胃カメラを飲むのは初めてだったので、この先何が起こるのか皆目見当が付かない。前日の夜9時以降は飲食禁止とだけ言われて、その通りに準備しただけだ。はじめに看護婦さんが「胃の中を綺麗にする薬」と言うやつを小さめのプラコップに入れて持ってきた。色合いはポカリスエットの様だが少し粘度が高い。取りあえず飲んでみると、味がないと言うか・・美味しくはない。まあ、薬なのだから仕方ないが、陰気な気分を何とかする程度に美味しい味はつけられないものだろうか?次に咽に麻酔をかけるための薬を飲む。飲むといっても看護婦さんが針のない注射器みたいなので、咽の奥に直接流し込むのだ。だから味はよく分からないが、やはり美味しくはない。これで咽から食道にかけて麻痺させて、カメラのファイバーチューブを飲み込みやすくするのだ。だんだんと麻酔が効いてきて、咽と言うか口の中が無感覚になっていくのが実感できる。次に肩口に胃の動きを抑える薬を筋肉注射する。こいつはレントゲンの時にも打ったので知っている。筋肉注射だから多少痛みがあるし、目に影響が出てちかちかする。これで準備完了と言うわけだ。

 診察台に横になりいよいよ「胃カメラデビュー」である。
緊張しつつ以下次回。

↓友人のyuki氏の「佐久間レールパーク祭」のレポートです。暇な人は覗いてみて下さいな。

  http://blog.livedoor.jp/yuki619/archives/50622644.html
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ