2021/4/28

川越駅周辺点描  その他

 所用があって川越駅周辺に行ってきた。天気も良かったし当然カメラを持っているので面白いものを見つけてはシャッターを切った。

クリックすると元のサイズで表示します
 富士山が見える。自分が子供の時分は東京都下に住んでいたが、その時期は関東平野から富士山が肉眼で見えるのは社会活動が止まって車が動かない正月の三が日くらいだった。埼玉だから多少は富士山に近いが、それでもこうして普通の天気が良い日に富士山が見える。日本の空気は綺麗になっているのだ。 

クリックすると元のサイズで表示します
 観光用に運行している巡回バス。つい最近導入された新型だ。昔風のボンネットバスだが、先代もこのようなボンネット形だった。で、こいつは同じようなレトロ調だが電気バス!環境にやさしいのだ。

クリックすると元のサイズで表示します
 川越駅JRの改札すぐ横にサイボクのアンテナショップがある。サイボクは埼玉では有名なブランドで、豚肉やソーセージが旨い。

クリックすると元のサイズで表示します
 店頭にある顔出し看板。・・・う〜ん、フランクフルトのあのあたりに顔。まあ、いいんだけど。

クリックすると元のサイズで表示します
 元気な地元商店街クレアモールにあったタピオカドリンク屋さん。客は全く入っていなかった。それより「カフェバー すっぴん」の方が気になるぞ?

クリックすると元のサイズで表示します
 ケーキ屋のウインドー。どらとピカのケーキ。子供は喜ぶと思うんだけど、いざ食べるとなると悲しい絵面になるのでは??
1

2021/4/26

2021ビアガーデン初めの儀  飯田線の旅

 7月24日(土)つまり東京都下に非常事態宣言が発令される前日にビアガーデンに行ってきた。コロナ騒ぎがなければ例年GW直前のこの時期に各地でビアガーデンが営業し始める。もちろんビール大好きな我々がそれを見逃すはずはなく、「ビアガーデン初めの儀」と称して飲みに行く。今年もあれこれ調べたら池袋駅に隣接するパルコの屋上ビアガーデンが7月22日から営業を開始するというので、予約をとって飲みに行った。
 
 この情勢下で「飲み会とはけしからん」などといわゆる自粛警察と称する身勝手な正義を振りかざす輩には文句を言われるかもしれないが、
1・自分たちで出来る感染対策は全て確実に実施している。
2・店での感染対策もガイドラインに沿ったものである。
3・蔓延防止・非常事態の営業指導に適合した営業時間で利用している。
これで文句がある輩は、どうせ何をやっても文句を言うのだろう。 

 ところで、我々が利用した翌日25日から、この店はちゃんと営業を自粛している。22〜24の間で3日間の営業。再開はGW明けの予定だ。飲食店の苦難はいかばかりか、何とか乗り越えていただきたい。

クリックすると元のサイズで表示します
 場所は池袋駅東口に隣接するパルコの7階屋上。待ち合わせ場所として有名な「いけふくろう」からすぐのエレベーターで直通だ。15時15分に来店したが、すでに何組も先客が飲んでいた。

クリックすると元のサイズで表示します
 アルコール消毒と検温の機械。37度以上の熱があると入場禁止となる。我々一行は全員検温クリアで無事に入場できた。

クリックすると元のサイズで表示します
 会場内では自分たちの席にいるとき以外はマスク着用。飲み物はこのカウンター1か所のみで提供される。客が集中すると少し待たされるが、セルフのサーバーがズラッと並んで誰で誰でも触ってしまうと感染の危険もあるから、当然の処置であろう。もちろん文句はない。何にでも文句をつけるのが「文化人・文化的」と勘違いしている輩も多いが、古代ローマの時代から「寛容」であることこそ文化人の美徳である。

クリックすると元のサイズで表示します
 ビールはアサヒのスーパードライジョッキと、この瓶ビールの2種類が提供される。この瓶もアサヒの製品だ。

クリックすると元のサイズで表示します
 ちなみにこれはちょうど1年前の写真。場所も同じ。去年は小瓶ビールの銘柄が違った。この黄色いラベルは去年はどこのビアガーデンでも見たので、輸入の関係とか何かあったのかもしれない。

クリックすると元のサイズで表示します
 料理の方は韓国風のBBQのみ。こっちはお肉と野菜。これで2人前です。

クリックすると元のサイズで表示します
 その他ポテト等一式。これも2人前。

クリックすると元のサイズで表示します
 焼くほどに喰うほどにビールも進むのでした。酒量が増えるのを「メートルが上がる」と表現するのを知っている人はまだいるかな?

クリックすると元のサイズで表示します
 会場内の様子、なかなかの人出でした。

 ビアガーデン初めはできたけど、次はいつになるやら。気軽に楽しめるようになるのを酒の神に祈ります。
1

2021/4/4

西武鉄道の旅 再び 07 最終回  その他

 正丸駅から普通列車に乗って次の下車は高麗駅にする。
「高麗」と書いて「こま」と読みます。西武秩父駅からこの高麗駅までがフリー区間。

クリックすると元のサイズで表示します
 ホームの駅名表示はひらがなだった。

クリックすると元のサイズで表示します
 ホームには木造の上屋があって、これまたローカル感が出ている。

クリックすると元のサイズで表示します
 高麗駅と言えばこれ!この赤いモニュメントとにかく目立ちます。写り込んでいる人と比べてもその大きさが分かりますね。

クリックすると元のサイズで表示します
 高麗という名からも推測できる通り、大陸からの渡来人の里だったようです。
このあたりには高麗鍋というB級グルメ(自分たちでそう言ってるし)があります。それが渡来人の里らしく「キムチ味」「地場産野菜の使用」「高麗人参の使用」の3つが条件になっていて、トッポギが入っていたりと韓国風の料理です。

クリックすると元のサイズで表示します
 線路の向こうにはセメント工場。秩父方面と言えばセメント関連施設が風景の一部です。

 さて、駅の周りに何かないかと探してみると、超有名どころでは巾着田がある。夏の彼岸花で知られた所だが、今時期は勿論花は咲いていない。他には・・・「国指定史跡 高麗村石器時代住居跡」なるものがすぐ近くにあると案内板が出ていた。

クリックすると元のサイズで表示します
 駅前を出発して線路の下を潜り、最初の交差点に巾着田の案内とともに住居跡の案内も出ている。一応観光客を誘導する意思はあるみたいだ。この交差点を左折して160m!これは近いぞ。

クリックすると元のサイズで表示します
 自動車道から畑の中に向かい畦道に近い細い道を入るとありました。国指定史跡と誇らしげな柱もたっている。

クリックすると元のサイズで表示します
 位置関係はこんな感じで、黄色い矢印が高麗駅で遺跡はそのすぐ左下にある。

クリックすると元のサイズで表示します
 これが遺跡の全貌です。いわゆる竪穴式住居の跡だった。しかも1か所だけ。う〜ん国指定史跡・・・規模小さいぞ。これで史跡見学は終わり、駅に戻る。

クリックすると元のサイズで表示します
 ホームで列車の到着を待っていると、こんな奴が留置線にやってきた。西武鉄道が誇る観光列車「52席の至福」だ。どうやら営業運行終了後の回送のようだ。乗ってみたいが料金が高い。

クリックすると元のサイズで表示します
 特急ラビューと並びました。西武鉄道が誇る優等列車そろい踏み。

 これで今回の旅は終了。天気に恵まれ、名物を堪能し、良い旅でした。
2

2021/4/3

サバイバルゲームに行ってきた  その他

 3月27日(土)にサバイバルゲームに行ってきました。
場所は川越の入間川河川敷にあるフィールド「H.E.A.D.S川越」です。
年始に火災があって休業を余儀なくされていましたが、この度営業再開と言う事で様子見がてら遊びに行ったわけです。火災があった時期に埼玉県下のサバゲーフィールドで数件の窃盗事件があって、それと関係があるか判明していませんが、警察・消防の検証では放火が原因との事でした。
 ここは年に何回か遊びに行く場所です。鉄道マニア向けに解説すると、先ごろやっと廃線になった西武安比奈線の終点に近い場所で、付近には小ぶりな鉄橋とか線路とか遺構が残っています。

クリックすると元のサイズで表示します
 こちらはセーフティエリア。左下の真新しいプレハブが全焼したので建て替えられた事務所。奥に向かって左右に屋根付きの待機所が設けられています。

クリックすると元のサイズで表示します
 そしてゲームフィールド。仮設の構築物がある「市街地エリア」で、反対側は盛り土メインの「砂漠エリア」があって、それが中央部にある壁状の障害物を挟んで接しています。関東平野のゲーム場としてはかなり大きな施設です。

 昨今のコロナ状況下で、各種対策を実施して営業しています。
そもそも屋外の施設なので換気は問題ないですが、セーフティエリアでの感染防止距離を確保するために席を間引いて入場人数を半分に制限しています。


クリックすると元のサイズで表示します
 セーフティーではマスク着用。左は一緒に遊びに行った友人で、右は現地で知り合った旧日本軍。
 特に服装の規定(ドレスコード)はなく、動きやすければ何でもいいのですが、やはりコスプレに凝った参加者もいます。ただ、WW2当時の装備となると揃えるのも大変で人数は極端に少なくなります。

クリックすると元のサイズで表示します
 ゲームフィールドではマスク着用は必須ではありませんが、目を保護するゴーグルが必要になります。腕に巻いているピンク色の帯はチーム分けの印で、赤と黄色の2チームに分けられます。こういった物はゲーム場側で準備しますが、通常は赤色なのにこの日は赤色のテープが手に入らなかったとの事でピンク色になっています。

クリックすると元のサイズで表示します
 日本軍(左)とアメリカ海軍の自分(右)。軍装は服だけでなく、帽子やヘルメット、腰回りにゴテゴテと装備をつけないと雰囲気が出ないので、荷物は多くなるし重いし大変です。
 自分はセーラー服なので腰回りの装備はいらないから楽が出来ると軽く考えていました。しかし、胸に小さなポケットがあるだけで、予備の弾倉などゲーム中に必要な追加品が携帯できない事が発覚。意外に不便だぞセーラー服。

クリックすると元のサイズで表示します
 黄色の矢印は僕らと同じ大戦中の装備の参加者で、ドイツ国防軍(陸軍)です。
こうした大戦中の服装はコスプレの一種ですから専門店もあって結構手に入りやすいですが、調達し辛いのは銃で、特に年代や服装、細かく言えば部隊によって銃の機種が決まってしまいます。特に困るのは日本軍で、ゲームで使えるような銃はそもそも販売されていないし、少数存在する大戦当時の銃は価格がバカ高いうえに、射撃性能が低くてゲームでは使えない。

クリックすると元のサイズで表示します
 自分はと言うと、結構近代の米海軍なのでM4カービン。これなら楽だ。

クリックすると元のサイズで表示します
 ゲームの合間にはセーフティーで休憩。撮影のためにこの一瞬だけマスクを外しています。左端の日本軍氏は九州出身で、最近仕事で関東に越してきたのだそうです。全然九州弁ではなく標準語でしゃべっていたので意外でした。

 天気のいい日で、走り回り弾を撃ち、撃たれてキャーキャー騒ぎ、ストレス発散も出来て楽しい娯楽でした。
1

2021/4/3

西武鉄道の旅 再び 06  その他

クリックすると元のサイズで表示します
 御花畑駅に停車中の秩父鉄道の列車の7000系。元東急電鉄8500系だそうだ。

クリックすると元のサイズで表示します
 さて、西武秩父駅まで戻ってきた。時間もあるので少し駅前を散策すると、こんな建物を見つけた。各種の鉄道設備で飾り付けられている。

クリックすると元のサイズで表示します
 いったい何だろうと思い近づいてみる。焼き鳥居酒屋でした。このご時世でお持ち帰りのみの営業だった。

クリックすると元のサイズで表示します
 いよいよ駅に入る。跨線橋の窓から駅構内を見下ろすと、左側の特急専用ホームと、普通列車用の島式2・3番ホームがあって、その間が広く空いている。以前は何か、留置線でもあったのだろうか。

クリックすると元のサイズで表示します
 2・3番ホームの先端より休憩中の車両が見えた。

クリックすると元のサイズで表示します
 そして、秩父のシンボル武甲山。空気がかすんでいてはっきりしないが、コンクリートの原材料である石灰石を切り出した痕が印象的だ。ちなみに秩父のゆるキャラに「ブコーさん」がいるが、もちろんこの武甲山が元ネタになっている。デザインしたのは秩父出身の落語家林家たい平師匠。

クリックすると元のサイズで表示します
 で、その石灰石をセメントに加工する工場も見える。ここで生産されたセメントが高度成長時代の東京の建設を支えたのだ。

クリックすると元のサイズで表示します
 普通列車が入線してきた。帰りはラビューではなく普通列車に乗る。こいつは特別料金がいらないのでフリー切符だけで大丈夫だ。あえて普通列車に乗るのはこの先のフリー区間で途中下車したいから。

クリックすると元のサイズで表示します
 車内はクロスシート。地方ローカル色があって旅行気分が盛り上がる。

クリックすると元のサイズで表示します
 最初の途中下車は正丸駅。三角屋根というのか、山小屋風の外観が印象的な駅だ。周辺はハイキングやら低山登山の名所のようで、駅前の広い駐車場にはハイキング客の車が多数停まっている。もちろん西武鉄道利用の登山者も多い。

クリックすると元のサイズで表示します
 駅舎と離れて正丸駅売店がある。改札外なのでフリー切符でないと利用しにくいが、お土産物と蕎麦屋があった。

 特に見て歩くものもなく、また蕎麦を食べるだけの元気もないので次の列車に乗る。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ