2015/7/26

“轟天号を追いかけて” 春風四海に轟く!  飯田線の旅

 木崎湖キャンプシリーズ中ですが、この週末25日(土)に夏の田切恒例イベント(になった感がある)轟天号を追いかけて4「春風四海に轟く!」が行われました。天候に恵まれものすごく楽しいイベントになりました。気温も高かったですが、参加者の熱気も凄かったです。

クリックすると元のサイズで表示します
 田切の駅下に突如現れた、戦隊刑事R!
いやぁ、凄いですよ彼、平凡な田舎の無人駅にこの姿、場違い感が普通じゃないです。
作り込みも凄いです。

クリックすると元のサイズで表示します
 3人揃って(って、同一人物ですよね〜)真ん中の少し小柄なあ〜る君は19歳女性です。
今回初参加、周りに明るさを振りまいてました。

クリックすると元のサイズで表示します
 今回僕等はもちろん裏方で参加。で、こんな感じです。コスプレではなく普段着感満載ですが。
 紙コップで飲んでいるのは「タヒボベビーダ」もちろんデッドストック品で23年も前に消費期限切れ。味の方は・・・・まあそれなりでしたが、別段お腹壊したりはしませんでした。
3

2015/7/23

木崎湖夏キャンプ2  その他

 3連休初日の18日(土)の昼過ぎにキャンプ場に着く。バンガローのチェックインは13時なので、それに合わせた時程なのだ。
 
クリックすると元のサイズで表示します
 管理棟でバンガローの鍵を受け取り、いわゆるチェックイン。荷物を車から下ろして設営に入る。管理棟は見ての通り外観に変化はさほど無いが、中は去年より大分片づいていた。飾られていた木彫りの双子もゆーぷるに移動していた。

クリックすると元のサイズで表示します
 小中学校の夏休み最初の連休なので、この連休は毎年一番の賑わいになるのだが、どうやらドタキャンがあったようでバンガローに空き室がある。

クリックすると元のサイズで表示します
 管理棟横の自販機、さすがに萌キャラ仕様だ。

クリックすると元のサイズで表示します
 トイレの入り口にこのようなボードが。不勉強でこれが何か分からないのだが、それにしても「メディック」って何で?

クリックすると元のサイズで表示します
 駐車場はまだ満車になってない。手前にある物干しのような金属のパイプ組は自転車用の駐輪施設。木崎湖周辺でも競技用自転車の人を凄く多く見かけるようになった。

クリックすると元のサイズで表示します
 キャンプ場の風景。こちらはバンガローのない(和風バンガローが3棟だけあるけど)林のテントサイト。大型のテントのすぐ横にタープ(屋根)を張るのが最近のトレンドのようだ。テント自体もいろいろな形の高機能な物だらけで面白い。

クリックすると元のサイズで表示します
 これは3日目の朝に撮ったものだが、僕等の泊まった和風バンガロー。もちろん僕等もバンガローの前にタープを張って宴会場としている。和風と言うけど、8畳程の広さの四角いプレハブ小屋だ。

 さて、設営が済んだらチームリーダーのT閣下と僕の息子がキャンプ場のすぐ横の神社にお参りに行く。いわゆる土地神様に3日間に座元で遊ばせていただくお許しをいただくのだ。僕等はこれを毎回欠かさずやっている。そこで土地神様に愛されているので天候に恵まれるのだ。
 お参りが済んだら早速宴会モードに突入。一応夕食を作りながらビールを飲み始める。夕食はキャンプの王道「カレー」なのだ。
1

2015/7/20

木崎湖夏キャンプ  その他

 夏休みの初め7月3連休の18〜20日、信州木崎湖にキャンプに行ってきた。場所は行きつけの木崎湖キャンプ場。今回もテント泊ではなく桟橋に近い方の通称和室バンガローを予約した。台風が通過した直後で天気が心配されたが、湖の神の愛されている我々だから大丈夫。なぜ神に愛されているかは後ほど明かします。

クリックすると元のサイズで表示します
 木崎湖キャンプ場と言えばこの桟橋がトレードマーク。この写真は20日の朝6時頃ですね。
早起きした人が既に何人か場内を散歩していました。

クリックすると元のサイズで表示します
 これも20日の早朝。雲は多いけど青空がべた凪の湖面に映って綺麗でした。

クリックすると元のサイズで表示します
 そして小熊山から見下ろした木崎湖の全景。キャンプ場の桟橋も小さく見えてます。

 さて今回は2泊3日、と言うことで中日が丸々一日自由に遊べる!更に言うなら昼前から飲んだくれることだって出来る!!なんと楽しい週末ではないか!!!
 キャンプ場の端の方にある洋風バンガロー一帯では何やら異な出で立ちの人々がキャンプ中、賑やかで楽しそうだ。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ