2014/11/8

サバイバルゲームに行ってきました2  その他

サバゲーというと、「銃を持って戦争のまねごと」と言って毛嫌いする人がいるのも事実です。「戦争」の部分に嫌悪感を抱くのだろうけど、戦うことが駄目というのならば戦国時代のまねごとだって「刀や槍を持って戦争のまねごと」ではないかと僕は思いますね。こうして定例会に参加している人達は特段「思想的」な思惑はないように感じます。
要はスポーツ競技の一種ととらえるのが健全だと思います。ではなぜ迷彩などの軍服を着ているのかというと、つまり気分が入り込めるというコスプレ効果が第一にあり、機能性が良いというのが第二の理由でしょう。
 こうしたサバゲーには幾つかの毛色の違うスタイルがあります。今回はフィールドの定例会なので、ルールを守れる人なら誰でも参加可能です。服装の規定も使用する銃の規制もありませんが、銃については法規制を守ること、そしてゲーム場のルールを守ることだけは要求されます。それ以外にはヒストリカルなどと呼ばれる「歴史再現」のゲーム会も開催されます。そちらは会の定める時代や地域設定に基づいて服装や装備を調えて参加します。こちらは設定の世界観を再現して楽しむことの方が主目的になります。

クリックすると元のサイズで表示します
 今回の僕のチームは写真を撮っている(つまり写っていない)僕の他にこの2人。テーブル1台を占領しています。服装は1名が大戦中のドイツ陸軍、もう1名は少し前のアメリカ陸軍ですね。僕はと言うとやはり大戦中のドイツ陸軍。大戦中の独軍にこだわってる理由は、今回野外試験をする銃が大戦中のドイツ火器だからです。

クリックすると元のサイズで表示します
 フィールド内に入りました。周囲はこのように青いメッシュシートで覆われていて、弾が場外に出ないように配慮されています。画面右端に写っている金属のケースが通称「フラッグ」と呼ばれているものです。まあ旗じゃないですが。参加者を2チームに分けフィールドの両端をスタート地点にしてゲームを開始します。そして相手の陣地にあるフラッグを先にとったチームが勝つという単純なルールです。昔は名前の通り実際に旗でしたが、このフィールドではこのようにケースに入った電気式ホーンになっています。
 目立たないように迷彩柄の服を着ているのに袖に黄色にテープを巻いているのは敵味方を識別するためのもので「マーカー」と呼ばれています。こちらが黄色チーム、相手側が赤チームに色分けされています。
 ヒストリカルのイベントでは服装設定に応じて軍服を着用するので、明確に敵味方が分かるので必要ないものですが、定例会は参加者がそれぞれ勝手な服装で集まるので識別用のマーカーが必要になります。

クリックすると元のサイズで表示します
 こちらも同じ黄色チームのドイツ軍。この日は僕等を含めて4人の第二次世界大戦コスプレの参加者がいました。両手を上げているのはゲームの最中に弾に撃たれて「死亡」したからで、定例会では体のどこに弾が当たっても「ヒット」を発声して戦闘から離脱します。

クリックすると元のサイズで表示します
 そしてアメリカ軍の空挺隊員。彼が4人目の大戦コスプレ。僕等は独軍、彼は米軍なので史実では敵味方ですが、見ての通り同じ黄色チームです。定例会ではこういうのもあり。

クリックすると元のサイズで表示します
 では軍服以外には?というと基本的に動きやすければいいし、服や装備にまで予算が回らない人は無理する必要もないって訳で、1ヶ月早いサンタさんですね。クリスマスも近いですから。

クリックすると元のサイズで表示します
 一番多い格好は現用軍の服装で、ねずみ色やタンカラー(サンドベージュ)の細かい柄の迷彩。もちろん最新装備でかっこいいというのもあるでしょうが、手に入れやすくて安いのが最大の理由だと思われます。実物にこだわらないでレプリカ(複製品)で済ませれば、上着とズボンと靴の必要最小限の3点で1万円しません。僕等が着ているドイツ陸軍の制服はもちろんレプリカ品ですが、上着とズボンで約3万円します。それに階級章や徽章類を着けるのですがそれがまた1万円以上掛かる代物で、金食い虫ですね。
 服が安い分他の装備に予算が回せます。

クリックすると元のサイズで表示します
 こちらは陸上自衛隊ですね。銃は89式じゃないけど。大多数を占める現用米軍に紛れて目立たなかったですが10人くらいいました。

クリックすると元のサイズで表示します
 こうしていろいろな格好の参加者が集まるのも定例会の楽しみです。

クリックすると元のサイズで表示します
 集合写真です。この日集まった参加者の8割くらいが集まっています。
最近のフィールドで目立つのは若い女性のゲーマー。ゲームとゲームの間にあるインターバルの時間にはセーフティーエリアで特に目立ちますね。女性も安心して参加できるっていうのは「ゲーム」つまり遊びとしていいことだと思います。
2

2014/11/6

サバイバルゲームに行ってきました  その他

 11月初旬の3連休の中日2日(日)にサバイバルゲーム、通称サバゲに行ってきました。
僕はたまに、だいたい半年に1回か多くて2回ほどサバゲをやりに行きます。大概は大きなミリタリー系イベントの前で、そのイベントで使う銃の実戦テストの為です。と言うのも、銃は使用後の手入れや、事に寄ったら分解整備するのですが、組立が終わり自宅で試射するとちゃんと動くのに野外に持ち出すと調子が悪かったり、まったく動かなかったりする事があるからです。そこで事前に野外に持ち出してテストをしておくわけです。
 サバゲは現在第3次ブーム(人によって数え方が違うかも知れませんが)で、ゲーム会には多くの人が集まります。
 この第3次ブームを支えているのが、
1.都市近郊にゲーム専用のフィールドが増えた。
2.そのフィールドが施設整備されて女性でも参加しやすくなった。
3.ゲームフィールドの運営が良くなってきた。
4.法規制で過剰な威力のある銃が使用できなくなって安全性が高まった。
 と言った理由だと思います。
 まず、大小の専用フィールドが関東近郊に増えてきました。今回僕が行ったフィールドは埼玉県川越にある「デザートストーム川越」で、西武新宿線の南大塚駅が最寄り駅で、駅前からタクシーを乗り合いで使えばさほど交通費が掛かりません。
 また、フィールドに附帯する施設も整備されてきて、トイレや女性用の更衣室が備えられるようになりました。そしてフィールドを長く運営するうちに運営サイドがそつの無い運営をするようになり、またモラルの向上にも力を入れているので、ゲーム場全体の雰囲気が良くなりました。最後に最も大きなポイントが法規制とメーカーの自主規制による威力上限制限でしょう。これにより危険なほどに威力がある銃がフィールドから一掃されました。ゲームに当たっては持ち込まれた銃の威力測定を確実に行い、規則が守られているか点検しています。
 さて前置きはこのくらいにして、まずゲーム会場「デザートストーム川越」の紹介をしましょう。

クリックすると元のサイズで表示します
 ゲームを行う「フィールド」は実際に計ったわけではないので正確ではないですが、横70m×縦150m位でしょうか。ちょうど真ん中辺りを境にしてこちら側が通称「市街地フィールド」と呼ばれていて、見ての通りベニヤ造りの建物が点在しています。この建物は中に入ることが出来ます。

クリックすると元のサイズで表示します
 これが真ん中辺り。障害物が少ないベルト地帯を形成しています。
フィールド全体のちょうど真ん中付近で、当然のように激しい撃ち合いの最前線になります。

クリックすると元のサイズで表示します
 そして反対側、通称「砂漠フィールド」と呼ばれています。砂漠と言うほど平坦な地面ではなく土盛りの小山が点在しています。

クリックすると元のサイズで表示します
 地面が白くなっていますが雪ではなく、積もったBB弾が白い層を作っています。BB弾とは直径6ミリのプラスチック製の丸い玉で重さは0,2〜0,25g程度です。最近は全て生分解性プラスチック製を使用するように決められており、多少時間はかかるもののいずれは土に帰ります。

クリックすると元のサイズで表示します
 砂漠フィールドの奥から市街地フィールドを見るとこんな感じです。まあ、もうちょっと広いと、特に長さがあるといいなとは思いますが、贅沢は言えないですね。

クリックすると元のサイズで表示します
 こちらはフィールドのすぐ外にある安全地帯「セーフティーゾーン」です。まあ待機所ですね。ゲーム場は基本的に野外施設ですが、こんな風に屋根とテーブルに椅子、銃を置くための銃架にトイレやら更衣室などが並んでいます。

クリックすると元のサイズで表示します
 こんな飾り付けをしているチームもいました。数人から十人くらいのチームでの参加が多いですが、一人だけの参加者や、アベックなどもいます。

クリックすると元のサイズで表示します
 ゲーム開始前の銃の威力測定「弾速測定」の様子です。こうしてフィールドに持ち込まれる銃は全て測定し、法規制に合致しているか確認されます。もちろん参加者も違反をしないように心がけ安全なゲーム運営を助けます。

クリックすると元のサイズで表示します
 こちらはこのフィールドのレンタル用の銃。銃以外に必要な小道具類、例えばバッテリーやBB弾、目を保護するゴーグルなど一式を貸し出してくれます。だから動きやすくて汚れてもいい服装さえしていればゲームに参加することが出来ます。この日はフィールド運営者主催の定例会で150人くらい集まっていましたが、その中でサバゲが初めての人も多数いました。

 次回はゲーム中の様子を紹介します。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ