2010/7/19

新型10式in富士学校02  その他

 さて、新型10式を見に行った富士学校祭だったが、写真を整理していて面白い物を見つけたので紹介しよう。

 観閲行進での戦車教導隊第1中隊の中隊長車(中隊旗を出しているのでそうだと思うけど)10式が出た今となっては2世代旧式の戦車だが、この丸みを帯びた姿は戦車っぽくて好きだ。でもよく見ると、ただの74式じゃない。
クリックすると元のサイズで表示します

 これが通常型の74式戦車で、同じく第3中隊長車。上の写真との違い分かりますか?まず、砲塔上部の突起物が違う。砲身奥に見える投光器の形状が違う。スプロケットホイル(キャタピラの一番後ろに付いてる動輪)の形状が違う。
クリックすると元のサイズで表示します

 で、続いてやってきた第4中隊長車。これまた1中隊長車と同じタイプで、これも通常型ではない。すなわちこれこそ性能改善型の74式戦車、通称「74改」のようだ。特徴的だったサイドスカートこそ付いていないが、砲塔上部にはレーザーセンサーの追加やら射撃統制コンピューターの性能向上やらの地味な改善を行い性能向上を図ったタイプだ。確かミッションも更新されていて、後進2速になっていたんじゃなかったかな?つまり逃げ足が速い。
クリックすると元のサイズで表示します

 何台か試作して性能試験をやったものの、既に新型90式がエントリーしていたので予算が通らず量産を断念したやつだ。これは上と同じ車体を正面からとらえたもの。投光器の違いがよく分かる。
クリックすると元のサイズで表示します

 一般型の74式の車体上面がよく分かる写真。これと74改を比べてみると、地味な違いが見つかるはずだ。
クリックすると元のサイズで表示します

 まだ生き残っていたんだなぁ。これは地味にレアものです。何しろ富士学校でしか見られない。
2

2010/7/11

新型10式in富士学校  その他

 本日、静岡県御殿場にある陸上自衛隊富士学校で記念式典があった。実は富士学校に所在する富士教導団は最新鋭装備を誇る関東最強の部隊で、一度に見られる装備品が際だって多い。しかも今回は最新鋭の10(ひとまる)式戦車がお披露目されるという。これを見に行かない手は無い!ので、見に行きました。
 式典そのものの整列部隊の中には見あたらなかったので、どこで出るのだろうと気をもんだが、式典の後の音楽演奏の後、走行展示と言う名目で現れた。

クリックすると元のサイズで表示します
 歩き去る音楽隊の向こうに現れた見慣れない装甲車両が2両!観客席の反対側最も奥の方からの入場だ。90式とは違った耳障りな機械的な走行音が気になる。

クリックすると元のサイズで表示します
 砲塔は車体と同じだけの幅があるが、潰れた平べったい印象。後方の車体にはドーザーの様なブレードが付いている。車重が軽いだけあり、軽快な加速と旋回性能を見せつける。

クリックすると元のサイズで表示します
 装甲のサイドスカートの下に、ゴム製のスカートが追加されて転輪が見えない。砲塔は90式のようにボテッと大きいのではなく、先端に向かって絞り込まれている。

クリックすると元のサイズで表示します
 74式と比べると、比較にならないほどスムーズで小さな旋回半径を高速で走行する。機動力が高いのが分かる。

クリックすると元のサイズで表示します
 それにしても大きく機械的な走行音は気になる。

クリックすると元のサイズで表示します
 砲塔側面はボルト止めされたパッケージ装甲であることが分かる。操縦手は砲身の下に顔を覗かせている。砲塔側面の黄色いマーキングは中隊のシンボルマークではなく「AM」機甲科そのもののマークだ。

クリックすると元のサイズで表示します
 ひとしきりグランドを走り回ったら、さっさと退場。もっと近くでじっくり見せてくれ〜。
7

2010/7/4

梅雨と言えば・・  その他

 6月はまるまるサボってしまった。まあ、仕事も忙しかったんだけど、暑くて出掛けなかったってのもありますね。7月になり梅雨まっただ中ではありますが、余り雨が降らない。今日も雨が降るような予報だったのに、朝起きたら薄曇り。そこで梅雨時期の定番「あじさい」を見に行くことにした。あじさいと言えば鎌倉の寺や箱根登山鉄道が有名スポットなのだが、今日行ったのはあきる野市の東京サマーランド。プールが有名だが、ゴルフ練習場やバンガローなどがあり、あじさい園がある。
 ここには白色種のアナベルの群生があり、先日TVでも紹介されていた。

 園内ではこのように60種類15,000株のあじさいがあるそうだが、品種により咲く時期が微妙に違うので、1度で全てを見るわけにはいかないのだ。
クリックすると元のサイズで表示します

 あじさい園は山の斜面に作られているので、桜等の大きな木が繁茂する森になっていて、あじさいはその下の日陰に咲いている。この種類は濃い青色の花の縁が白くなっていて、それが白いレースの様で綺麗だ。このように日陰で薄暗いが、湿気があってもの凄く蒸し暑かった。
クリックすると元のサイズで表示します

 こちらは赤い花。土壌の性質によって花の色が変わると言うが・・・赤と青が隣り合って咲いてたり、或いは同じ株のなかで赤と青が同居していたりと、土壌の質で色が変わるってのはどうなんだろう??
クリックすると元のサイズで表示します

 あじさいと言えばこれ、でんでん虫。当たり前のセット物に感じるが、見たのはこいつだけ。暑いからかな〜?
クリックすると元のサイズで表示します

 園内の最深部にあるアナベルの群生で、通称「アナベルの雪山」。ここまで結構な急斜面で、更にこの山の上には展望台がある。そこまで歩いて上がった人はたいていドロドロの大汗まみれだ。
クリックすると元のサイズで表示します

 TVで紹介されたせいか、思いの外多くの観光客が来ていた。7月末までが見頃です。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ