2007/2/24

2007田切冬の大掃除3  飯田線の旅

 名古屋辺りでは全然積もってなかったが、中央線を北上するうちにどんどん積雪が多くなり、もう横殴りの吹雪状況なのだった。とにかく今回の旅は雪に悩まされそうだ。
 そうこうするうちに、列車は松本駅に着いた。松本に降りるのは何年ぶりだろう?前回降りたのがいつだったか、何をしに降りたのか記憶にないほど前の話だ。
 駅前から、大通りをまっすぐに数キロ進むと前回に写真を掲載した「旧制松本高校」の校舎がある、あがたの森公園である。天気がよければどうって事ない距離なのだが、今回は吹雪の中の行軍であるから、結構な難行なのだ。僕と局長は、大荷物を駅の大型コインロッカーに預けて、軽装になって歩いていくことにした。雪は歩道でも15センチくらい積もっていたろうか?観光案内の地図が頻繁にあるし、そもそもまっすぐ行けば突き当たるのは分かりきっているので、ただひたすら雪に耐えて歩くのみなのだ。
 30分くらい歩くと、お目当てのあがたの森公園に付いた。大きな杉(ヒマラヤスギかな?)の木が印象的な、まさに「森」の名にふさわしい公園だ。旧制松本高校の校舎はこの公園内の保存されていて、現在は公民館的な活用がされているようだ。内部は基本的に自由に見学できる。「旧制高校」は現在で言う「大学」にあたる。つまりここは現在の信州大学の前身なのだ。建物はなかなか綺麗にリフォームされていて、床は樹脂製に張り替えられているが、手入れも行き届いていて好感が持てる。
 ここは一部のファンの間では実に有名な巡礼地なのだ。(例によって局長の受け売りだ・・)このブログでも過去に紹介している「おねてぃー」に高校の校舎として登場しているのだ。
 ↓校舎の中庭。ここもビデオの背景に出てくる。
クリックすると元のサイズで表示します

 ↓校舎の廊下。床が張り替えられて、ペンキが綺麗に塗りなおされている。
クリックすると元のサイズで表示します

 実に金のかかった、凝った造りの建物だ。こんな高校だったら、さぞかしバラ色の高校生活になったろう。
0

2007/2/3

2007田切冬の大掃除2  飯田線の旅

 久しぶりの書き込みなのだが、実はちょいとばかり検査で引っかかって、入退院を繰り返したりしてたのだ。散々検査で体に穴開けたりしたが、最終的には問題なしと言うことだった。なかなか面白く得難い経験とはなったが、体の負担もそこそこきつかった。
 さて、冬の田切掃除の続きを再開しよう。
今回の旅はすでに書いたとおり1月の第2週目6〜7の土日だった。青春18切符の期間中であり東海道本線上の移動は、お馴染みの夜行快速MLながらで金曜のより移動開始である。
 現在は横浜で日付が変わるので、そこからフルに6日の効力が発動するのだが、次のダイヤ改正で日付変更線が大幅に静岡寄りに変更になるようだ。そうなると東京発ながら使用のうまみが無くなる。さて今回の行程は、飯田線の南の入口豊橋を通過して名古屋まで行き、中央本線で北上する計画だ。従ってながらも名古屋までの指定を取ってある。おかげで通路にあふれる自由席客が居なかったので、トイレに行くにも楽で快適だった。
 6日早朝名古屋に着いた。
 クリックすると元のサイズで表示します
 ながらに乗っているときに雨が窓をたたいていた。この週末は日本海側を中心に荒れて大雪になる予想だ。早くも天気予報が当たっているという兆しだった。
 さて名古屋から中央本線に乗るのは久しぶりだ。ながら到着後、あまり乗り換えの時間がないのだ。ホーム上の蕎麦屋が開き始めていたので、名物きしめんを食べていきたいところだが、その暇さえない。なぜなら列車本数が極端に少なく、到着直後の便に乗り換えないと、長野に着くのがひたすら遅くなってしまうのだ。もちろん特急に乗れば何ら問題はないのだが、青春18切符では特急には乗れぬ。
 とりあえずの目的地点は「松本」である。ここで↓の写真の場所を見学するのが第1の目的なのだ。
 クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ