2006/2/28

旅の食17  飯田線の旅

 花見について。
そろそろ早咲きの寒桜の頼りが聞こえ始めた。桜と言えば「花見」と言うことになるのだが、その場合の桜は現在は「ソメイヨシノ」が通例で、赤みを帯びた緋寒桜はどうやら花見の対象にはならないらしい。ところで古来は「花見」と言えば、その対象はぱっと咲いてぱっと散る桜ではなく、梅だったらしい。桜が好まれるのは武家社会になってからで、梅を好むのはいかにもおっとりした公家文化だ。だいたいがソメイヨシノ自体、近代になってからの品種だ。
少し前に自宅近傍(と言っても車で1時間以上掛かるが)の梅林に行った。い草のござを1枚50円だったか100円だったかで貸し出していて、梅の木の下で花見の宴やら、単に通食の弁当やらを広げている客が結構あった。その状況を端で見ていてちょっと羨ましかった。梅のほのかに雨衣香りに包まれてビールを飲めばことのほか旨かろう。

 飯田線沿線でも、天竜峡以南では線路沿いによく梅の花を見かけるが、やはり多いのは桜の方だ。水窪駅は川を見下ろす断崖の上にあり、駅からはその崖に作られた階段で下りる。川沿いに遊歩道があって、そこは桜の木が植えられている。やはりそこで花見をしている地元の人を見たことがある。なかなか良い花見環境だった。
 トロッコファミリー号は、中部天竜が終点だが、機関車の付け替えと待避で水窪駅まで行く。どうせなら春先だけでも水窪あたりまで客を乗せて「お花見列車」営業したらどうだろうか?
 また、果樹園に花が咲くGWあたりには、飯田トロッコ号を走らせればいいのにとも思う。特急伊那路は確かに快適な特急用豪華車両だが、何しろ窓が開かない。その点トロッコファミリー号は窓全開!(と言うか窓そのものがないけど・・)だから、さわやかな春風にあたりながら、花の香りも楽しめる。その点では圧倒的に特急に勝っている。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ