2008/5/31  14:30

波照間の方言  1996〜97原付日本一周沖縄編

沖縄と言ったら、その独特の方言が特徴だ。
自分が波照間まで来たのは偶然みたいなものだから、ろくにこの島の歴史や文化について調べていなかった。

いつだったかOMさんに波照間方言の単語をいくつか教えてもらったので、ここに記載しておく。
文字に表すときは基本的にカタカナらしい。
話によると、平安時代の発音が残っているとか。

自分→バー

あなた、おまえ→ダー

先輩、兄さん→シャマー

姉さん→アマー

自分の島→べスマ、ベッスマ

ありがとう→ニーハーユー、ニイハイヨー

あれまあ→アッサビヨー、アギジャビヨー

お父さん→イヤ

お母さん→アボー

おばあさん→パー

子供→ウタマ

青年→シャンタマ

キビ畑→アマスナー

パパイヤ→マンジョー

バナナ→バーサ

頭→アマスクル

顔→ムチン

足→パン

手→シ

鼻→パナ

耳→ミシュクルミ

目→ミ
2
タグ: 沖縄 一人旅 原付

2008/5/21  22:14

テントで一人考え事  1996〜97原付日本一周沖縄編

1997年4月21日
久しぶりにゆっくりとした時間が流れた。
モンパの木の下の木陰は実に居心地が良かった。

白い砂浜にコバルトブルーの海を眺め、青空の下で一人これまでの旅を振り返る。
クリックすると元のサイズで表示します

なぜ自分は日本一周しようとしているのか。

とにかく家に居るのが嫌だった。

「共感できる仲間」がほしかった。

自分の知らない土地へ行ってみたかった。

ただ、僕の心の奥底には「人間否定・恐怖」が流れていて、知らない土地へ行ってみたいとは思っても、現地の人と交流をしたいとは思っていなかった。

人と話をするのが怖いと言うのが、どうしても取れない。
こびりついて離れない。


旅の面白さは、その場所へ行くのみでなく、現地の人達と出会う事で新たな広がりもつ事ができることにあると思う。

そう思っているのに、「対人恐怖」が先に来てしまい、一歩前に出る事ができない。
これがまた苦しい。

話がそれた。
日本一周の目的。

50ccという小さなバイクでたくさん走って、「こんなに走ったんだぞ!」と自分の身近な人達を驚かせてやりたかった。
ナマぬるい社会に依存して、心が干からびて「無難な生活」におぼれるのが嫌だった。
そして、一片の歯車としてしか存在価値のない所で働く事に、嫌気がさしていたと言うのもあった。

こんな事をかかえこんで、どうして良いのか分からず、かといって周りに打ち明けて聞いてくれる仲も無く、欲求不満が蓄積してどうしても外に出たくなった。

外に出て走っていれば、気持ちも落ち着くだろうと考えた。

・・・結局独りよがりなのか自分は?

北海道まで行って、5000キロも走って、90リットル近いガソリンを使っても、気持ちは沈むばかりだった。

心が変わる、自分を変えるという作業は、結局物質や長距離をがむしゃらに走っただけではダメだと言うのを、身をもって感じた。

無論、北海道の旅でも、色々な人達と出会ったし。それなりに楽しい事もあった。
しかし、僕の心を根底から変えることは無かった。

自分を変える。
これがいかに難しいか。
しかし、ここで踏み止まっていては進歩が無い。
なんとかしていこう。

具体的にどうすりゃいいのかは分からないが。
一言でも二言でもいい、その時になたら思い切って口を開いてみよう。
0
タグ: 沖縄 一人旅 原付

2008/5/19  21:42

タイムカプセル  1996〜97原付日本一周沖縄編

1997年4月17日

寮を出て浜にテントを張ってからも、まだ部屋には荷物がかなりあったので、何度か片付けに行った。
これからの旅に不要なものは、全て小包で送った。
長期滞在すると、不思議と物が増える。

片付けも一段落し、すっかり何も無くなった部屋を見回す。
ああ、本当に終わりだなと言い聞かせる。

タイムカプセルを作った。
木っ端を使って箱を作り、中には、寮に皆がいた頃に雑談などの様子を録音したテープやガラクタ、OG君がよく吸っていたタバコの「ウルマ」1箱その他を入れ、ガムテープで封印した。
そしてコンビニ袋で3重に包んだ。

どこに埋めようか?
残りの1週間のうちに場所を決めなくてはいけないな。
クリックすると元のサイズで表示します

4月20日
タイムカプセルを埋めた。
自分がテントを張っている近くである。
目印になる物がなくて困ったが、切り株があったので、その近くに埋める事にした。

50cmくらいの深さの穴を掘り、底にサンゴのかけらを敷き、その上にタイムカプセルを載せる。
そして砂をかけて全て埋めた。
また来るからな・・・
クリックすると元のサイズで表示します

2000年に自分は再び波照間に来て、タイムカプセルを探したが、目印の切り株がなくなっており、場所が分からなくなっていた。
手当たりしだいに掘ってみたが、結局出てくる事はなかった。
誠に残念である。
0
タグ: 沖縄 一人旅 原付

2008/5/16  22:44


結局1週間で飛び魚漁のアルバイトは辞めることにした。

どうにも船酔いがダメで、ろくに飯が食べれなかったからだ。
1日1食では体が持たない。

OMさんに辞める事を告げた。

元々キビ刈りほどのやる気がなかったと言うのもあるが、水辺の仕事は自分にはちと合わないな、とも感じていた。

翌々日には家を出て、浜のモンパの木の下にテントを張った。
テント暮らしも久しぶりだ。
クリックすると元のサイズで表示します

すぐには元に戻らないが、再び旅人になりつつある。
いよいよ動く時が来た。
0
タグ: 沖縄 一人旅 原付

2008/5/14  21:38


1997年4月15日

キビ刈り隊のメンバーのOG君が波照間を出る日が来た。
キビ刈りのメンバーがこれで全員去り、自分一人だけとなった。
自分を見送ってくれる人がいるのだろうか・・・

否、四国を去る時だって、北海道を離れる時だっていつでも一人だったじゃないか。
いまさら見送ってもらおうなどと図々しい事考える必要なんてないじゃんか。

さて、OG君がフェリーに乗り、欄干越しにこちらを見下ろす。
大声でOG君が
「なんか、ぜーんぜん実感が湧いてこないなー!」

自分「俺もだよ!」
OG君「本当にいなくなるのかなー。なんかまたこっちに戻ってきちゃいそうな感じ。」

僕は黙って彼を見た。

「K君ありがとう。」

ちょっとギョッとした。
僕は彼に何かやってあげただろうか?

自分「写真送ってくれよなぁ!俺も絶対送るから。」

「分かったぁ!」
とOG君が返す。

ラッタルが降ろされ、係留ロープが外された。
いよいよ出港だ。
OMさんの奥さんが、ターミナルから出てきた。

今日はターミナルの食堂がオープンの日だった。

OG君が離れ際に重奏ハープで「草競馬」を演奏してくれた。
彼らしい曲の選択だと思った。
どことなくシットリとしているが、でもカラッとした感じ。
悲しさはあまり無いが、寂しさはある。
ただ、ただ、僕も彼も黙って手を振った。

「さよなら」
とは一言も互いに言わなかった。出てこなかった。

少し船が岸から離れてから、OG君が再び「ありがとぉー!」と叫んだ。
「俺もなぁー!」と返した。

あー、行ってしまったなぁ。俺一人だけになってしまったなぁ。
まさか俺が最後に残るとはなぁ。

小さくなっていく船影を目で追いかけながら一人思う。

Uさんが高速船で去った時のような、キュッと締まっていく悲しさは全く起こらない。
思えばここ波照間で、何人見送ったのだろう。
いつの間にか「別れ」と言うのに慣れてきてしまったのだろうか?
いや、違うな。

たぶん、その人を好きになる度合いによって別れのつらさと言うのは違うのかも知れない。
でもそれだけじゃないよな?
シットリとした別れの合う人と、カラッとした別れの合う人の違いかな?
うーん。

ま、これくらいにしておくか。
0
タグ: 沖縄 一人旅 原付

2008/5/13  21:13

トローリング  1996〜97原付日本一周沖縄編

1997年4月11日

今日は網の修理で終わった。
仕事の後、母船のMSさんがトローリングをやるというので、OMさんの勧めもあって船に載せてもらった。

港を出たと思ったら、MSさんがいきなり「おう、舵取りたのむわ。準備するから。これがガバナー、これがクラッチ。ほい、頼んだよ。」

え?あ?お〜〜!?

と、わけの分からぬまま舵を取る。

「もうちょい右、行きすぎ!左に切って!」

その間にMSさんは竿やワイヤの準備をしていた。

マグロやサワラは大きいので、ワイヤで引き上げる。
竿も魚が引っかかった時の合図のためで、引き上げには使わない。
手袋をはめて、直接ワイヤを手繰る。

船のデッキの天井には穴が開いていて(蓋もある)、そこから頭を出し、周りを見るわけだ。

しかし、今日はうねりが高く、潮をまともに顔に浴びる。
「プハー!」

「よし、旋回窓のスイッチを入れてやるからな。」

旋回窓。船の操舵室の窓に付いている円形のあれである。
車のワイパーみたいなものだ。
この時、初めて旋回窓の効用を確認した。
扇風機の「強」のスイッチを入れたような感じで、けっこう早く回る。
潮のしぶきは回転によって弾き飛ばされ、その部分ははっきり見えるが、何せ円形の部分は意外と小さいので、視界は狭い。

舵は左に押すと右に曲がり、右に引くと左に曲がる。
飛行機のラダーみたいな感覚と言ったらよいだろうか。
クリックすると元のサイズで表示します

トローリングを開始して少し時間が経った。

「この辺にいるみたいなんだが、移動してしまったかもしれないなー。」
「エンジン回転もっと上げて」
「よーしOK」

デッキ右側にガバナーとクラッチのレバーがある。
黒い柄の方がクラッチ。前進と後退。
茶色の柄がガバナー。これはエンジンの回転を変えるアクセルだ。
クリックすると元のサイズで表示します

舵を動かす棒は奇妙に曲がっていた。
舵取りは、船のスピードによる水の抵抗をダイレクトに受けるのでけっこう重い。
しばらくやっていると腕がだるくなる。

デッキの下のエンジン室を覗いてみたら、青っぽい色をしたエンジンと計器盤が見えた。
ドコドコドコとエンジンが唸っている。

1時間経ったが一度も魚はかからなかった。

舵取りは疲れるが、楽しかった。
漁船を操作するなんてそうそう体験出来ることではない。

この時も苦手な微速だったが、操舵していたためか、船酔いはしなかった。

しかし、港に着いて陸に上がると、陸酔いで頭がクラクラし、耳鳴りがした。
0
タグ: 沖縄 一人旅 原付

2008/5/12  21:44


飛び魚漁とはどういうものか、自分で知った範囲でメモ書きした物が残っているのでここに載せる。
クリックすると元のサイズで表示します

「追い込み漁」と言って、2艘一組で行う。
網船と母船で役割を分担する。
網を円に囲んで、飛び魚を追い込む漁法。

「おどし」とは、ロープにビニールのヒレヒレをつけた物で、魚をおびき寄せるための仕掛け。
「ホーラー」は、網を引き上げる際に使うゴムのローラがついた、引き上げ補助装置。
「ペンダー」は、船同士あるいは、岸に横付けする際に船体を傷めないようにする緩衝材。
「ガギ」は、網や旗を手繰り寄せるときに使う。先がフックになっている。

クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 沖縄 一人旅 原付

2008/5/10  20:30


自分は朝が弱い。
朝の食欲が全くなくて飯が食べれない。
でも、食べないと体が持たないと思ったので、なんとか小さい茶碗8分目くらいを食べた。
出発の寸前まで横になっていた。

この日は一応出港したが、天気もすぐれず魚もほとんど見かけなかった。
「今日はぜんぜん飛ばないなー。」
一回だけ網をおろしたが、海が荒れそうだと言う事なので、引き返す。
網があちこち穴が開いてきたと言う事で、網を岸に降ろし、網の修理。
Yシャマー(島では先輩のことをシャマーと呼ぶ)の見事な手さばきに思わずため息が出る。

夕方になり、頭痛がひどくなってきた。
USさんが、つらいなら帰っていいぞと言ってくれたので、お言葉に甘えて帰らせてもらい、家に帰ってから、バタンキュー。
OMさんの奥さんが、開口一番
「どうした?船酔いか?」
と、苦笑。

今晩は飯を食べるのがとてもつらかった。
エビフライを無理やり詰め込む。
貝汁はダシが出てとてもうまかった。


メモ描きなので分かりにくい図だが、投網手順を記した。
クリックすると元のサイズで表示します

旗を降ろす。
次に網を降ろす。
網のヘリに付いた仕掛けまで降ろしたら、一旦離脱。
すぐに反転し、ガギで網の尻のロープを引き上げ、先頭の旗の方にもう一つの仕掛けを付ける。
0
タグ: 沖縄 一人旅 原付

2008/5/6  20:53

続・飛び魚漁  1996〜97原付日本一周沖縄編

飛び魚が海面を飛んでいる姿は、とても美しかった。
これを見るまで、自分はせいぜい普通の魚よりすこしジャンプの距離が多いだけかと思っていた。

実際は本当に「飛行」していた。
羽のように長いヒレを広げて、ヒューンとグライダーのように海面から50cmくらいの空中を20〜100m近く飛んでいくのだった。

一度にたくさんの飛び魚が飛ぶと、思わず「おお!」と叫んでしまうほど、素晴らしい眺めだった。

まあ、しかし自分がやっているのは漁であって、フィッシュウォッチングではない。
とにかく、船酔いに始まり、船酔いで終わる一日といった感じである。

陸に上がってからも、ユラユラしている状態の事を、「陸酔い」(りくよい)と言うらしい。

生活は、同じ寮ながら、「寮」から「家」へ確実に変わっている。
キビ刈り隊の時は寮生だったが、OMさんの居候みたいになってきた。

キビ刈り隊メンバーはまだ島に居たが、寮から出てテント生活。
しかし、彼らは数日後には島を離れる。ちょっと寂しい。
0
タグ: 沖縄 一人旅 原付

2008/5/5  11:38

飛び魚漁に参加する  1996〜97原付日本一周沖縄編

キビ刈りが終わった事で、自分の中で一つの旅の区切りがついた。

さて、日記は1冊書き終えて、新しい日記帳に入る。
波照間にもう少し滞在することになる。

1997年4月7日
波照間での新たな生活が始まった。
OMさんの誘いで、飛び魚漁をする事になった。
漁船に乗るのは生まれて初めてだ。

OMさんの奥さんは、自分達のために、朝早くから起きて弁当をと朝食の準備をしてくれた。
水仕事なので、乾き易い化繊のジャージを履き、キビ刈りの時に使ったシャツを着て、その上からライフジャケット、そして漁師用の雨合羽である。
長靴もキビ刈りのを流用した。

USさんの船「海幸丸」に乗る。
船酔い・人間関係・仕事ができるか・・・不安は尽きない。

8:00頃出航。

398馬力のディーゼルターボのエンジンがうなり、波照間港を出た。
軽い船体に強力なエンジン。白波を立てて海の上を自由に航行するのは爽快そのものだった。
客船ではないから、ブリッジ以外に覆うものがない。
潮に逆らって突き進むと、まともに潮の飛沫を受ける。
クリックすると元のサイズで表示します

航行中は風が気持ち良く、実に楽しい。

船がポイントに止まり、網投げが始まる。
最初の2時間位は平気だったが、しかしそれ以降ジワジワと気持ち悪くなってきた。
『あ、こいつが船酔いか・・』
意識がユラユラしてきて、とにかく気持ち悪い。

もう、どうにもならなくなって、吐いてしまった。
吐いても気持ち悪さは収まらず、ずっと続く。
その日は5回も吐いていた。
船酔いをこうして実感した。
三半規管が波によって狂っているな、と朦朧とした意識の中で考えた。

1回目の網回収は何とかやった。
しかし、昼から14:00頃は最悪で起きる事すら出来ず、2〜3回目の投網、回収は出来なかった。
4回目の時は何とか気分も落ち着き参加した。

これまたえらい物にはいってしまったな、もう乗りたくねえ・・・
早く港に着かねえかな。そればかりだった。

港に着き、陸に上がってからもまだ頭がユラユラしていた。
気分が悪いが、それでも船の上に比べれば天国のようだ。

船の上で飯を食べるなんて考えられなかった。
しかし、吐いてばかりで、脱水症状を起こしかねないと思い、水だけは無理してでも飲んでいた。

飛び魚漁は、追い込みと言って、2隻の船がチームになって網と仕掛けを張り、網の輪を縮めていきながら、魚を徐々に追い込んでいく。

船酔いで観察どころではなかったが、まあ仕事と船酔いは慣れるしかないようだ。
0
タグ: 沖縄 一人旅 原付

2008/5/3  21:26


1997年3月30日

分散会当日。
前日に久しぶりに夜更かしをした。

分散会のメインメニューとなる山羊汁の準備で皆で島の人達の手伝いをした。
今日は相当飲まされるだろうな・・・
これは覚悟しなくてはいけない。

OMさんの飼っていた山羊一頭がつぶされ、それが山羊汁の材料となった。
OMさんは、自分の山羊を殺すのはかわいそうでつらいと言っていた。

寮の庭にドラム缶の焚き火コンロと大鍋が用意され、豪快な山羊汁が出来上がった。

庭にテーブルを出し、キビ刈りで関わった人や、お世話になった人、近くを通りかかった女子大生2人も加わって、乾杯。
クリックすると元のサイズで表示します

山羊の肉の刺身は臭いと聞いていたが、そんな事は無く、醤油と酢少々におろしニンニクのタレをつけて食べたら美味しいのなんの。
その他に、山羊の睾丸の刺身も食べた。
白子のようにドロッとした中に、コリッとした食感で、これも意外と美味しかった。
山羊の肉は、牛や豚の肉と違って、精力がよくつくらしい。

山羊汁も美味しい。
スープは、味噌と山羊の血と骨付き肉、その他臓物が入っている。
それらを1〜2時間グツグツと煮込む。
その間アクを丁寧に取ってやる。

自分は3杯食べた。
3杯目はスープだけ取り、その中にご飯を入れて食べた。
Oさんは臭いがダメらしく、ほとんど食べていないようだった。

自分は腹いっぱい食べて、くつろいだ。

15:00頃、飛び入り参加の女子大生達を送ってから寮に戻り、晩の宴会が始まった。
島の人が三線を弾いてくれた。
波照間島節の伴奏がが流れると、島の人達は手拍子と共に自然に歌い出す。
ゆったりとした美しい歌だ。

その他にも何曲か演奏してくれ、あとは皆で酒を飲みながら話をして過ごした。
OMさんはベロベロに酔っ払っていた。

そのうち一人減り二人減り、残りの数人で朝方まで話をし、分散会はお開きとなった。
二度と来ない貴重な時間だった。

この時に島の人が演奏してくれた様子は、録音テープに残っている。
0
タグ: 沖縄 キビ刈り 原付

2008/5/2  10:09

ゆったりした日  1996〜97原付日本一周沖縄編

1997年3月29日

今日は8:00ごろ起きた。
ああ、もうキビ刈りをしなくていいんだという安堵感と、次は何をしようかという軽い焦りが同時に頭をよぎる。
最終的に残ったキビ刈り隊メンバーと記念撮影。
クリックすると元のサイズで表示します


キビ刈りが終わってから、仲間はばらばらになり始めている。
キビ刈りが皆を近づけていたんだなと思った。
仲間であって、友達ではないんだなと、割り切りと寂しさが平行している。

でも、このキビ刈り体験で、自分自身はまだはっきりとはわからないにしても、心境の変化は感じていた。
それを求めて、ここに来たのだから。

寮の部屋で、一人、自画像を描いてみた。
ゴミ捨て場に落ちていた、車のバックミラーを使っているので、少し歪んで写った風景になっている。
クリックすると元のサイズで表示します


さて、釣り好きのIK君は、相当張り切って高那崎へ釣りへ行った。
そうしたら、ウツボと、もう一匹名前が分からないが、魚を釣り上げた。

ウツボなんて食べれるのかいな?と思ったが、料理の上手な人の手にかかれば、立派な食材。
ウツボの砂糖醤油の煮込みはとても美味しく、ご飯にタレと一緒にのせて食べたら最高。身は白身で、強火で少し時間をかけて煮込むと身もほぐれやすくなる。

皮はヌルっとしていたが、思い切って食べてみると、これまたプリプリして美味しかった。

明日は、「分散会」というのをやるらしい。
その年のキビ刈り組が解散する、お疲れさん会みたいなものだろうか。
0
タグ: 沖縄 キビ刈り 原付



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ