2017/9/27  1:29

ポルタティフの製作2  木工

あっという間に9月も下旬です。
物を作るには最高の気候。大好きな季節です。
そして私の生まれた月でもあります。

さて、ポルタティフの製作の続き。

本体側板の装飾の切り抜き。
ゴシック様式をそれっぽくデザインしました。
単なる模様だけでなく、後部の列のパイプの音のヌケを良くする効果も狙っています。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

弁の革貼り。弁は気密を保つための大事な部品です。
クリックすると元のサイズで表示します

フイゴの丁番作り。
クリックすると元のサイズで表示します

パイプにアルミの送風管を差し込みます。しかしこれは本意ではありません。
時間が無かったのでやむなくこれにした次第。
クリックすると元のサイズで表示します


本体も組み上がり、パイプも揃いました。
今回はかなり細いスケールのパイプにしました。
クリックすると元のサイズで表示します

提出期限に間に合わせるため、突貫で進めていました。
独り者なので、飯も食わねばならん、洗濯もせねばならん、でも時間が無いと言うわけで、もう半狂乱状態でしたね、この時は。寝る時間を削るしかないのです。
でも削り過ぎると疲労が増して失敗する危険が高くなる。
今だから言えますが、追い詰められ感ハンパなかったです。(^_^;)

この時にはもう心身共に限界に来ていました。意識朦朧状態。
不健康極まりない製作生活。これでは体が持ちません。
反省なのでした。

とにもかくにも提出は出来たので、一区切りです。
構想6年。新作のポルタティフ、形になりました。
クリックすると元のサイズで表示します

兵庫県立丹波年輪の里で現在開催中のウッドクラフト展に出品するための作品なのでした。
10月1日まで展示されていますよ。
興味ある方はドウゾ。
惜しくもグランプリは逃しましたが、特別賞をいただきました。

3



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ