2015/4/18  18:11

オーバルボックス製作  木工

久しぶりに、曲げ木の木工を。

出来上がった物を、木工を知らない人に見て触っていただくと、固い物がこんなに曲がるんだと感じる方が意外と多い。

そう、曲げられるんですよ。
薄いから曲がるのか?というと、そうではないです。
かなりの厚みの物でも、ある条件さえ満たせれば曲がります。
私が見た物では、40mm角の角材を曲げている方もおられました。
この場合は、強力な反発と、折れないようにする道具が必要になりますけど・・・

ある条件と言うのは、水分と熱です。
木は熱を加えると、軟化する性質があります。
昔の人は曲げられる温度などを心得ていたのでしょうね。

私のオーバルボックスは、3o厚の板を曲げます。

曲げ作業のほかに、一人で作るにあたって一番手間がかかるのは、ペーパーがけと木釘打ちでしょうか。

シンプルですが、やたらめっぽう曲げられるわけではなく、材料選びには気を使っています。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ