2015/4/1  0:17

オリンパス ペンS 30mmF2.8  写真とカメラ

ハーフ判なんて、以前は私のカメラや写真の範疇には全くなかったのですが。。。

今更になって、興味が出てきまして。

と言うのも、オリンパスのカリスマ的技術者の米谷氏のペン開発エピソードが面白かったので、その影響で急に欲しくなってしまったのでした(^_^;)

オリンパス ペンシリーズ(この場合フィルムカメラの物を指す)は総計で約1700万台売れたそうです。すごい数字だ・・・
その中でも米谷エッセンスが色濃く反映された物の一つが、ペンSだそうで。
Bと1/8〜1/250秒まで変更可能なメカシャッター、はっきり見えるブライトフレーム、30oF2.8の明るいレンズ。
ハーフ判と言えど、魅力的な性能ですね。

状態の良い物ですと、今でも万の値が付くほどです。

わたしは興味は持ったとは言え、そこまで投資する気はないので、安い物を狙って、ゲットしました。
要するにジャンクですね。

案の定シャッターが粘っていました。
ネットで調べますと、結構自己分解整備しておられる方がいて、参考になりました。
私も分解整備に挑戦しました。
クリックすると元のサイズで表示します

レンズはきれいでしたので、分解はしません。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここまで分解しました
クリックすると元のサイズで表示します

分解したスローシャッターガバナーが、劣化した油脂で粘っていました。
ベンジンに浸して洗浄しました。
そうしたら・・・出るわ出るわ数十年分の汚れが・・・
クリックすると元のサイズで表示します

注油して、ガバナーは本来の動きを取り戻しました。
クリックすると元のサイズで表示します

この後は逆の手順で組み立てるだけ。

遮光用モルトプレーンもボロボロでしたので、エタノールを使って楊枝で地道に剥がし、カットして貼り換えました。
クリックすると元のサイズで表示します

前側のシボ革も硬化して破れていたので、ストックのシボ革をカットして貼り換えました。
クリックすると元のサイズで表示します

ちょっとパターンが違うんですが・・・この際仕方ありますまい。
クリックすると元のサイズで表示します

ジャンクパーツのスクリーンを使ってピント調節をして、分解整備はおしまいです
クリックすると元のサイズで表示します

定評のあるペンのZuiko レンズの描写力と味やいかに・・・
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ