2007/6/20  22:00

ライカ  写真とカメラ

知り合いが、カメラを貸してくれました。

しかもライカであります。

バルナック型のUfというタイプです。
レンズはsummitar50mm f2。

突然だったので驚きましたが、もちろん飛び上がらんばかりに嬉しかった。
デジカメで撮る事が多くなりましたが、やっぱりライカは別格です。
憧れのカメラですから。

クリックすると元のサイズで表示します

早速巻き上げやら、距離計やらをいじくりまわします。

うーん、さすが本家のカメラの作りは一味違います。
何と言うか、機械の精度はもちろんなのですが、シャッター音とか、巻き上げの感触が実に心地良いのです。
クリックすると元のサイズで表示します

これは、ライカのコピー版、「ゾルキー」では味わえないです。
同じ敷居で比べるのは失礼かも知れませんが・・・。

特に、ソフトでささやくようなシャッター音は、たまらなく良いです。
不思議とカメラさげてお出かけしたくなります。

リバーサルフィルムを詰めたので、summitar50mm f2の味を早く知りたいです。

まあ、ゾルキーのチープさは否めませんが、induster50mm f3.5レンズ、これはこれで味があるんですけどね・・・。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ